アメリカ ufo 映像。 【衝撃UFO動画】ドイツで着陸したUFOが激撮される! 非常にクッキリとした映像が世界中で話題に

なぜ今、米国防総省がUFOの映像を公開したのか?

写っている物体が何なのかはわかっていないとしています。 有名な物理学者も宇宙人説を考えた では、結局この映像のUAPの正体はなんなのでしょうか。 これはどんな計画かというとグレイトファイヤーウォールと呼ばれる物で、 簡単に言うと中国国民を総監視するシステムです。 また2015年1月に撮影された2本目のムービーがこれ。 どんな映像だった? それらはアメリカのバンドBlink 182の元メンバーであるトム・デロングが設立した、科学研究グループにして公益法人のTo The Stars Academy of Arts(TTSAAS)によって掘り出された映像をThe New York Timesが広めたものでした。 あの「ヒストリーチャンネル」でも、これらの関連番組が放映されたようです。

Next

アメリカが宇宙人の映像を公開する日も近い?3つのUFO!?映像を公開!

「宇宙人の可能性も考えないといけない」とのこと。 あれから半年ほどが経ち、今回はアメリカ国防総省ペンタゴンが動画を認め、声明文を公開するに至りました。 あるときなどは、縦に30メートルの間隔で飛んでいた戦闘機の間を、その物体がコックピットの横をかすめて飛び去っていき、危うく衝突するところだった。 白い楕円形をしている というニックネームの付いたそのUFOもまた、大胆に姿を現し、米軍の度肝を抜いた。 また未確認の空中現象という言葉は、いわゆる宇宙人の乗り物としての「UFO」を意味するものではなく、「軍のさまざまな訓練の場において、侵入もしくは操作が目撃された未確認あるいは無許可の飛行物体に付けられる基本的な説明」だとグラディッシャー氏は述べています。 ちなみに、今のところ地球外の物体が特定されたケースは無いようです。

Next

米海軍・極秘写真が流出! 北極の海上で、UFOと戦闘か?

国防総省は声明で「観測された大気での現象は未確認のままだ」としたうえで、公開の理由について「機密の暴露にはつながらず、映像の信憑(しんぴょう)性や他の映像があるかなど、市民に誤解を与えないため」と説明しました。 4月27日、アメリカ 米国 の国防総省がUFO 未確認飛行物体 の映像を正式公開しました。 小出しに少しづつ、まるで免疫を作るようにUFOや地球外生命体の存在が明らかにされてきました。 UFOらしき動画が大人気に サイトでは、「3本のUFO映像は本物だが、このUFOに宇宙人が乗っているかは不明。 何だまた芸人が騒ぐ民放のワイドショーニュースかよ!と思ったらNHK・・・・ ついにNHKでUFO報道かよ、何かあるんじゃねぇの?コレ。 だが、もしそうだとすれば、わたしたちが知っているどんな航空機とも異なる動きをしている。

Next

米海軍がUFO映像は「本物」と認める 著名物理学者も「UFOの可能性」指摘

しかし、未確認の飛行物体はたいていの場合、大気がつくり出す幻や未公表の軍事演習、衛星、あるいは疲れたパイロットの脳が引き起こした幻影といった、よりありふれた物であることが多い。 3つの動画には ・カリフォルニア沖で確認されたUFOは、最後部分で突然猛スピードになって移動している ・飛行物体は尋常ではない回転をしており、海軍兵の驚いた音声も聞こえる などの特徴があり、 これらの動画は視聴数が700万回以上となり、アメリカの大手のメディアも現在でも話題にしています。 宇宙人らしき人影はスーっとUFOに吸い込まれていく。 2014年夏、バージニアからフロリダ沖で演習をしていた空母セオドア・ルーズベルトの飛行隊のパイロット、ライアン・グレイブス大尉ほか4人のパイロットたちは、上部を回転させながら風に逆らって飛ぶ奇妙な物体を目撃。 宇宙人は腕の長く、やはり人のような形をしている。

Next

アメリカ政府がUFOを認めた│気になる情報

実はこれらがアメリカが宇宙軍を早期に創設してクラウドサービスを強化していることとつながります。 「非機密」と「機密解除」は同じではない。 そうなってしまったら世界はもう終わりです。 バーチャル上の戦争に備えて準備を進めていたアメリカ軍 トランプ大統領は2019年8月29日に一度廃止されていた「宇宙軍」を再び再編成します。 都市伝説好きの人からしたら「なんだ今更かよ」と言う感じもするのですが、 このニュースはもっと驚くべきことだと僕は考えています。 バーチャル上の戦争に備えて準備を進めていたアメリカ軍 トランプ大統領は2019年8月29日に一度廃止されていた「宇宙軍」を再び再編成します。 当時、アメリカ海軍が同国の東海岸で演習中、毎日のようにUFOが間近に現れた。

Next

アメリカ国防総省公開のUFO動画や正体は何?未確認飛行物体の場所はどこで動画は?

海軍はその後、パイロットがUFOと思われる物体を目撃した場合の報告手順を定めた公式ガイドラインを制定した。 ここでアメリカが中国を食い止めることができなければ世界は確実に中国の元に落ちるというわけです。 75 ID:b0NhRm4O0 正体がわからないからUFOなんじゃないの? 宇宙人の乗り物と確定できたら 宇宙船だよね。 映像には、小型飛行物体が非常に速い動きで飛び回っている様子が撮影されていて、アメリカ海軍の報道官は、これついて一切の仮説もないと述べました。 アメリカ海軍の演習で、多くの兵士が目撃したというUFO映像が2017年に公開され、あの「ニューヨークタイムズ」「ワシントンポスト」のようなアメリカの大手メディアが報道して世界中で話題になっていましたが、このたび、ついにアメリカ軍がUFOを認めたという話がニュースになりました。

Next

アメリカ(米国)が正式にUFOの撮影を認めた!?宇宙人は存在するのか?まとめ

ただし、UFOは未確認飛行物体なので、正確には「なんだかわからない飛行する物体」でもUFOなんですね。 これは何かあるのでしょうか? 話を戻しますがUFOの目撃情報やUFO事件は以前からたくさんの噂があったわけですが、 有名な事件だと1947年にUFOが墜落して米軍が回収されたとするロズウェル事件が有名ですよね。 赤外線カメラは捉えるが、目視できない物体と危うく衝突• 1本は2004年11月、残りの2本は15年1月に撮影された。 それでは詳しく見ていきましょう。 世界中が現在の中国のようにスマホ中身から言動まで監視される社会が来てしまったらどうでしょうか? これらは自由とは言えないのではないでしょうか? しかし毛沢東時代から続く中国の思想には自由より規律を、法律より倫理を、そして民主主義や人権よりもエリートによる政治をという理念があります。 ところが注目すべきは、国防総省は今週公開した動画を「非機密」であると表現したことだ。 それが今回、ようやく公開が許可されたかたちである。

Next

アメリカが宇宙人の映像を公開する日も近い?3つのUFO!?映像を公開!

パイロット:「何?ドローンだ!」「何機もあるぞ。 動画には「Real UFO」と書かれているが、あまりにも鮮明な映像に国内外から様々な声が上がっているようだが……この映像が本物かどうかは皆さんの目で是非確かめてほしい。 僕が以前動画でこのままでは第三次世界大戦が始まるかもしれないという内容を動画で言ったのですが、 今後起こる戦争というのはもしかしたら僕らが想像する今までの戦争とは大きく内容が違うかもしれません。 なぜ今頃の公開かと言いますと、 元々世間に出回っている映像であり、それが本物かどうかや、他に何か隠しているのではないか、という人々からの声があり、それらの誤解を解き、全ての情報を提供するためのようです。 アメリカの貧富の差が拡大しているのはみなさんも知っていることだと思いますが、 今回のコロナでも医療費が高くて普段から病院に行ける人が少ないのでそれが原因で感染が拡大したなんて言われていますよね。 これはどんな計画かというとグレイトファイヤーウォールと呼ばれる物で、 簡単に言うと中国国民を総監視するシステムです。

Next