アバンチュール フランス語。 アバンチュールの意味とは?

aventure を 日本語

英語の「adventure(アドベンチャー)」の語源になっている言葉です。 「ワンナイトラブ」を、そのまま日本語に言い換えた表現であるといって良いでしょう。 そこから、この「死と隣り合わせの一か八かの状態」から転じて「 危険をおかして物事を行う」という意味でも使用されている表現です。 (3)「アバンチュール」の類語は? 「アバンチュール」に似た言葉としては「一夜限りの恋」や「浮気」、 「ワンナイトラブ」といった、ひとときだけの恋愛を表す言葉が挙げられます。 2017年には人気シンガーソングライターの「chayさん」が「恋はアバンチュール」という曲をリリースしていますし、アイドルグループの「超特急」も「超えてアバンチュール」という曲を出しています。 旅先での アバンチュールを期待している。 例文 ・好きになってしまったものは仕方ないとしても略奪愛は讃えられるものではないのでは? ・大物芸能人の「略奪愛」が今世間をもっとも騒がせているHOTな話題です。

Next

「アバンチュール」の意味と語源、使い方、類語&反対語を徹底解説!

3:どんな関係がアバンチュールなの?実体験エピソード5つ 言葉だけではいまいちピンと来ない人も、実体験エピソードを聞けばアバンチュールが理解できるはず! ドキドキのアバンチュールエピソードをご紹介します。 その場のノリで、気持ちが盛り上がって関係をもってしまって、朝にはそのままサヨナラしてしまうという関係です。 (4)同窓会 同窓会で久しぶりに会った旧友の姿にときめいたり、久々に話したら思いのほか盛り上がることってありますよね。 ひと夏の恋などはドラマチックな雰囲気も漂いますが、最近では特に不倫への風当たりは強いので「アバンチュール」には気をつけたいところです。 出典:デジタル大辞泉(小学館) となります。 火遊びはしない方が良いですが、旅先などの開放的な状況では理性が働きにくくなるのかもしれませんね。

Next

「アバンチュール」とは?意味や使い方を解説!

しかし、日本でカタカナ語の「アバンチュール」が使われる時には、本来の「冒険」の意味はあまりなく、恋に関する文脈で使われますね。 つまり簡単に言えば「火遊びのような恋愛」。 フランス語「aventure」の元の意味は「冒険」で、そこから転じて「恋の冒険」などロマンチックな使い方がされるようになりまいた。 スポンサーリンク アバンチュールの意味 アバンチュール(aventure)は 「冒険」という意味のフランス語です。 ひと夏のアバチュールなどの表現もあります。 「アバンチュール」の反対語は「堅実」 「アバンチュール」は、「火遊び的な恋」を意味する言葉なので、どちらかと言えば「不真面目な行動」ですよね。

Next

「アバンチュール」の意味と語源、使い方、類語&反対語を徹底解説!

「堅実な恋」などと言い表すと、「アバンチュール」とは正反対で「非常に真面目な恋愛」という意味になります。 日本語「アヴァンチュール」は後者の「一夜限りの火遊び的な恋」というようなニュアンスで使うことが圧倒的に多いです。 ・ワンナイトラブなんてやめたほうがいいよ、自分の体は大事にしないと・・・。 友人も別のフランス人と仲良くなって出かけるようになり、お互いに旅先でのアバンチュールとして楽しんでました。 「アバンチュール」の語源はフランス語「aventure」 「アバンチュール」の語源はフランス語「aventure」です。 そういったところから「すぐに終わってしまう恋 」という意味を込めて「ゆきずりの恋」と言われるようになったという事が考えられます。 でも、本気に好きになってしまったので、ずっと連絡を取って、会える日は会っています。

Next

フランス語の「アバンチュール」と英語の「アドベンチャー」

1 view 更新日: 2020-05-04 20:30:57 1:アバンチュールしたことはありますか? 普通の恋愛とはひと味違ったドキドキ感が味わえる「アバンチュール」。 「アバンチュール」の使い方と例文 「アバンチュール」は最近ではほぼ死語 「アバンチュール」をという言葉を日常的に使っているよ!なんていう人はいないと思います。 「アバンチュール」の意味と語源 「アバンチュール」の意味は「恋の冒険」「火遊び的な恋」 「アバンチュール」の意味は「 恋の冒険」「 冒険味を帯びた恋愛」「 火遊び的な恋」といった意味です。 未知なる地域に、危険を顧みず踏み込み、調査をすることを「探検」といいます。 そのあとも 割り切った関係としてときどき連絡を取っては、密会をしています。 旅行者同士で出会うこともあれば、現地の人と仲が深まるケースもあります。

Next

フランス語の「アバンチュール」と英語の「アドベンチャー」

でも、実は火遊びだったはずの恋の炎が長続きし、結婚にまで至ったというカップルも多いのです。 「火遊びな恋愛」などの意味合いで芸術作品の題名として使われたのが最初と言われています。 想像するだけでドキドキしちゃいますね! (2)「アバンチュール」を英語で言うと? 「アバンチュール」はフランス語であり、英語の「adventure(=冒険する)」が語源となってます。 「アバンチュール」という言葉に惹かれて危い恋をしないようにしましょう!. 例文 ・しつこく浮気を疑われ、電話帳から異性の名前を削除させられるはめになった。 ・「 探検」 「探検(たんけん)」の意味は、「 道のものを実地に探り調べること」です。 顔がすごくタイプだったし、体の相性も良かったので残念すぎる!」(Iさん・28歳女性) (2)旅先で出会ったフランス人とのアバンチュール 「友達とフランス旅行に行ったときに、地元に住むフランス人と仲良くなりました。 結果は以下のとおりです。

Next

アバンチュールの意味とは?

「ひと夏のアバンチュール」なんてうフレーズを、よく耳にするのも歌詞によく使用されているフレーズだからかもしれませんね。 例文 ・お酒に寄った勢いでワンナイトラブしてしまったことが彼女にバレてしまったようだ。 ・しっかりとライフプランを立てていつでもどんなときでも堅実な道を選んできた人だ。 例えば、「中森明菜さん」や、「大貫妙子さん」、「郷ひろみさん」いった、当時売れていたアティースとは、やっぱり「アバンチュール」というちょっとオシャレな響きを利用しているのか、タイトルや歌詞に「アバンチュール」という言葉を入れています。 例文 ・ゲームの種類の中ではやっぱりアドベンチャーゲームが一番楽しい ・こちらのコーナーでは、スリル満点のアドベンチャーを体験するこができます。 ・「 アドベンチャー」 「アドベンチャー」は、「 冒険」を意味する英語が語源のカタカナ語です。 「アバンチュール」という言葉について理解を深めることができたでしょうか。

Next

アバンチュールはフランス語?正しい意味と実際の体験エピソード

(3)合コン 出会い目的の男女が集まる合コンでは、そのままの勢いで一夜のアバンチュールにつながることもあります。 英語の「adventure」もフランス語の「aventure」がもとになっていると言われています。 ちょっとおしゃれには、聞こえますが「アバンチュール」って恋愛的にはあまりいい意味ではないんですね・・・。 それも、穏やかな恋ではなく危険な恋ですね。 自らつかみにいかなければ、出会うこと自体ないのかも……。 一夜の アバンチュールを求める。 ・「 危ない橋を渡る」 「危ない橋を渡る」の意味は、「 目的を達成するために、あえて危険な手段を使うこと」です。

Next