ディープフェイク動画えろ。 芸能人も被害に! AIで顔だけ別人に変えるフェイク動画「ディープフェイク」を見破る方法:じっくり聞い...|テレ東プラス

ディープフェイクとは?偽動画の例や仕組み・作り方・危険性などをまとめて紹介

)などと発言しているフェイク動画です。 もともとは米サイトのレディット(Reddit)に投稿された、米ハリウッド女優のアダルト映像だった。 将来的には、Webブラウザのプラグインなどとしてこの技術を活用する方針だ。 トランプ政権を支持するネットメディアが「フェイクニュース」を拡散する……という問題を受けての発言だが、この放送を見た窪田氏は怖さを感じたという。 ディープトレースのジョルジオ・パトリーニ()最高経営責任者(CEO)は同社公式サイトで、この状況は「ディープフェイクのポルノを作成・公開するウェブサイトの市場を表している。

Next

まるで本物 「ディープフェイク」動画の危険性 (4/4)

上記のポルノ動画共有サイトでも「Deepfake」で検索するとでてきます。 今後、技術が今以上に進歩すれば、フェイク動画の問題は世界中で取り沙汰されることになるし、当然日本にも波及するだろう。 この動画内の人物Aの顔を人物Bに置き換えることになります。 com」トップページに飛べば、すぐに「2019年7月6日」の投稿は見つかります。 法律の整備などもこれから急速に進んでいくでしょう。 そこから人工知能で表情のパターンを作成してAVなどのエッチな動画と合成すると、あたかもその芸能人が出演しているかのようなフェイクAV動画が作れてしまうというのです。

Next

誰でもディープフェイク動画が作れる「Deepfakes web」の使い方を説明

2018年12月、頻繁にディープフェイクポルノの対象となっているスカーレット・ヨハンソンが、の取材に対し、以下のように語っている。 2018年2月28日閲覧。 この偽動画を作成したのはコメディアンのJordan Peele氏(画面右に登場)とのこと。 人物Aの顔を人物Bにすげ替える場合、 1には人物Aが映っている動画ファイルを選択します。 この研究では、「ディープフェイク」動画を自分たちで作り、オリジナルの映像と合わせて大量のフェイク動画データをコンピュータに蓄積し、ディープラーニングさせてアルゴリズムで本物と偽物を識別できるようにするという。

Next

芸能人も被害に! AIで顔だけ別人に変えるフェイク動画「ディープフェイク」を見破る方法:じっくり聞い...|テレ東プラス

The Outline. 2018年4月、とJonah Peretti は、ディープフェイクの危険性に関するとして、を使ったディープフェイクを作成した。 スマホで閲覧すると再生前の広告を閉じることができず動画を再生できませんでした。 米国では今、研究者たちがすでにこのテクノロジーの研究を始めている。 ディープフェイクをめぐっては、米国などでの選挙で有権者を操作するために使われる可能性があるとの懸念が高まっている。 しかもそうした動画を簡単に作れてしまうアプリ「FakeApp」も広く知られるようになった。 ブームの発端となったのはアメリカのバラク・オバマ前大統領がドナルド・トランプ大統領を罵倒しているかのように作成された偽動画の存在で、このノウハウを利用して良からぬ方向へと発展させたのが今回というわけだ。

Next

誰でもディープフェイク動画が作れる「Deepfakes web」の使い方を説明

詳しくは公式のチュートリアル動画をご覧ください。 また現在は、ディープフェイクをチェックするAIソフトも開発されているとか。 2019年9月3日閲覧。 またDARPA(米国防高等研究事業局)はすでに、「メディア・フォレンジック(MediFor)」というプログラムで、世界中から技術者を集め、自動的に動画や静止画などが本物か、作られたものかを判断する技術の開発を進めている。 芸能人ディープフェイク動画サイトまとめ【DEEPFAKE】 DFIDOL 2019年春に新たに誕生したフェイクポルノ動画サイト「」 こちらは動画配信ではなく、動画ダウンロードサイトです。 Lorna• 2019年1月26日閲覧。 売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況 秘 報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)。

Next

芸能人も被害に! AIで顔だけ別人に変えるフェイク動画「ディープフェイク」を見破る方法:じっくり聞い...|テレ東プラス

「 ディープフェイクという手法を使った偽ポルノ動画です。 ディープフェイクとは? によれば、 「ディープフェイク(deep fake)」とは、人工知能の重要技術である「ディープラーニング(deep learning)」と英語で捏造・にせものを意味する「フェイク(fake)」から作られた造語、とのことです。 さらに、このディープフェイクは年々爆発的な進化を遂げ、その作成方法にも変化が。 トランプ政権を支持するネットメディアが「フェイクニュース」を拡散する……という問題を受けての発言だが、この放送を見た窪田氏は怖さを感じたという。 この研究では、「ディープフェイク」動画を自分たちで作り、オリジナルの映像と合わせて大量のフェイク動画データをコンピュータに蓄積し、ディープラーニングさせてアルゴリズムで本物と偽物を識別できるようにするという。 さらに同社は、インターネット上に存在するディープフェイク動画は昨年12月から今年7月までの間にほぼ倍増し、1万4678件に上ったとした。

Next

誰でもディープフェイク動画が作れる「Deepfakes web」の使い方を説明

法律の整備などもこれから急速に進んでいくでしょう。 白石麻衣• 4 偽物を見分ける技術が進化 そこでディープフェイクへの対策も見られるようになった。 「顔認識に加え、目・鼻・口の動きを理解する表情認識が可能な人工知能にポルノ動画を勉強させている、高度な技術です」 とは、ITジャーナリストの三上洋氏。 ただ、偽造技術の方も日々進歩しているため、結局いたちごっこになってしまうのでは?と個人的には危惧しています。 「SNSなんかでパッと流れてきて、それをチラッと見るくらいだと分からないかもしれない」と平教授。 また現在は、ディープフェイクをチェックするAIソフトも開発されているとか。 Engadget. 大物ユーチューバーを取り込んで、新たなコンテンツを発信する予定だったが、うまくいかずに大コケ。

Next