ブラタモリ 浜松。 ブラタモリ 浜松市 浜名湖のウナギ養殖の場所[ロケ地やルート]見逃し動画配信と再放送#152

タモリ、浜松が楽器の町になった理由を“5つのステップ”で探る!『ブラタモリ』

最盛期の昭和40年代後半、青い海やヤシの木に憧れてハネムーンにやってきたのは、全国の新婚旅行客の4割にもなったほど。 21放送) 印象的なシーンは、比叡山の上に平地ができた理由を考えていたところ。 「クランク状になってる?」 「ま、す」のヒントで「枡形(ますがた)!」と正解。 ブラタモリ、田園調布へ! 今回の舞台は東京の田園調布。 林田アナが奏でると美しい音色。 ブラタモリ、大河ドラマ「西郷どん」の舞台、鹿児島市へ! 江戸から遠く離れた鹿児島が、なぜ明治維新の主役となれたのか。

Next

林田理沙NHKアナウンサーの名シーン・衣装・エピソード・プロフィール

「みなさんよく長くはいってますね」驚く林田アナ。 ブラタモリ、東京・吉祥寺へ! 今回の舞台は「住みたい街」調査で毎年のようにトップに名前のあがる、吉祥寺。 今回のブラ歩きでは 新幹線浜松駅改札内コンコースの町ピアノ~東照宮~YAMAHAピアノ工場~航空自衛隊浜松基地「中部航空音楽隊」のルートをたどり・・・ 浜松市が楽器の町になった理由を5つのステップで探ります。 13、30、100というタモリさんは、はずれ。 タモリさんを通して景色を見ると、いろいろな発見があるところが、この番組のおもしろさだと思います。 それまでは、家康にかかわる大事なものがあったんです。 — 四季彩 shikisaikan2019 林田アナは本当はとても頭が良い人。

Next

浜松が「楽器の町」になった理由解く5つのステップとは!? 最新ピアノ工場見学、管楽器製造の謎も『ブラタモリ』

家康は、勢力の強い、武田軍をみはるために、見晴らしのよい河岸段丘の上、浜松に城をかまえました。 バームクーヘンに乗っている付加体が、特に何だか。 25放送) この回のお題は、「なぜ浜松は楽器の町になった」 音大卒の林田アナ大活躍でした。 浜松は駅構内に駅ピアノがあるんです。 被爆者の方の体験を伺ったり、かくれキリシタンの文化が残る地域のみなさんのお話を聞いたり、長崎くんちをはじめとした地域の文化を取材したりと、貴重な経験をたくさんさせていただきました。

Next

NHK『ブラタモリ「浜松〜なぜ浜松が楽器の町になった♪〜」』 2月11日再放送

経歴 2014年4月にNHK入局。 この回での名シーンは測量体験。 ブラタモリは、浜名(漁協) 村櫛支所()付近を訪ねます。 スワンボートでおなじみの「井の頭池」を中心に、ちょうど100年前の1917年にオープンした憩いの場です。 シラスウナギは、最初は汽水域で過ごし薄い塩分に慣れ、その後、多くが淡水の川に上がってゆきます。 「声がでかいんじゃない」タモリさん。

Next

タモリ、浜松が楽器の町になった理由を“5つのステップ”で探る!『ブラタモリ』

(5)「木材と空っ風」 さらに、南アルプスから天竜川で運ばれた木材と、山を越える乾いた空っ風による乾燥という地形的な面でも、浜松はピアノ作りに適していた。 放送のくわしいレポートはです。 「トロッコははじめて!ゴトゴト感がはじめての感覚、アトラクションみたい」と林田理沙アナ。 この時の記事はこちらです。 小高くなった場所の地層は、下が水を通さない泥、上が水をよく通す 砂礫 されきとなっています。 林田アナが中にはいります! 「まさかの展開。

Next

NHK『ブラタモリ「浜松〜なぜ浜松が楽器の町になった♪〜」』 2月11日再放送

以来およそ150年のあいだに、日本を支えた工業のまちになったのは、いくつもの奇跡があったから・・・っていったいどういう事?タモリさんが、陸と海から、「鉄のまち」を生んだ奇跡を探ります。 。 そのため、複雑な機工をもつ織機を作ることができる「高い技術力を持つ大工」が浜松に集まってくる。 昭和の高度成長期には ピアノも生産台数を伸ばし、 価格的にも庶民の手に届きやすくなり ヤマハと河合楽器はピアノの大量生産と販売力を持ちました。 最近の林田さんは、ちょっと思い切っていてとてもいいです。

Next