てきとう。 てきとう雑記

【すぐわかる!】『てきとうパパ』

「仙台って『』だよな。 ライブ中、ペットボトルを投げられて「ペットボトル投げるんじゃねえ!投げるくらいならお前が飛んでこい!」• そこには、今自分が見ているのと同じように、分割された画面に一人ずつがいて、同じように飲みながらしゃべっていた。 大半の方はどう読むかもわからないと思います。 アルコールを好むが、酒癖は良くない。 「いまだに『』って字が書けない…」 03年京都にて• …珍しい鳥もいるんだろうね…ほら、青いのとか…」」(にて)• 象に乗って飛んで行きてえなとか、宇宙規模で考えてるんで」• 人名、物、思想など幅広い質問に対応し、関連語をテキトーに拾い上げ、テキトーにつなぎ合わせて解説していきます。 が、黒煙とススでえらい事になる。

Next

てきとう園芸日記

は材は多分総額200円くらい。 バンドの経歴についてもたくさんの嘘をついている。 スノーマンのプラケースは、クリスマス用品のところにありました。 バンド名の由来はたくさんの嘘をついている• 目が覚めたら道路の上で、ベルトの色が黒から白に変わっていた。 客「イエ〜〜〜〜ッ!!!!」• 質問内容はTwitterから文字を拾えるほか、ジャンル検索で人名などを指定することが可能。 「たださ・・・・・・全然話飛ぶけど。 時間が来て、 『きょうのできごと a day in the home』 が始まった。

Next

てきとう雑記

「あのー、あんまり高くジャンプしなけりゃいいんじゃねぇか?…あとはこう…ゆるやかにビングするとかな」• 買うことに意義があったのです。 ・紙製の箱(使い道未定): ・静電気防止ミスト:?ワッツ? 忘 ・お菓子の袋とかを閉じておくクリップ: ・ボヌールディップケース:、ワッツ ・スノーマンのプラスチックケース:セリア ・ミニポーチ(使い道未定):右からワッツ、?忘、 ・氷スコップ2本セット(をすくうために購入):? ・ミニがま口ポーチ(使い道未定):ワッツ? 「使い道未定」が散見。 下北沢路上にて、いきなりボウリングフォーム披露。 「オリンピックってどこが優勝したか知ってる?」(長野オリンピック後の長野ライブにて)• 文章のつなぎ方はなかなか出来が良く、内容はテキトーでも意外としっかり読める内容になっています。 「群馬の一匹狼の皆さんこんにちは!これからも一人で頑張って生きて行って下さい! 」(群馬ライブにて)• 人生で最も大事なことは楽しく有意義に生きることです。

Next

てきとう園芸日記

今年は暖冬をいいことに、畑終いがまだです。 で、アベくんが新しいバンドやったとか、コウジくんが新しいバンド組んだとかさ。 必ずといってもいいほど、自身のバンドは全曲作詞を手がける。 シングル「GT400」を四字熟語で表すと、という質問に対し、熟考した後に「OK牧場」と答える。 「新大久保から来ました」 THE BIRTHDAY福岡ライブにて 【その他】• 「あの、わりぃ。

Next

てきとう雑記

俺についてきたら間違いないよ」といい就職を蹴らせる。 家にあるは材を使っているので材料費はタダ。 手が攣ったため「手!手!」と言っていたらスタッフに握手され、またある時は歌詞を忘れたのでスタッフに「歌詞!歌詞!」と言っていたらバレンタインの時期だったのでお菓子を差し出される。 しても100均巡りはやめられません。 互いに矛盾はしていないので、TuberTownの信ぴょう性は高く、かなり儲けていると思われます。

Next

倜儻不羈(てきとうふき)

「鳴き声のする向こう 植木を投げる」という歌詞は「猫の気をひきたくてベランダから植木を投げたら、えらい音がした」ためうまれた。 手が攣ったため「手!手!」と言っていたらスタッフに握手され、またある時は歌詞を忘れたのでスタッフに「歌詞!歌詞!」と言っていたらバレンタインの時期だったのでお菓子を差し出される。 「九州は暑いね。 」と怒鳴る。 目が覚めたら道路の上で、ベルトの色が黒から白に変わっていた。 しかも、訂正された端から間違えていたため、クハラも若干あきらめていた。 「?…へんななまえ」 06年THE BIRTHDAYライブにて。

Next

てきとう雑記

ネタバレになるので詳しくは言いませんが、しっかりオチがついていますね。 「久しぶりー、前橋!……ごめん間違えた宇都宮!」(栃木ライブにて)• 『潟』ってどういう意味だーっ?! 冷蔵庫の音がうるさくて、ベソをかいたことがある。 」「あのさー、冷麺てなにでできてんの?原材料はなんなの?」(岩手ライブにて)• クオリは粗めですが、可愛いです。 大変なレコード収集家であり、過去にTV番組内でレコードを紹介するコーナーを持っていた。 幼少の頃はバイオリンを習い、発表会で武道館のステージに立ったこともあるお坊ちゃまだった。 デビュー当初、横浜のライブで客席にブし、ステージに帰ってこれないままライブが終了する。 倜儻不羈なる書生というのは、才能が豊かで、個性が強く、独立心が旺盛で、普通の尺度では律しがたい学生のことですが、教育者新島襄にとっては、やる気を失った学生も、クラスで一番出来の悪い学生も、個性が強くて枠からはみ出した学生も、一人ひとりを大切にする教育を実践したといえます。

Next