ファイアーエムブレム風花雪月評価。 『ファイアーエムブレム風花雪月』の海外での評価が高いもよう「シリーズ最高のローンチになるだろう」│SWITCH速報

ファイアーエムブレム風花雪月攻略ガイド

何者かから「英雄の遺産を手に入れれば代わりに娘を助けてやる」との取引を持ちかけられ、闇市で「ヴァジュラ」を入手してモニカを助け出そうとしていた。 本編をクリアした感想としては、 ・ストーリーが面白い ・支援会話(キャライベ)の数が多く面白い ・戦闘は難易度が低め ・戦闘が少なく作業感が強い ・雰囲気がペルソナに似ている ・FEシリーズ未プレイの方も問題なくプレイ出来る まず、私が1周目をクリアして思ったのは 『ペルソナ』シリーズに似ている点ですね。 自室から出ることはほとんどなく、講義の際以外は自室にこもって趣味に没頭している。 ベストカップルなんて真面目に議論し始めたら、論争になってしまいそうです(笑) そのたびに「FEというのは個人の妄想によってこれほどゲーム体験が変わるのだな」としみじみ感じさせられますね。 大修道院で生まれ育ち、長じてからは修道女となるものの、その体は病弱であり、大修道院から外に出ることもままならなかった。 好奇心旺盛で突飛な行動をとるため、セテスを困らせている。

Next

『ファイアーエムブレム 風花雪月』「煤闇の章」レビュー、より深く「風花雪月」の世界に耽るため用意されたご褒美

従来のシリーズファンはもちろん、公式サイトなどでPVやキャラクターを見てピンときた方や、JRPG好きの方が『FE』シリーズに触れるはじめの1作としておすすめしたい作品となりました。 ファイアーエムブレム風花雪月評価感想まとめ!全体的な評価をまとめると・・・。 5-4. 王国貴族ドミニク家の出身で、アネットの父親。 教会内ではセテスの妹とされているが、実際はセテスの娘。 5 システム 3. しかし、人々は後に女神の教えに背き、無益な争いを始めたばかりか己を神と称し、女神に戦いを挑んだ。 ヴァーリ伯爵家の嫡子。

Next

「ファイアーエムブレム風花雪月」海外の評価が低かった?メタスコアは?

シリーズの持つ魅力全てが一つ残らず失われたと言える。 特殊な仕掛けがあるマップも多い。 士官学校編で自学級に迎えた生徒は第2部でも仲間になる。 正体は神祖ソティスが最後に産んだ「女神の眷属」にしてセイロス聖教会の開祖である「 聖者セイロス」。 9歳の頃にコルネリアらに連れ去られて幽閉され、魔道の実験を受けた結果、ため息をつくと魔物を呼び寄せてしまう特異体質になってしまった。

Next

ファイアーエムブレム 風花雪月攻略wiki

なお、エーデルガルトが王国に亡命してきた際に一目も会えなかったのはランベールに邪魔されたからだとコルネリアに騙されていた、娘に会えるなら何を犠牲にしてもいいと願ってダスカーの悲劇に繋がった、ランベールとは夫婦でありながら二人きりで会ったことはないなど、様々に矛盾する会話が散見されるが、詳細は明らかにされていない。 口数が少なくあまり他者と関わろうとしないが、鳥や動物には心を開いており、よく話しかけている。 しかし、風花雪月では絶望的にこの世界観が薄っぺらく、作り物めいていて、全く没入感を得ることができません。 多くの民に慕われていた名君であった一方、急進的な政治姿勢により王国貴族の多くから反感を買っていた。 ゲームシステム面は、関連のものによる変化が目立つが、基本的には過去のシリーズに何度か出てきた "拠点" や "マイキャッスル" のようだと思って構わない。 遠くからの狙撃を得意とする。 第2部からは、「散策」での会話対象も自分が担任する学級に所属する生徒に限定されていきます。

Next

ファイアーエムブレム 風花雪月をクリアしたので評価とレビュー

攻撃対象と攻撃手段を選択し、敵ユニットと戦闘開始。 この際、ソティスと融合し女神の力を継承することで闇から脱出する。 この辺りにガッツリとフォーカスして解説していきます。 帝国に伝わる魔装"双頭鷲の重鎧"を身にまとい、人々を導く皇帝。 また、主人公が務めることになった修道院は(なぜか)士官学校の役割を果たしていて、(なぜか)三国どの国からも若者が入学しています。

Next

ファイアーエムブレム 風花雪月攻略wiki

もちろん、二次元キャラクターとの疑似恋愛を目的としている方々であれば、好きなキャラクターがしゃべっているならなんでも良し、という評価なのでしょうが。 エーデルガルト曰く「冷徹だが筋の通った人物」。 猛撃 計略に似ているが、範囲攻撃系が殆どで、発動の際はチャージのため1ターンその場に留まる。 (なぜか)ほかの国は存在しません。 女神が与えし「紋章」の力に翻弄される人間同士の争いに、剣や魔法、竜といった人外の存在が彩りを加え、さらには「士官学校編」と「戦争編」の二部構成を柱とする本作は、シリーズ伝統の西洋中世を彷彿とさせる世界観を受け継ぎつつも、過去作以上に濃密で重厚な展開が予想される。 イーハ大公。

Next