沈黙の艦隊。 マンガ[沈黙の艦隊] が最後どうなったか教えて下さい!

漫画「沈黙の艦隊」を全巻読んだ感想:おもう。思う。想う。

そのムスタング2機のパイロットは兄弟であり、だからこそ息のあった操機と連携作戦が可能だった• 「沈黙の艦隊」でのクライマックスの一つは、北極海の氷の下での、アメリカ原潜シーウルフと「やまと」の戦闘シーンである。 しかし、ライバックの反撃に遭いあえなく死亡。 狙撃手(名称不詳) カメラマンに扮して国連本部内に進入し、演説中の海江田を暗殺しようとしたスナイパー。 英語記述は「The Silent Security Service from the Sea」 核兵器を保有した戦略原潜と、護衛・通信・広報を担当する攻撃型原潜で編成した艦隊を、世界の海に航海させる。 しかしながらその行動は、米ソ以下の大国を敵に回すことになり、原潜「やまと」と各国の精鋭部隊との戦闘がくりひろげらる、といったものである。 階級は大佐。 ニューヨークで「やまと」が沈没した際には「やまと」乗組員を全員救出した。

Next

マンガ[沈黙の艦隊] が最後どうなったか教えて下さい!

名前のモデルは。 主人公の滝城太郎は、特訓によってあみだした「新戦法」と黒い紫電改を駆って、タイガー・モスキトンに最後の戦いを挑む。 他の戦闘シーンについても、検証していないが、たとえば 1 の小沢氏の漫画からのパクリもあるのではないかと、疑っている。 『沈黙の艦隊』は週刊漫画誌「モーニング」で連載。 ライバックの作る料理を気に入っており、人としてもかなり信頼を置いているようで、「大統領に紹介したい」と語るほどだった。 旗艦である「」で指揮を執る。 階級は三等海佐。

Next

沈黙の艦隊 VOYAGE2

沖で、の潜水艦「やまなみ」がロシアのと衝突し沈没、「やまなみ」艦長の海江田四郎二等海佐以下全乗員76名の生存が絶望的という事故の報道は日本に衝撃を与える。 ロシアを母国と呼んでいるが、自分の英語を訛りだと言っている。 「沈黙の艦隊」の感想 たった1隻の潜水艦が国家となって機能するとどうなるか。 このため、ニューヨーク沖への5ヶ国原潜接近の報がサミットの席にもたらされた際、何が起こったのか理解できなかった。 政治と軍事を切り離し、軍事を超国家組織に集中しようとする考え。 ソビエト連邦海軍・ロシア海軍関係者 [ ] ユーリ・アンドロポフ ソビエト連邦海軍司令。 当初ベネットは、政軍分離の考えは自分も持っていたが、その主導権はアメリカが持っていなければならないと考えていた。

Next

沈黙の戦艦

深町らに「たつなみ」で「やまと」の追跡及び護衛を命じたり、「やまと」のニューヨーク入港の際にニューヨークへの派遣を命じる。 なぜか自衛隊がを持っている。 ディーゼル式であるため、アメリカ海軍の原子力潜水艦及び、目標であるシーバットの足の早さについていくことが出来なかったり、酸素供給の問題から追撃を諦めなければならない場面を見せた。 しかし経験不足のため、電話に応じたクリル中佐に言いくるめられてしまい、交代の者が来ると信じて待っていたが、ライバック抹殺のために現れたケイツとジグスに射殺されてしまう。 党に絶対忠誠を誓っている。 自衛隊出身の日本人であるが、「シーバット」は米海軍所属の艦なので、海上自衛隊の制服の上に米海軍のキャップをかぶっている。

Next

【ネタバレ注意】マンガ「沈黙の艦隊」は最後はどうなるのか?

沖縄沖海戦時の海原らとの日米緊急首脳会談上では汗一つかかない態度を見せる。 絵コンテ - 、、、、外山九市• 「たつなみ」・「やまなみ」 実在 [ ]• 海自一のソナーマンを自負している。 その後、「」も損傷させたが、「やまと」の入りのハープーンで電子機器が狂わされた隙に魚雷攻撃を受けて「ミッドウェイ」を沈められたのを皮切りに、次々に艦艇を失う。 海上・海中の闘いと同時に、核戦争の恐怖や国際政治の覇権を巡る熾烈な駆け引きも組み込まれ、描かれる世界はミリタリーものから、ポリティカルサスペンス、さらにスタート時には思いもよらなかった「思考実験」の場へと拡がって行く。 僚艦「アレキサンダー」の戦術によって格好の位置から「やまと」へ魚雷を発射するが、その動きを読んだ「やまと」の雷撃を受け戦死する。 アイザック・ネイサンは、これを心理的核抑止と呼び、のように過剰に核戦力を蓄積するのではなく、SSSSには核軍縮を推し進める効果があると指摘している。 つまり、「沈黙の艦隊」は、「青の6号」のプレ世界を描いたものとして捉えることもできるということだ。

Next

沈黙の艦隊

ジャック・ターナー 声 - アメリカ大統領特別補佐官。 「大統領のマシーン」の一員として初めて紹介された際、名字が「ベイカー」でなく「ベイガー」になっているという誤記があった。 負傷したライバックを追い詰めて撃ち殺そうとするが、駆け付けたテートに背後から射殺された。 事実上、世界のすべてを敵に回した闘いが、大海原で、深海で、展開されるのだ。 目視や映像ではなく、各種レーダー機器による情報から状況を把握して戦うという戦闘は 緊張感があってとっても新鮮に感じたんだよなぁ。

Next