音無 響子 髪型。 平成・令和生まれ「めぞんの音無響子やタッチの浅倉南みたいなヒロインには惚れない」←これ

【漫画】めぞん一刻|音無響子が五代裕作を選んだ理由を考察

こずえとのデートに出かける際は「ネクタイを直してあげる」と称して首を絞めたり、いぶきと腕を組んで仲よさそうに学校へ向かう姿を見送る際には笑顔のまま掃除用の竹ぼうきをへし折るなどもした。 響子一家と五代 五代は結局響子のことが気になり、用事があるといって七尾家を出てきます。 86 ID:1WztyPl70. 並みの男には手の届かない存在という雰囲気を醸し出しています。 五代と七尾家の関係の始まり 今回の話は名シーンがとても有名ですが、二つの一家の対比も面白いです。 0 コメントは新しい順に1000件まで表示されます。

Next

【めぞん一刻】音無響子の年下男性からモテる魅力とは?

五代はどうするのか?壮大な妄想(思考実験?)が繰り広げられます。 もちろん惣一郎は黄泉の国にいるわけだから、現実として響子は一人で立ち向かわないといけません。 ビジュアルは磨き抜かれていて高橋留美子作品の中でもダントツです。 他にも初期は意外性が毎回のように出てきて、複雑な響子の性格を作っていきます。 響子みたいな一見清楚な女性がそれをやると、ちょっとびっくりしますよね。 深読み全開ですけど、物語終盤について書いてみたいと思います。

Next

【めぞん一刻】音無響子の魅力とは?魔性のヒロインの性格と可愛いポイントを考察

マイペースな離れ型知能線 反抗線 を持つのは曲がったことが大嫌いな人。 思いっきり鏡に頭をぶつけて我に帰るところなんか凄いですね、笑。 めんどくさい怒り方 常日頃から機嫌の悪いシーンが多い音無響子ですが、本気で怒ると凄く怖いんです。 『めぞん一刻』は1980年から87年までの間、「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載されていました。 気持ちは切り替えつつあるとは言え、まだまだ亡き惣一郎の存在感は大きいんです。

Next

音無響子(オトナシキョウコ)とは?【めぞん一刻】|アニメキャラクター事典:キャラペディア

五代君にとって、響子さんの惣一郎さんは心の中の大きなハードルなのだ。 音無老人 音無老人「しかし、いつまでもこのままでいるわけにはいきませんなあ。 それにしてもこの時の響子を受け止めた五代って、すごいメンタルだと思います。 そして重荷が降りた響子は五代に対して「ずっと前から好きだった」と初めて素直に答えます。 よってまとめると三鷹さんは響子さんの中から惣一郎を消そうとした(自分といることでその悲しさを打ち消そうとした)に対して、五代君は響子さんが惣一郎を思い続けるのは仕方ない、だから惣一郎ごと受け入れることにしたというものです。 響子さんには五代君と三鷹さんの二人がアプローチをしていました。

Next

【漫画】めぞん一刻|音無響子が五代裕作を選んだ理由を考察

一番音無響子らしくないセリフ... また、実は頼りないように見える五代君のほうが、人間的に器が大きいなーと好感を持つようになりました。 この辺りに、嫉妬感情のスパイラル降下があるね。 でも音無響子の魅力は別格なんです。 泣かせる言葉だよね。 パタパタ走ってきて、玄関先にペタッと座る まだ付き合ってもいないのにお弁当まで作ってくれます。

Next

第29話「私は負けない」(惣一郎の3回忌)【深読み!『めぞん一刻』】

誰でも最後はくっつくと予想できる五代と響子のラブストーリー 「深読み! ぬるま湯のまんま三角関係が解消したんです。 自分が五代や三鷹に求められている存在だと自覚している。 策略を使って、響子から強引に返事を引き出そうとしたので、さらに嫌われたんでしょうね。 そして、 響子「抱いてくださいって、私の方からお願いしなくちゃ、自信が持てないんですか。 つまり響子さんの悲しい想いを全て断ち切り自分が新しい楽しい思い出を作るから大丈夫。 非常識な住人しかいない、一刻館での管理人の仕事もテキパキとこなし、 何かトラブルが起きた際は、度々自分を責めたりと責任感も強い デキた女性なのである。

Next

【めぞん一刻】音無響子の魅力とは?魔性のヒロインの性格と可愛いポイントを考察

その2 今回は、響子の一家と七尾家がずっと対比して描かれていますが、本当に正反対の一家ですね。 響子にとっては過去の思い出ですけど、まだ五代にはそのことは分かりません。 なぜそこまでビジュアルを磨き上げたのかといえば、音無響子は年上でしかも未亡人とハンデがあるからです。 つまり、夫に先立たれた女性ですが、日頃よりエッチな動画を見慣れている諸兄にとっては、背徳的なエロスを感じてしまうキーワードではないでしょうか? 実に不謹慎な話です。 もし響子さんが実在したら、結構な「地雷女」といえるでしょう。 ただ、本編を読んでいくと音無響子の心理描写は、高橋留美子先生ご自身のような気がします。

Next

音無響子【深読み!『めぞん一刻』】

五代は響子一家には全く取り入ることが出来ず途方にくれるのでした。 美貌もグラマーなスタイルも魅力ですが、 それだけではここまで惹かれないと思いますね。 ヒロイン。 ふたりの心は熱いトキメキ!! 一度でいいから管理人さんに「管理」されてみたい、そんな今日このごろ、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 管理人さんといっても、ビル管理人やウェブサイト管理人のことではありません。 このページが最後で、次は最終話「P. 自分のことを一途に愛してくれる男性を求める響子さん的な女性って、けっこういるんじゃないでしょうか。 のやり取りでは、急に感情的になって一の瀬さんがびっくりするほど。 「普遍的な魅力」ってがあるってことですよね。

Next