ニンジャ ウォーリアーズ。 ニンジャウォーリアーズとは (ニンジャウォーリアーズとは) [単語記事]

ニンジャウォーリアーズ ZUNTATAサウンド健在。タイトーの名移植!

操作性についても、『AGAIN』を遊んだプレイヤーがスムーズに動かせる再現度に加え、「通常攻撃の途中で立ち・しゃがみを切り替えやすい」「左右方向を選べる掴み技が多い」「ダウン確定時の吹き飛びモーションもボンバーでキャンセル可能」など、より洗練されている。 いや… 遊び心は常に必要です。 刀を振ってはいますが、動いていないプレイヤーにその刀は絶対に届きません。 またゲーム内容についても、大きくジャンル分けすれば前作と同じ横スクロールアクションゲームであることに変わりはないが、前作を「飛び道具や防御のある『スパルタンX』系」と例えるなら、本作は言わば「奥行きのない『ファイナルファイト』系」だ。 18 を追加しました。 一方、本作の血は人間・アンドロイド・ロボット・生物兵器のいずれも緑なので違和感がある。

Next

ザ・ニンジャウォーリアーズアゲイン(ザ・ニンジャウォリアーズアゲイン)(The Ninja Warriors Again)

C 1987 ニンジャウォリアーズ TAITO CORPORATION 時は西暦1993年。 個人的にはゲーム性うんぬんと言うより、音楽が聴きたくてひたすらプレイしていました。 また、各キャラの長所・短所のバランスも実に良く練られており、あるキャラでは楽勝の場所も、別のキャラにとっては一転して難所になったりする。 アイアンアーム が出てきたら 飛び越えられそうな距離でガード しながら待機し、 右から 3SVO が来たらレーザーと一緒にまとめて飛び越えてしまいます。 また、ZUNTATAによるBGM『DADDY MULK』は屈指の名曲として知られています。

Next

ザ・ニンジャウォーリアーズアゲイン(ザ・ニンジャウォリアーズアゲイン)(The Ninja Warriors Again)

立ち移動よりしゃがみ移動のほうが速く、立ち攻撃よりしゃがみ攻撃のほうがリーチが長いなど、しゃがみ状態で進んだほうが有利になっている。 敵の攻撃頻度が若干低下したことで、「間合いに入った途端に殴られる」「怯みが解けた途端に反撃される」「起き上がり直後を袋叩きにされて再度ダウン」といったケースが減少。 前後から囲まれた時は、背後にも当たり判定が発生するヌンチャクフィニッシュ、前後の敵を広範囲に巻き込むパワースイングが有効だ。 『ザ・ニンジャウォーリアーズアゲイン』は、『ザ・ニンジャウォリアーズ』の名にふさわしい、紛れもない傑作だ。 一見ひたすら敵をで殲滅していくに見えるが、時間制限があり堅い敵も多いのでそれだけではがある。 ゲーム自体は、なんの変哲も無いベルトスクロールアクションゲームです。

Next

TENGO PROJECT

このゲームは、1988年にタイトーから発売されたアーケードゲームで、あの名作シューティングゲームである「ダライアス」の次に発表されたゲームです。 バングラーの軍隊と対等にわたりあえる強力なマシンの完成には長い年月を要したが、テスト段階で一刻を争う事態となった。 関連動画 関連商品 関連項目• このタイプのゲームは、何も考えずにコンティニューをしまくって進めていくと、単調に感じてしまう一面もある。 飛び越えた後はすぐに 回転ジャンプで離れるか右向きでガードしないと、背後から鉄球をくらいます。 敵の攻撃が当たらないぐらいの間合いで敵に 背を向けて垂直ジャンプをすると、般若忍者は キョロキョロとプレイヤーを探す動作をするので、この無防備な瞬間に一撃食らわせます。

Next

ZUNTATA OFFICIAL SITE

と言うかジャンプはないものと思ったほうがいい。 ラスボスもニンジャほどではないが戦いやすい。 それらの記録も電源を落とすたびに消えてしまう。 最長距離の宙返りは接近・離脱に適しており、チャージアタックの手裏剣はコンボに組み込みやすい。 後にで登場した『ウォーーズ~アン~』は、一見続編に見えるが的にはあまり変わらない一種のとなっている。 背中のバーニアをブリブリ吹かして移動し、ブルース・リーばりのヌンチャクさばきを見せたかと思えば、おもむろに腕をパカッと開いて内蔵マシンガンぶっ放す。

Next

THE NINJA WARRIORS ONCE AGAIN

この露出描画がなかなか凝ったものになっており、頭、胴体、腕、脚とそれぞれちゃんと分けて露出し、脚だけ露出したりするとなんだかまぬけだったりします。 ボスラッシュ・トレーニングなどが存在しない。 「くノ一」と聞くと不知火舞のような露出の高い外見をしてるイメージですが、このゲームでは 完全に忍者風です。 また、画面の処理落ちも滅多に起こらない。 2018-06-04 の先行販売が開始されました。

Next

ニンジャウォーリアーズ - 悲劇の忍者ロイドアクション

作曲は『ダライアス』等でもおなじみ、タイトー・ZUNTATAの小倉久佳(OGR)である。 飛び越えた後は階段の手すり部分まで行き、 レーザーを 垂直ジャンプ で避けながらスクロールが止まるのを待ちましょう。 前半はガチャプレイでも割と楽に進めるが、後半に行くにつれキツくなり、ラスボス戦は3キャラ中、最も厳しい戦いを強いられる。 ゲーム内の各種説明文を英語・ハングル・簡体字・繁体字に変更可能。 バングラー自身の戦闘能力が皆無なのは共通。 隣の部屋へ行くといよいよラスボスの バングラー とご対面です。 ボスの くノ一 も基本通りで問題ありません。

Next

ザ・ニンジャウォーリアーズアゲイン(ザ・ニンジャウォリアーズアゲイン)(The Ninja Warriors Again)

基本は中距離からリーチの長い通常攻撃と、遠距離からのダッシュ攻撃。 こうした大胆なアレンジの一方で、前作からカットされた要素もまた数多い。 リアルさを増した背景が広々と表示されることで、オフィス街やショッピングモールの荒廃具合、バングラー軍司令部の広大さなどが分かりやすくなった。 途中でザコの邪魔が入ってしまったら、 無理せずに一度離れて仕切り直す ことも重要です。 BGMはナツメゲーでお馴染みの岩月博之氏が作曲し 、いずれもテンションの上がる良曲揃い。

Next