ウグイス 嬢 買収。 公職選挙法の運動員に報酬は違法ではない(合法)なのに、なぜ逮捕された?【田母神俊雄氏逮捕】

河井案里のウグイス嬢買収騒動、実は国政選挙で報酬上限無視は常識…超過酷な労働実態

「駐車禁止」と同じような感覚でとらえられていた向きがある。 ですが、 河井案里議員に人望がないからウグイス嬢を雇う必要があったの推測もあります。 支払い約束だけで犯罪成立 公職選挙法の買収は実際に金銭を支払わなくても、支払いの約束をしただけで犯罪が成立するので注意が必要です。 国宝が燃えてしまったのですから、すぐにでも内閣委員会を開いて再建に向けての方針を審議するべきなのに、なんで審議拒否なのでしょうか。 そして、選挙運動員とは候補者の周りで手を振ったりビラを配布したりするスタッフだけでなく、投票を呼びかける電話をかける人も含まれます。 LINEの「あらいぐま」は… 去年の参議院選挙で河井案里議員の陣営関係者が使用していたLINEのグループのやり取りでは、夫の河井克行前法務大臣が陣営のスタッフに対し、運動方針などについて細かく指示を出していたことが見てとれます。 この大変な仕事を日当1万5000円でやってくれる人は少ないので、法定の上限は実態にそぐわないのです。

Next

ウグイス嬢買収事件 スマホ押収で「河井夫妻」と検察が乱闘寸前 強引捜査のワケ

こんなに関心の低い選挙のために高額な税金が使われたかと思うと、これもまた「アホだろー!」と叫びたくなります。 さらに、河井氏の元公設秘書で現在、案里氏の公設秘書を務める男性が違法買収の指示役であり、経理担当者はその男性から指示されたと認めている。 そのうえで「量販店で買った領収書2枚に自分のサインを書き、支払いの名目や金額などは空白の状態で事務所側に渡した。 スポンサーリンク 報酬の額や、支給できる人数は法定されている 報酬の額については、選挙運動のために使用する事務員は1万円以内、車上等運動員(ウグイス嬢)は1万5千円以内、手話通訳者は1万5千円以内など定めが設けられています。 81%で、7月の参院選埼玉選挙区の投票率(46. 公選法は、事前に届け出た車上運動員に1日1万5千円を上限に日当を支払うことを認めている。 そしてTBSが5日に、携帯の押収を報じたわけだ。

Next

法相辞任で注目される「ウグイス嬢」の報酬|政治ニュース|HUNTER(ハンター)|ニュースサイト

(米田優人) 背景に運動員の争奪戦 不破被告が公職選挙法違反(買収)の罪に問われた公判では、不破陣営の車上運動員(通称・ウグイス嬢)を手配した女性が、法定の上限額の倍にあたる3万円の日当を支払った実態を証言した。 口論どころか、もみ合いになったそうです。 この「従事する者」には、他に「選挙運動のために使用する事務員」「手話通訳者」があります。 選挙時に出現する自称「選挙コンサル」や「選挙ブローカー」は公職選挙法を正確に理解せず我流で選挙を仕切るので危険です。 ウグイスにとっては、いい商売ですが、候補者側は残りの6時間を選挙カーに乗ったウグイスに1万5千円を払わなくちゃいけません。

Next

ウグイス嬢買収事件 スマホ押収で「河井夫妻」と検察が乱闘寸前 強引捜査のワケ

その分は、ばれないように別の形で支払われます。 あと、河井案里は「捜査に支障があるから話せない」「適応障害の診断書」は通らない。 NHKが入手した、去年7月の参議院選挙当時に陣営関係者が使用していたLINEのグループには「あらいぐま」という名前の人物が頻繁にメッセージを発信しています。 手配役の…. 会計を担当した方が、そこは候補者と話し合ってうまく処理しているんだろうなぁ、と思うしか無いですよね。 3月3日、広島地検特別刑事部は、河井案里議員の公設秘書や河井克行議員の政策秘書など3人を公選法違反(運動員買収)の容疑で逮捕。

Next

選挙活動におけるウグイス嬢への報酬について今日昼の情報番組(ひる...

地元では辞職求める声 自民党の河井案里議員と夫の河井克行前法務大臣の秘書らの逮捕を受けて、地元広島では、いずれも辞職すべきだという厳しい声が相次ぎました。 「労務者」は事前登録は不用です。 自民党関係者が明かす。 名前:河井 案里(かわい あんり)• 「おすそ分けくらい、いいんじゃない?」と思われるかもしれませんが、これも寄付とみなされ、違法行為にあたります。 説明責任果たすと言いながら、逃げ続けているし。 ですから選挙事務所に立ち寄っただけの有権者に食事を提供することはできません。

Next

切られたトカゲの尻尾。案里氏ウグイス嬢「買収」で秘書ら逮捕(MAG2 NEWS)

同じく買収となるのが、上限額を超えた報酬だ。 NHKが入手したLINEには、去年の参議院選挙のおよそ2か月前、河井議員の陣営で、ウグイス嬢の募集に関わった人物が、ウグイス嬢を仲介する知人の女性との間で集める期間や人数などを相談するやり取りが残されています。 会計を担当した方が、どういう処理をしたか…ですよね。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• そして、これは自分たちだけではなく、他の陣営でも当たり前のようにやっていることではないか、とも。 中国・四国• この男性は違法性のある報酬だと認識した上で約96万円を受領したと説明しているとしている。 なお、取材に応じたウグイス嬢9人は、選挙前には活動を行っていなかったと証言している。

Next