横浜市営地下鉄 運行情報。 [mixi]運行情報

横浜市交通局 遅延証明書一覧

これと同様の警笛を、とが若干音程を低めにして採用している。 2kmである。 車両 ブルーライン・グリーンラインともにの路線であるが、集電方法としてブルーラインは、グリーンラインはをそれぞれ採用しており、架線電圧・集電方法が異なるため同じ車両を営業運転することはない。 - 横浜市議会で、横浜市条例 昭和41年第65号「横浜市交通事業の設置等に関する条例」が成立し、4路線 の建設を決定。 13日も運休可能性。 これにより、同日付でにの鉄道事業免許が発行された。 「新横浜北駅」を「北新横浜駅」に駅名変更。

Next

横浜市営地下鉄ブルーラインあざみ野~新百合ヶ丘延伸「東側ルート」に 駅位置も決定

『横浜市高速鉄道建設史II』 横浜市交通局、2004年3月、272ページ• (平成8年) - が運用開始。 (昭和50年)5月に横浜市教育文化センター10階に万代町運転指令所(1988年に「万代町運輸指令所」に改称)・電力指令所、地下2階に万代町変電所を設置し、運用を開始した。 横浜市営地下鉄の 13 日 日)の運行に関しても、点検や安全確認などが完了するまで 始発からの運転を見合わせる可能性があるそうです。 1号線:六会駅-戸塚駅-上大岡駅-関内駅(18. 『横浜市高速鉄道建設史』 横浜市交通局、1987年12月、53ページ• 乗換路線 乗換路線はありません• 106。 (昭和48年)3月の CTC の運用開始にともない、横浜市交通局が沿いのの土地を取得し、横浜市がを建設。 『横浜市高速鉄道建設史II』 横浜市交通局、2004年3月、79ページ• 関連項目• この経路は、横浜市営トロリーバスとおおむね同じである。

Next

横浜市営地下鉄ブルーラインあざみ野~新百合ヶ丘延伸「東側ルート」に 駅位置も決定

(平成5年) - 3号線の新横浜駅-が開業(第6期開業)。 デザインは広告代理店によるもので交通局職員の投票で決定し、名前は一般公募で決定。 運輸政策審議会答申第7号の「東京圏高速鉄道網図(横浜・川崎周辺)」(1985年)• 約50万トンの水・土砂が流れ込み、復旧に約2か月を要した。 ただし戸塚駅については、国鉄に委託した国鉄戸塚駅直下部分の工事が難航し、開業時にはホーム有効長が4両分(戸塚駅東口広場と2の直下)しか確保できなかったため、6両編成のうち横浜駅側の2両をして対応。 (昭和40年)• 追記:バスも地下鉄も始発から運転しているとの事です。

Next

横浜市営地下鉄グリーンライン運用情報

乗換路線 乗換路線はありません• ブルーライン 詳細は「」を参照 ブルーライン(1号線および3号線)は、湘南台駅 - あざみ野駅間、40. かつて用いられた1000形は、日本車輛製の他に、川崎重工製・製のものも存在した。 東側ルートは、現在の終点であるあざみ野駅(横浜市青葉区)から、嶮山付近(同)、すすき野付近(同)、ヨネッティー王禅寺付近(川崎市麻生区)に新駅を設置し、小田急線の新百合ヶ丘駅南口付近(同)に至ります。 前年の横浜市運輸調査室の報告を基に、横浜市電の主要な路線を取りこみ、1号線 ・2号線 ・3号線 ・4号線 の4路線(合計64. 『横浜市高速鉄道建設史』 横浜市交通局、1987年12月、6-7ページ• - 「横浜市交通事業の設置等に関する条例」を改定し、3号線の終点を(現 )に、4号線の起点をに変更。 com』 株式会社アイ・ティ・エー、2012年11月17日• - が横浜部会を設置し、横浜市全体の鉄道整備計画について検討を開始。 4 km 路線数 2路線 駅数 40駅 保有車両数 282両 1435 mm 750 (ブルーライン) 直流 1500 V (グリーンライン) 80 路線図 横浜市営地下鉄(よこはましえいちかてつ、:Yokohama Municipal Subway)は、高速鉄道本部が運営するである。

Next

[横浜市営バス・市営地下鉄]台風19号の影響は?運行情報を調査

。 12 日午前 10 時頃最新情報が更新される予定とのことです。 これは、(平成14年)に横浜市で決勝戦が行われたの開催と開業30周年に合わせて、横浜市営地下鉄が日本国内の普通鉄道で初めて導入したものである (路面電車では1984年(昭和59年)からが導入)。 車内では「携帯電話の電源OFF」放送も行っているが、アナウンスの回数は少なく、車内の掲示も以前より減っているため全く徹底されておらず、実際は非常に多くの乗客が電車内で携帯電話を使用していたことから、(平成23年)7月より順次各車両に「携帯電話電源OFFエリア」を設け、そのエリア以外での通話を除く携帯電話の使用を正式に解禁することになった。 横浜金沢プロパティーズに社名変更後、に吸収合併。

Next

横浜市交通局 遅延証明書一覧

乗換路線. (昭和46年) - 横浜市営地下鉄のシンボルマークを制定。 - 横浜市交通局が、横浜市庁舎(関内中央ビル)に移転。 (昭和52年)6月 - が運用開始。 今回、川崎市北部地域の公共交通網の充実や、駅周辺活性化などの観点から、スポーツ施設「ヨネッティー王禅寺」付近を通るルートに決定。 グリーンライン開業後も、JR東日本を除く接続他社の駅の案内サインや接続路線での乗り換え案内では路線名称を使用せず、「横浜市営地下鉄(線)」を使用しているが、新横浜駅と中山駅で2路線ともに接続しているJRでは、車内放送等で「横浜市営地下鉄ブルーライン」「横浜市営地下鉄グリーンライン」と案内されることが多く、2014年に導入されたの自動放送でもそのように案内されている。 ブルーラインでは、の実施に向けて、2007年(平成19年)からATO()の運用を開始した。 - 1号線の-が開業(第1期開業)。

Next

[mixi]運行情報

13 日 日)については、確認作業を行い、安全を確保した上で運行すると いうことです。 これは、地下鉄の開通で人口が増加したやといった横浜市北部や、市域南西部では()に沿ってやで着実に人口が増加していることが、主な要因として挙げられる。 (平成14年)には、に運輸指令所と電気指令所を移転・統合した「総合指令所」を設置した。 今後、運休情報など発表されることも考えられますので、利用される方は 横浜市交通局のHPをこまめにチェックされることをおすすめします。 4駅のうち、嶮山付近、すすき野付近、新百合ヶ丘駅南口付近の3駅は、位置がほぼ決まっていましたが、川崎市内のルートと途中1駅については、東側ルート、王禅寺公園付近(川崎市麻生区)を通る中央ルート、白山付近(同)を通る西側ルートの3案が提示されていました。

Next