ズーム フライ 3 耐久 性。 【ズームフライ3をブログでレビュー】サイズは丁度で重さは軽め!

ナイキ【ズームフライ3】厚底シューズの威力とは?「走行レビュー」

個人的には、前回のフライニットアッパーと比べて、全体的に余裕を感じました。 レーシングシューズは基本的に軽さをコンセプトに作られるため、ソールは薄くなる傾向にあります。 後半に差し掛かっても厚底のおかげでいつもより足が残っている感覚もありました。 この素材は『クッション性』『反発性』『軽量化』『耐久性』の4つを一つの素材に実現するというテクノロジーで、 ヴェイパーフライと比べて大きく変わったのは耐久性になります!! 最近話題のヴェイパーフライネクスト%やヴェイパーフライ4%には ズームXという素材が使われており、『反発性』『軽量化』をメインになった素材です。 そのため、淀川と神戸でしっかりと記録を積み上げて、ベスト記録に手が届きそうな状態になっていれば、さらにいい記録を狙うために加古川のフルでネクスト%を投入する、といった使い方をしようと思っていますが、フルの本番にぶっつけで使うのは不確定要素が多すぎるので、12月初めの高砂市民マラソンで10マイルを走る際と、加古川に向けての30km走を実施する際に慣らし運転しておこうかなと思っています。 サイズに関しても、最初は「ハーフサイズ下げてサイズ7. 楽しく走りたい「マンネリランナー」 この中の一つでも該当すれば、 試す価値あります。 ナイキが新たに開発した「リアクトファーム」は、一般的なEVAフォームのようなスポンジ構造ではないので、その反発弾性の耐久性にも定評がある素材です。

Next

ナイキ「ズームフライ3」レビュー!市民ランナー向けのレースシューズを検証!

ではナイキシューズの勢いについて書かせて頂いたが、この記事ではその中でも良いアップデイトをした、「ナイキ ズーム フライ 3」と「ナイキ エア ズーム ペガサス 36」について書こうと思います。 ナイキ ズーム フライ 3 ライズは、ヴェイパーフライからヒントを得て、長距離ランナーに必要なレース中の快適性と耐久性を追求。 つまり前述したズームフライ3とペガサスターボ2があればロードでのポイント練習用シューズは賄えてしまいます。 今回「アディゼロ ボストン 8」を履いてすごくいいなと思いましたが、今までの自分の考えだとメーカーを固定していたので、選択肢に入ってきていなかったので。 この「カクッ」となる感じが、ズームフライ3では少ししか感じられない。

Next

ズームフライは走りにくいと言われる理由とは。気になる寿命と走り方

ナイキ公式サイトで26cmが売り切れそうだったので焦ってポチってしまいました。 私のナイキのシューズの印象は、 サイズ通りでゆったり目です。 これのおかげで、ペラペラの素材でも踵にフィットして安定感が増しています! 前足部が柔らかい これも走り始めてすぐに感じました。 カーボンファイバー製プレートのパワーにより、何キロでも走り続けられます。 こちらにはヴェーパーフライの「ズームエックス」とは違う素材「ナイキリアクト」というものが用いられてます。 後押しされる感覚 ミッドソール内側のカーボンファイバー製プレートが、繊維層を収縮または膨張させることで、ストライドの柔軟性を最大限に高めます。 悪天候時のグリップ力を意識したという点は同じですが、 の方が、全足部の切れ込みがないこととラバーの配置面積が広いことで柔軟性に欠けている印象です。

Next

【ズームフライ3をブログでレビュー】サイズは丁度で重さは軽め!

あの以来、市場の話題もシェアも独占してきたナイキ。 ある程度の脚力と申し上げましたが、実際に上記でご紹介したペースで10キロ程度走った時に、結構ふくらはぎや膝への負担を感じたからです。 足の設置時間を早くする練習• その理由は、ミッドソールに使われているリアクト素材と、カーボンプレートにあると思っています。 つまり、耐久性などではリアクトの方が優れているということになります。 そんな 大幅にアップデートが施されたについて紹介したいと思います。 私の場合は、11月初めに淀川市民マラソン、その2週間後に神戸マラソン、さらにその1カ月後に加古川マラソンがあるのですが、多少の慣らし運転をした上で加古川マラソンからネクスト%を使ってみようかなと思っています。

Next

記録更新を狙うランニングシューズの選び方のポイント Alpen Group Magazine

内側はソフト• ランニングシューズ【50足以上経験】• それでOKならば問題なし、きついようであればワンサイズ大きいものを試してみるといいでしょう。 また、前回と同様のリアクトのミッドソールは、柔らかくレスポンスもあるクッションで、蹴り出しの快適さをサポートしている印象です。 ただ、ヴェイパーフライやエアズームペガサスターボなどミッドソールにZOOM Xを使用しているシューズほどフワフワではありませんから、ズームフライ3の方が長距離の後半疲れにくくなるでしょう。 5㎝ですが、「ズームフライ3」も25. 他の方の記事で、踵部で1mm、前足部で4mm厚みが増していて、ズームフライニットでは11mmあった前足部と踵部の差が、8mmに縮まったようである。 ふくらはぎに悩みを持つ方• 実際わたしもミッドフット走行で走った方がタイムも上がって、疲労感も少ないと感じています。

Next

ナイキ ズーム フライ 3をレビュー!

0cmにした。 踵部分にかけて、ロードには不要なソールを削ぐことで軽量化しているわけですが、その反面、不整地で使用すると常に捻挫のリスクを負うこととなります。 履いた状態でジャンプしてみると、フワフワした感触です。 5cm• ズームフライフライニット に比べ、 『だいぶ派手なデザイン』になっています。 さすが高い靴。 20) 「ズームフライ3」を200㎞ほど使った感想としては、フライニットと比べるとわずか 15g重くなっただけだが、かなり重さを感じる。

Next