妻 の トリセツ 講談社。 『まんがでわかる 妻のトリセツ』(黒川 伊保子,井上 菜摘,堀田 純司)|講談社BOOK倶楽部

夫のトリセツの通販/黒川伊保子 講談社+α新書

このセリフのどこが悪いのか、男性脳にはわからない。 ついでに10年前のことまで蒸し返す。 その為のヒントが沢山有るので、自分に適したモノを実行したら良いと思います。 …「夫が妻からある程度DVされるのは仕方ない」とさえ言っているように聞こえますね。 毎月給料を渡し、毎週決まった日にゴミを出し、毎日同じように帰宅する。 話題沸騰の大ベストセラーが漫画で登場。

Next

『夫のトリセツ』(黒川 伊保子):講談社+α新書|講談社BOOK倶楽部

心なしか不機嫌でもあるようだ。 また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。 私はあなたの何倍も家事してますけどね。 --このテキストは、版に関連付けられています。 特に自分には最終章の最後「人生の正念場」という一章がとても染みたし参考になりそうでした。 そして、このもっともらしい言葉を並べられた本を買って、書かれているとおりに妻を取り扱うと、実際に夫婦関係がうまく行くのだと思います。 まあ、ある意味女性を機嫌よくさせておけば、家内安全と言える、ということではあるだろう、という感じの一冊である。

Next

妻のトリセツ (講談社+α新書)

最近のコメント• 猫がかわいいのは、手がかかるからだ」 「妻のトリセツ」が面白かったのでこちらが出た時は「そうそうそれそれ」と読むのを楽しみにしていました。 に より• 脳を装置として見立ててみると、男性脳と女性脳では回路のかたちや信号の種類がちがうから、当然、おなじ入力に対しての出力も変わってくるよ。 でなければ、大げさかも知れないがダーウィンの否定にも繋がる。 「愛してるから、君の言う通りでいい」って言いなさい。 そんな彼らのところにある日、 ソフトウェアのベンチャー企業を起こした友人から「テスターになってくれ」と 送られてきたのがスマホアプリ「脳科学で学ぶ 妻のトリセツ」。 私の言うことをちゃんと聞いて」 「好きにすれば」は同義語 例2「どうしてそうなの? たまに帰ってきて、黙ってご飯を食べて、また出かける。 何度も楽しめるストーリー漫画誕生! 【CONTENTS】 Lesson 1 理不尽な妻に対処する方法 Lesson 2 「妻はなぜ昔のことを責めるのか」問題 Lesson 3 共感スキルを装備すれば仕事にも役立つ Lesson 4 妻と楽しく買い物する方法 Lesson 5 人生でもっとも大きな出来事 Lesson 6 「名もなき家事」で離婚の危機に Lesson 7 妻と子がケンカしたとき、間違えるな! Lesson 8 母と妻が対立、夫に「中立」は許されない Lesson 9 この人と一緒に生きていきたい. 総合7位! 関連記事 最近、読んだ本 関連サイト 最近の投稿• 夫からすればはなはだ危険で、理不尽な妻の怒りだが、実はこれ、夫とのきずなを求める気持ちの強さゆえなのである(にわかには信じ難いが)。

Next

『妻のトリセツ』の内容とスッキリで炎上した理由とは!?

スポンサーリンク 科学的信憑性で攻撃される方もいらっしゃいますが、少なくとも身近な女性を見る限り「当たっている」と言わざるを得ないですね。 だからこそ、もし夫が『妻のトリセツ』なんて本を持っていたら、怒るどころか「私のことを理解するためにそこまで努力してくれたのか」と感激し、涙する女性はいてもキレる人はいないでしょう。 」「羽鳥慎一モーニングショー」「ノンストップ! カテゴリー• 対象は、今の夫と一生添い遂げる決意をした妻がメインとのことですが、老若男女、未婚既婚再婚離別死別を問わず、万人に役に立ち、かつ思わずクスッと苦笑いしてしまう内容だと思います。 刊行1ヵ月で10万部突破! 「話が通じない」「わかってくれない」「思いやりがない」「とにかく気が利かない」…… 腹立たしい夫を見捨てる前にこの一冊。 分からない、なぜ?と思った男性は要注意。 こういう内容の本が社会に受け入れられてしまうこと自体、 日本が「男性から女性へのDV・ハラスメントには厳しいが、女性から男性へのDV・ハラスメントには極めて甘い」 「妻から夫へのDVは、夫から妻へのDVほどは責められない」 理不尽な女尊男卑社会であることがはっきりわかります。 本書は、脳科学の立場から女性脳の仕組みを前提に妻の不機嫌や怒りの理由を解説し、夫側からの対策をまとめた、妻の取扱説明書である。

Next

夫のトリセツの通販/黒川伊保子 講談社+α新書

要は、本能(特質)を前提にした人間性の問題なのだ。 このような場面で、「言ってくれれば」の代わりに言うとすれば、やはり「ごめん。 それって、女性の本質を全然分かっていないからです。 それというのも、読んでいくうちに、そこは違うかなと感じる点もあって、平均的にはと考えた方が、気分が楽に読めるだろうと思ったからだ。 こっそり読むように推奨されていますが、女性目線だと、むしろ目につくように読んだほうが妻は喜ぶはずです。 たとえば「脳梁」で取り上げられたデータは、14人の調査に基づいた40年近く前の論文で、かつ多くの研究からすでに否定されているという。 日本中の夫と妻に大反響を巻き起こしている『妻のトリセツ』。

Next

楽天ブックス: 妻のトリセツ

ベストセラー『夫婦脳』『恋愛脳』の脳科学者が教える、理不尽な妻との上手な付き合い方。 著者は男性だったし、アメリカ人だったから、「そうできたらいいね」といった感想を持った。 「妻のトリセツ」に学びながら、彼らは妻との危機を乗り越えられるのか?笑いあり、涙あり、そして実生活でも役に立つ。 本書は、脳科学の立場から女性脳の仕組みを前提に妻の不機嫌や怒りの理由を解説し、夫側からの対策をまとめた、妻の取扱説明書である。 私の言うことをちゃんと聞いて」(「好きにすれば」は同義語) 例2「どうしてそうなの? 本書は、脳科学の立場から女性脳の仕組みを前提に妻の不機嫌や怒りの理由を解説し、夫側からの対策をまとめた、妻の取扱説明書である。 「女性は理不尽なものだから男はそれを受け入れろ。

Next

不機嫌な妻のトリセツ――あなたが妻を絶望させる禁断のセリフとは(黒川 伊保子)

<子育てパパとママのすれちがいのストレスを減らすには、まず、パパとママの脳のちがいを知ることから。 千差万別、十人十色という。 …でも妻トリほどのインパクトがなかったかなあ。 黒川伊保子氏は人工知能研究者と自称しているそうですが、疑似科学者とか似非科学者とよぶのがふさわしいようです。 この本は全男性が読んだほうが良いかもしれません。 私にも二人の息子がいますが、 ここ2,3年で 二人とも結婚しました。 しかし日本の家庭で妻から夫への精神的DVが横行している理由は、「脳の性差」よりも「社会的風潮」。

Next

妻のトリセツの通販/黒川伊保子 講談社+α新書

ぼんやりしていたら生き残れない」とし、「妻から放たれる弾を10発から5発に減らそうというのが、この本の目的」とおっしゃいます。 ウルトラマンである。 「妻が怖い」「妻の顔色ばかりうかがってしまう」「妻から逃げたい」という世の夫たちが、家庭に平穏を取り戻すために必読の一冊でもある。 いつも不機嫌で、理由もなく突然怒り出す。 奈良女子大学理学部物理学科卒。

Next