それ じゃ 僕 にとって 君 は 何。 Pretender 歌詞 Official髭男dism ※ public.ukcrn.org.uk

愛知編~2章~GOODBYE YOSHIO~

「じゃあさ、僕もひとつ言うけどさ……君は僕よりも頭が悪いんだね。 「プーと大人になった僕」。 私はさすが髭男だなぁと、あっという間に大好きな一曲になってしまいました。 歌詞 君とのラブストーリー それは予想通り いざ始まればひとり芝居だ ずっとそばにいたって 結局ただの観客だ 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 誰かが偉そうに 語る恋愛の論理 何ひとつとしてピンとこなくて 飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて 「好きだ」とか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ グッバイ 繋いだ手の向こうにエンドライン 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry... それでたどり着いたのが「Pretender」でした。 解釈 君と付き合うことは予想できていた。 &Pf. 龍神と蛇神が僕の中に住んでるんだよね。 程なく、どちらからともなく唇を離した。

Next

「君の運命の人は僕じゃない」|あゆみ / ayumimu|note

催眠かアヘ顔でしか抜けないみたいな奴のたわ言だ。 そして、再び僕の腕の中に飛び込んできた。 「ええ、好きですよ、君が」 僕は初めての言葉を口にする。 僕らはひかえめにライトアップされた駅前の広場で口づけを交わす。 何もしないが最高に何かにつながる」 と答えるプー。 それが普通の解釈ですが、ひょっとしたらもうずいぶん前に関係性が壊れている以上、すでにずっと前から 「僕にとっての君」はただの「彼女のような人/彼女のように思いたい人」だったのかもしれません。

Next

それじゃ君にとって僕は何?

弓月くんがそんなこと言うなんて』 「そうですかね」 言いつつも、自分でも少なからずそう感じる部分はある。 「僕は……… ヤシロが生きていてくれることが、望みだったのに」 勘違い、見当違い。 そういうそれぞれのひとのケースにリンクするものがあって、この曲がそのひとの人生にとってのお気に入りになってくれたら良いなと思いますね。 ま、これで審神者の資格剥奪だね。 また、今回の『コンフィデンスマンJP』は副題が "ロマンス編"。

Next

「君の運命の人は僕じゃない」|あゆみ / ayumimu|note

見た後で心がほんわかします。 そして、すぐに奇妙なことに気づく。 確かに僕にしては珍しいかもしれない。 4月30日発売の『ROCKIN'ON JAPAN』6月号にて、「『Pretender』ができるまで」というインタビューが掲載されるそうです!こちらも合わせて読んでみると、より楽曲を楽しめるかもしれません。 『どうして?』 再度、佐伯さんが問う。 ピアノを入れるとより曲全体がルで、自然な印象になると思うのですが、 今回「Pretender」はピアノに加えて、電気的なの音を多めに取り入れています。 だから、自分から君に「グッバイ」を告げます。

Next

Official髭男dism

楽曲の中にも「ロマンス」のフレーズが登場します。 携帯電話を耳に当て、立っている。 これだけの苦しい思いを抱えるなんて、僕にとって君はどのような存在なのか。 そんな想いが『君は綺麗だ』というひと言に込められています。 やっぱり、恋愛と騙し合いの相手が一緒になってしまったりすると、自分の感情に素直に動けない場面もあるわけで。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ 「Pretender」/Official髭男dism 藤原:映画を観て、二人の関係性に名前をつけるのは難しいことだと強く感じました。

Next

Pretender 歌詞 Official髭男dism ※ public.ukcrn.org.uk

そこで気まぐれにマンションを見上げる。 それがまさかこんなかたちで唐突なものになるとは。 ずっとそばに君がいたって、結局君は僕の人生の観客でしかない。 映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌にも抜擢されています。 刀剣男子とは比べ物にならないくらいの神格をもった神のね?もちろん、僕の神様たちだけどね? 「ま、がんばってね?見習い」 僕はニコリと笑みを浮かべた。 それでも。 藤原:うんうん、そうですよね。

Next

それじゃ君にとって僕は何?

このプーがなかなかの金言を放つんです。 」 今流行っているらしいOfficial髭男ism(髭男)というバンドの「Pretender」。 『……そっか』 照れたような佐伯さんの声。 この「ロマンス」が成立しなくても、目の前の君が「綺麗」であるということだけが事実なのが、なんとも悲しいです。 君に愛を伝えられたらいいのに。 『弓月くんの声が聞きたくて』 「さっき別れたばかりですよ」 『……じゃあ、切る?』 そこに車が一台、後ろから前へ。 「僕一人じゃ、止め方なんてわかんない」 ヤシロが居なきゃ。

Next