ライズ ボール 投げ 方。 ソフトボールを始めたい人必見!ボールの握り方・投げ方を徹底解説!

ライズボール

乱流側は圧力が低いため、ボールの進行方向を曲げる力が生まれます。 豪速球で知られた上野ですが、シュートで横の変化をつけて相手打者を打ち取ることも得意としていました。 西村信紀投手のライズボール 西村投手の動画第6弾、 「ライズボール」です。 スライダーを投げる際の注意点は、とにかくしっかりスピンをかけることを意識することです。 <ドロップボールの握り方・投げ方> ストレートと同じように握ります。

Next

ライズボール

ライズボールはドロップやストレートのようなトップスピンのボールに比べ、直線的な軌道を描くため、ボールが伸びてくる特徴を生かして打者が空振りしやすかったり、ポップフライで打ち取りやすい球種です。 人差し指と中指の左側だけをボールの縫い目に掛けることがポイントです。 野球のホップボールも浮く球と称されていますが、始点と終点の落差が少ないため浮いているように見えるんですね。 今回、ライズボールを誰でも投げれるように、そして上手く投げれなくても試合で使える 「なんちゃってライズボール」もご紹介していきます。 腰の使い方 ライズボールを投げるときは、腕を横に残すイメージで、腰の回転を利用してボールを投げることによって、回転がかかりやすくなります。

Next

ライズボール 投げ方

ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 バッターにとっては、打ちごろのストレートに見えていた球が、手もとで目の高さぐらいにまで浮いてくるため空振りしやすい球種と言えます。 ライズボールの練習方法 ライズボールの練習方法は遠投です。 ボールの基本的な握り方 まず、最初にソフトボールの基本中の基本であるボールの握り方について解説していきます。 ドロップボールの特徴・握り方 ドロップボールは、バッターの手もとでストンと落ちる変化球。

Next

【ソフトボール】ウインドミル講座

ストレートが、下回転で下に伸びるような球筋なのに対して、ライズボールは下から上なので、をバッターが意識しているときにライズボールを投げるときわめて効果的です。 スパイラルが乱れると、ボールは不安定な変化をしてしまい、伸びがなく、キャッチしにくいパスになってしまいます。 藤田倭選手、濱村選手、山根選手は分かりません! ライズのアドバイスもどき。 ライズはジャイロ回転です。 これはライズボールに適した投げ方をしているということがいえます。

Next

ライズボール

ただボールの回転数が多いので、とらえられると遠くへ飛んでいくのもライズボールの特徴です。 参考になるかわかりませんが、自分の投げている動画も貼っておきます。 上野投手もそうでしたし、自分もそうなりました。 チェンジアップ チェンジアップは少し落ちるだけで大きな変化はしませんが、ストレートとの球速差を利用することで打者のタイミングをズラすことができる変化球です。 ただ、初心者の場合は手首を曲げた方が回転が掛かりやすくなるので、手首を曲げた状態からリリースを行った方が良いかもしれません。

Next

ライズボールの投げ方(切る方)

ライズボールは腕を強く振ることによってボールを高く浮き上がらせることができるので、ピッチングを行うときは、腕を強く振ることを意識してください。 ストレートの場合、体の中心に軸をとり、それをキープして投げるイメージですが、ライズボールでは、軸を後ろにとって投げるイメージです。 親指に力が入らないように力を抜き、人差し指に力をかけます。 有効活用するポイントは、その日の調子、バッターの癖、審判の癖によって狙う場所を変えることです。 」 「打てる可能性のあるライズボールだけを狙っていました。 慣れてきたら、手首を曲げないでリリースした方が、バッターにも球種が読まれにくく、ボールの回転も多くなります。

Next

ライズボールの投げ方(切る方)

他にも山なりの投球にならないように下半身も鍛える、コントロールが難しいので制球の練習もするなどの対策が求められます。 ナックルは握りが特殊なために投げる動作の間にバレてしまうこともあるので、グラブで隠すなどの対策をする必要があります。 ピッチャーの球種ごとの握り方 ここからはソフトボールのピッチャーの球種と握り方について解説していきます。 2 3 4 バックスピンをかけるための大切な捻りである。 【関連記事】• 握り方はストレートと同じです。 これを「マグナス力」と言います。 腕が外から出てくるようなサイドスローはうまくいかないと思います。

Next