都営 バス。 都営バスとは

都営バスとは

20:16 発 20:47 着• 2003年には東京テレポート駅発着便の経路を従来の深川車庫経由から有明テニスの森・東京ビッグサイト経由に変更させ、東京ビッグサイトに立ち寄る形となり、東京テレポート駅発着便の多くが東京ビッグサイト折り返しに振り替えられた。 都営バス [品93] 大井競馬場前(バス)行• 多摩地域 [編集 ]• からはからの委託を受けて「しおかぜ」の運行を開始した。 この他、日デといすゞのを1994年に南千住と深川に初導入し、1995年に臨海、1996年度に北に増備、後年にはノンステップバスとして深川・北、そして新宿にも、さらには転属により小滝橋にも投入された。 同年度には装置を搭載したの実証運行が深川営業所で行われ、2011年にも実施された。 潮見駅を起終点として、北側の地区と南側の地区の交通不便地域を循環する。

Next

都営バスとは

には、深川にバス()を配属させ、海01・東16の両系統で試験運行したことが話題となった。 08:42 発 09:16 着• 深夜05系統 [ ]• この車はH代でも先行投入車に当たるため、前面の車番札がF代以前と同じ大型のものになっている(同年はも大型タイプ)。 2020年8月10日閲覧。 東京都交通局 プレスリリース、2017年2月24日• 19:02 発 19:35 着• 東京都交通局 2020年3月9日. (PDF)、東京都江東区公式HP。 なお、この際、従来設置されていなかった「前」と「」(現在の名称は「有明小中学校前」)停留所を新設した。

Next

都営バスとは

翌度には品川に、江東にの「らくらくステップバス」が配置され、のニーリング機構付きへ発展した。 晴03・晴05:晴海会場 - 東京駅八重洲口• 14:45 発 15:21 着• 度 X代 は3年ぶりにいすゞ・エルガ(QPG-LV234L3) が導入され、その後にエルガハイブリッド(QQG-LV234L3)が深川・品川・南千住に配置されたが、品川投入分は2014年9月に臨海へ、南千住投入分も2016年3月に新宿へ転出し、さらに深川投入分も2017年2月に臨海と青戸へ転出、この結果、同車種は全車がはとバス委託支所に配置されることとなった。 2020年8月10日閲覧。 (PDF)、東京都江東区公式HP。 バス乗換路線• ( 2020年4月) 海01系統 [ ]• 2020年4月1日閲覧。

Next

王55[都営バス]のバス路線図

東京都交通局90年史 : 21世紀への新たな飛躍 都営交通の10年、東京都交通局90年史編さん委員会、page427• (昭和54年):豊住操車所を開設する。 (始)• A- T 238 (品川) 営業所の 固有アルファベット 年式 固有番号 営業所 (例2) S-S165(深川) (例3) B-P001 最初の英字は前述した営業所の記号であり、上記例3ではBで渋谷営業所、例2ではSで深川営業所となる。 2020年3月30日. いすゞ・エルガ(QPG-LV234L3) を導入、初のいすゞ大型車となる青梅を含めたすべての営業所・支所に配置され、とくに杉並投入分は2014年11月に交付が開始されたの杉並ナンバーとなった。 なお、深川営業所・品川営業所の担当も継続される。 2代目エルガはB代が都営バス初導入となる。 :廃止。

Next

都営バス

2012年度より東京スカイツリー開業などによる大規模な改変が実施されたことに伴い車内放送の音声が変更された。 経路は国展系統の前交差点を左折せず、海01系統と同じ経由。 多摩地域では定期券の発売箇所が非常に少ないため、定期券の車内予約販売を行っており、購入用紙に記入して運転手に渡すと指定の日時の便で代金と引き換えに定期券を発売する。 (始)• 乗降方式は23区内と異なり、後乗り前降り、運賃後払い。 経路は国展系統の前交差点を左折せず、海01系統と同じ経由。 ハイフン以降後のアルファベットは導入年度、3桁の数字のうち百の位はその車の区分を示し、1 - 7は一般車(中型ロング車を含む)、0は貸切車とコミュニティバス、8は中型車 2018年に導入された中型エルガミオは車番がd513のため、例外 、9は特定用途車(又はフルフラットバス)に割り当てられる。

Next

都営交通ルート検索 |都バス 運行情報サービス

また、ビッグサイトも親路線である東16系統と別の乗り場が専用に設置されているが、小規模の場合は東16系統(臨時急行)扱いで運行され(幕は国展01系統のものを使用)、通常路線と同じ乗り場を使用する。 度に最初の超低床バスとなる、中扉に用スロープを搭載した「 都市型超低床バス」を8両導入、新宿営業所(現:)をはじめ5営業所に配置した。 36分• 深夜バス• 東京都では被災地支援のために2011年度に廃車予定の車両のうち62台を無償で譲渡することを決定した。 豊洲鉄鋼埠頭発着便は(昭和57年)に廃止となった。 長い間、本路線が台場地区における唯一の公共交通機関だったが、やなど都心側からの速達性の高い交通手段が整備され、と台場を経由で結ぶ(廃止され数年後に波01出入系統として復活)も開通した。 この頃もまだ以外の施設は見られず、利用客の中心は門前仲町から有明テニスの森(有明テニスの森ができる前までは有明中央)の間であった。

Next

都営バス深川営業所

新橋では業10系統と同じく、夜間の20時以降は数寄屋橋交差点での右折の関係で乗用車の右折が可能となり、右折車の渋滞が起きることから新橋駅前の停留所から出発し銀座通りを走る経路をとっていた。 最後の幕車となった専用車も12月までに全廃され、この時点で都営バスの全車がLED方向幕(一部はフルカラーLED)装備車となった。 いわゆる「自家発電」をしながらも併用して走行するとシリーズハイブリッドの中間型だったが、試験終了後に他の低公害車が投入されることはなかった。 には行先方向幕を大型化した冷暖房車が210台投入され、都電廃止時に大量投入された - に投入された車両が置き換えられた。 都営バス [品93] 大井競馬場前(バス)行• 都営バス [品93] 大井競馬場前(バス)行• これを機に系統番号を東16系統に改めて東京テレポート駅まで延長され、東京駅と有明・お台場地区を直結する路線として発展した。 前記したが、使用されたバスはT型フォードの11人乗りで「円太郎」の愛称で親しまれ、現行の都営バスのバスカードのデザインにも使われている。

Next