つくば フォーラム 2019。 初研究開発報告会「つくばフォーラム2019」を開催

つくばフォーラム2019

1Gイーサネットの速度をフルワイヤーレートで試験 遅延、ダウンロード、アップロード。 2017-09-01 09:00:00• NTTアクセスサービスシステム研究所に加え、共催団体、NTTグループなどから108団体 表 が参加し、最新の研究開発や技術動向の紹介、展示が行われました。 2019年10月31日・11月1日にNTTアクセスサービスシステム研究所(AS研)様構内で「つくばフォーラム2019」が開催され、例年通りサンレックも出展させていただきました。 2020. 2019-06-27 09:00:00• 多様な高周波数帯無線システムを収容するためのアナログRoF技術、将来アクセスネットワーク実現に向けた技術確立の方向性、プロトコルフリーな波長管理制御技術、光ファイバ環境モニタリングについて、お薦め展示として紹介しました。 また、オンサイトサポートのスマート化として、所内系業務と所外系業務を一本化する例を挙げました。 ワークショップ1 NTTドコモ 5Gイノベーション推進室 奥村幸彦担当部長が「5Gを用いた新しいモバイルサービスの協創と社会課題の解決」と題して講演しました。 青柳所長は「その他、自設基準局設置により利用衛星数を増やしている。

Next

「つくばフォーラム2019」に出展しました。

次に、AS研の展示の中でも特に注目の技術をピックアップしたい。 29 お知らせ• blog記事• 中でもデジタルトランスフォーメーション DX: Digital Transformation はビジョン2020を達成するための柱であり、DX enablerとしてお客さまを支え、お手伝いすることで新たな価値を提供し続けるための大切な取り組みであると述べました。 2020. このAMCC信号はどのようなプロトコルの信号にも付加できるので、プロトコルフリーな遠隔管理制御が可能となる。 2017-07-25 09:00:00• 青柳所長は「こうした事例を重ねながら、地下の設備、地上の設備のセンシングデータや周辺の環境情報を取得、可視化し、地域の環境情報として活用できる技術にする」と今後の展望を話している。 ご来所にあたりましては、をご参照の上ご参加の申し込みをお願いいたします。 写真4 技術交流サロン 展示概要 AS研からの出展にとどまらず、共催団体およびNTTグループ各社の最新の技術に関する展示が行われました 写真5、6。

Next

つくばフォーラム2019Preview【青柳所長インタビュー】(2)

工場、学校、病院、オフィスといった施設内のすべての時で正しい時刻を表示し、一元的に監視・管理が可能になります。 Wi-Fi2. ワークショップ2 NTTアクセスサービスシステム研究所 アクセス運用プロジェクト新居丈司プロジェクトマネージャが「アクセス系における新たな運用を目指した研究開発」と題して講演を行いました。 これにより、マンホールの蓋を打撃することでそのマンホールの位置を光ファイバセンシングにて検知できたという。 今年度も日本コンクリート工業㈱をよろしくお願い致します。 開催概要 展示会名称 つくばフォーラム2019 会期 10月31日 木 10:00~17:00 11月1日 金 10:00~15:30 会場 NTTアクセスサービスシステム研究所(つくば市) 出展位置 E-3会場 小間番号:D-13 主催 日本電信電話株式会社 ご来場方法について 『つくばフォーラム2019』へのご来場は、事前登録が必要となります。

Next

英語インタラクティブフォーラム茨城県大会を開催しました

さらに、FASAの適用例として、モバイル基地局収容PON Passive Optical Network やVirtual OLT Optical Line Terminal を紹介しました。 従来のPoE対応モデルに加えて、無線LAN対応モデルも発表。 今のアクセスネットワークを支えていく短期的取り組み、将来のアクセスネットワークを切り拓く中長期的取り組みについての展示を通じ、アクセスネットワークの変革を共有できる場として充実したイベントとなりました。 また,各TFの活動や「第17回世界湖沼会議展示会」,「つくばサイエンスコラボ」,「第12回つくば3Eフォーラム会議」について報告がありました。 安全性、ダイバーシティを考慮し、作業性を重視した、興味を引く会員各社の最新の取り組み状況を紹介しました。 2017-04-08 09:00:00• また、環境情報との相関をとるための様々なケースの測定データを蓄積する必要もある。 2020-04-21 15:29:00• 2019-12-20 09:00:00• 最初にNTTコミュニケーションズの推進するビジョン2020の概要について紹介しました。

Next

『つくばフォーラム2019』に出展します

熱源最適制御システムの開発 大規模施設の熱源システムの運用や管理は、運転監視員の経験や過去の実績に基づいて行われていますが、少子高齢化による人手不足、技術継承などの課題があります。 レジン製品の実物に触れていただきながら、NTT・通建会社の関係各社様にレジンコンクリート製品をPRさせていただきました。 率直なご意見・ご助言を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。 2016-10-17 09:00:00• つくばフォーラム2019 運営事務局 つくばフォーラム2019ガイドブックのPDF版 約2. 写真7 屋外展示会場 NTTアクセスサービスシステム研究所 技術ごとに展示を3つのコーナーに分け、AS研の研究開発成果を幅広く展示しました 図。 12 講演資料のダウンロード可能期間は、11月12日をもちまして終了いたしました。

Next

【告知】つくばフォーラム 2019 に出展します。 作成日:2019年8月20日

経営陣と研究者との活発な意見交換をとおして相互理解が深まり、研究開発の方向性を確認することができたほか、開発技術の新菱グループでの展開方法や事業化に向けた課題についても活発な議論を行いました。 会場は立ち見が多数出るほどの盛況ぶりで、多くの聴講者から「参考になった」との意見をいただきました 写真4。 AMCC信号は主信号と異なる周波数を使うことで、主信号に影響を与えずに、シンプルな構成で管理制御を実現できるという。 2017-06-15 09:00:00• ワークショップ3 NTTアクセスサービスシステム研究所 無線エントランスプロジェクト 鬼沢武プロジェクトマネージャが「多様なサービスを支えるワイヤレス技術」と題して講演を行いました。 2020-01-03 09:00:00• 10回目の開催となる今回は、国内外14拠点をWeb会議システムでつなぎ、200名以上が参加。 2017-10-27 09:00:00• また、1カ月当りの故障修理対応の派遣数を光心線融着化などの導入により年々減少させてきたこと、現場の故障修理稼働や線路保守稼働などの業務量を見える化することで生産性を向上させてきたことを紹介しました。

Next