サピエンス 全 史 文庫。 サピエンス異変

『サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福』(ユヴァル・ノア・ハラリ)の感想(405レビュー)

その結果、今や私たちは、協調的でグローバルな対応を奨励し、組織し、資金を出すグローバルな指導者が不在の状態で、今回の危機に直面している。 人類が手にしたこの力は、科学であり、科学革命によって人類は大きく前進する。 「中日新聞」2017. このように異なるばかりか矛盾さえする考え方を同時に公然と是認し、さまざまな起源の儀式や慣行を組み合わせることを、宗教学者たちは混合主義と呼んでいる。 私たちが人間以外の生き物を物扱いにしていることに気づき、それに 与 ( くみ )したくないと考えたからだそうだ。 一つの帝国が滅んでも、被支配民族が独立するのはまれで、たいていは次の帝国がその民族を呑みこんでいった。 そうすることで銀行は、リスクを分散することが可能になりました。

Next

『サピエンス全史』への違和感

日本では上下巻、約500ページを超える分厚い本、そして一見すると難しいそうなタイトルと副題だが、世界史嫌いの人でも隔たりを感じずに読み進められる。 そして2019年には、天然痘にかかったり、天然痘で命を落としたりした人は、1人としていなかった。 神の領域へと踏み込んだ人間の進化は、この先、いったいどこに行くのか? 本当に幸せとは何かについて、サピエンス全史の最後の章では考察しています。 私たちはどこへ向かおうとしているのか。 そして「貨幣」という壮大な虚構を信じ、そのうえに未来の大儲けを期待して投資するという「市場」まで信じるようになりました。 地球には何千もの社会があった。

Next

サピエンス全史

私たちが生みだした、私たちにそっくりのサピエンスがこの世界を支配する時代の到来……ハラリは最後にこう書いている。 中略 虚構、すなわち架空の事物について語るこの能力こそが、サピエンスの言語の特徴として異彩を放っている。 しかし、都市ができあがると事情が変わってくる。 なぜ人類だけが文明を手にしたのか? 「マクロ歴史学」を一言で言い表せれば、 >歴史を研究するのは、未来を知るためではなく、視野を拡げ、現在の私たちの状況は自然なものでも必然的なものでもなく、したがって私たちの前には、想像しているよりもずっと多くの可能性があることを理解するためなのだ。 更には、この帝国主義が自由市場資本主義のもとで奴隷貿易を生み出す。

Next

[書評]『サピエンス全史』

アメリカでは司法社会と言われるほど、出きた州法、連邦法の正統性を否定する訴訟が多く、大統領令、議会法を制定しても裁判所の判決を待たないと最終的に何が有効かが確立しない。 5.宗教の重要性が薄れた時代と言われているが、自由主義,共産主義,資本主義,国民主義,全体主義などの自然法則による秩序を唱える宗教が台頭してきた時代だから。 社会主義の人間至上主義 ホモ・サピエンスという種全体を平等に• これと比べればコロンブスの艦隊は屁のようなものである。 そのアオリ文句、「なぜ我々はこのような世界に生きているのか?」というもの。 翻訳もとても丁寧です。

Next

『サピエンス全史』累計部数70万部を突破!

原書の良さは作者によるものだが、本書の良さは加えて美しき訳文に支えられている。 明確なものとしては存在しない共通の価値観で私たちは繋がろうとしているし、反目しあっている。 信用こそが貨幣の本体なのだ。 たとえば、ヨーロッパ人がどのようにアフリカを支配するに至ったかを研究すれば、人種的なヒエラルキーは自然なものでも必然的なものでもなく、世の中は違う形で構成しうると、気づくことができる 下48 」. 農業を行うには、次の2つの要素が重要です。 帝国によって「彼ら」が「私たち」になる つまり一度帝国の中に入った民族は、そこから抜け出さないし、抜け出せない。 この本を理解した上での人生とそれ以外の人生は、色んな点で違いが出ると思う(この本の評価は、年々上がって行くだろう)。

Next

『銃・病原菌・鉄』から『21 Lessons』まで、人類史や未来論がブームになった背景|Real Sound|リアルサウンド ブック

何故多いのか?背景には、生物学やテクノロジーなどサイエンスの発展に基づく新発見、従来説の見直しが、人類の起源から現在まで、もう一度再検討しようという機運の高まりがあるように思う。 そして、アメリカはもう真の友は持たず、利害関係しか念頭にないことを全世界に非常に明確に示した。 さて、人の手が入っていないところは、人にとって不安が残ることになります。 - 『サピエンス全史』 文化と言っても、文字や芸術など高度なものはまだなく、集団内での共通ルールくらいのものでしょう。 神は私に何を欲するのか?」だ。 われわれは、衣食住が満ち足りて、安全・安心な生活ができ、さらに子孫が繁栄することに、大きな価値を置く。

Next

『サピエンス全史』累計部数70万部を突破!

この信頼によって生み出されたのが「成長」であり、経済の歴史を語るには「成長」だけで良いとハラリはいう。 独裁者がすでにいる場合もあれば、新たな独裁者が生まれる場合もあります。 そこには権威ある者が自分たちの無知を認めないという障壁もあった。 90 0. 夜、資本主義が産声をあげ、つい1時間前に産業革命が起きて、1秒前にインターネットが生まれた。 63 0. ちなみに、本書を人に勧めるかは正直微妙。 だが、中世の庶民より現代の富裕層は幸せなのだろうか? 人類はどこへ向かっているのだろうか? 人間の本当の目的。

Next

【図解:3分で解説】「サピエンス全史」のまとめと感想

58 0. 01 0. 貨幣のおかげで、見ず知らずで信頼し合っていない人どうしでも、効果的に協力できる。 ,'ノレノレ! 本作はこれまでにない新しい人類史を描いた、世界的ベストセラー作品です。 もはや物々交換では間に合わないほどの交易が日々行われはじめる。 で、農耕をはじめると人類の脳容積は小さくなった。 そうなると、人類はうらやましさのような感情を行動に移せるようになるわけです。

Next