オセロニア最強デッキ。 【オセロニア】決死の一撃を決める!混合攻撃型デッキの戦い方・おすすめレシピ

【オセロニア】決死の一撃を決める!混合攻撃型デッキの戦い方・おすすめレシピ

自分の使っているデッキのプレイスタイルに合わせたリーダーを選ぶようにしよう。 吸収バフデッキ• 竜属性 通常攻撃にバフかけたい!• 5倍になる。 倍率1. 速攻竜デッキのような短期決戦のデッキ相手だと毒ダメージが存分に活かせない場合もあるので、デバフやコンボ封印をうまく使って対処しましょう。 扱いの難しさはAの神雷持ちのコスパの悪さにもあって、A駒でもけっこうなダメージが見込めるものの、いずれも楔の消費量が多い。 呪いデッキ• そこで一発のでかいダメージを出せる強力なフィニッシャー駒を編成しましょう。

Next

【オセロニア】最強A駒キャラランキング

竜統一速攻デッキ、暗黒竜デッキ 戦い方とデッキコンセプト 序盤から魔フェリヤを辺置きすることでその後は毎ターン1200の毒ダメージを与えるづけることが可能です。 3倍の全属性オーラバフ プレミアム 1. また、 ニューイヤー・蘭陵王よりもATKが低いので、手駒ロックからリーダーを守ることもできます。 自分に呪いを付けたい!• また、発動条件のない「」を持つ「」や「」を編成しているので、相手にしっかりとダメージを与えることが可能です。 毒バフデッキ• 通常攻撃ダメージの1. A 初期キャラ・竜コレ 【スキル】2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。 HPを大きく削られても、高い吸収量で回復しつつダメージを与えることができます。

Next

【オセロニア】最強の魔デッキ!魔フェリヤデッキの戦い方・おすすめレシピ

B駒ではサマー・アマリアもニューイヤー・蘭陵王よりATKが低く、1. 中盤は耐えながらダメージを与えていく 「召喚デッキ」では、「」の「」が発動するまでに、 ダメージを出来るだけダメージを与えつつ耐久することが重要になってきます。 序盤は「」などの毒に加えて、「」の特殊ダメージスキルでHPを削っていき、中盤以降は「」や「」などのフィニッシャーで大ダメージを与えましょう。 コンボ導線を張り巡らしつつ、中盤から終盤に火力で押し切ることが基本的な戦術となります。 5点 - 竜 7. 「」「」等の強力な呪い駒を多数採用し、相手の手駒を呪い続ける戦い方となります。 。

Next

【オセロニア】納涼メフィストデッキのレシピと使い方|ゲームエイト

また神統一攻撃デッキでは、オーラスキル 攻撃力がアップする を持った駒をリーダーにします。 3倍になり、最大で2倍になる。 「」や「」といった全体火炎スキルを持つ駒がキーとなり1ターンで大幅にHPを削ることができます。 リーダーバフスキルを持つレア度Bのキャラ一覧. 高火力の竜駒をX打ちし、短いターンで攻め切るデッキとなります。 なお、ここで紹介しているのは、一般的によく使われるものを対象としてしている。 ATK調整とは ATKの低いオーラスキルを持った駒を手駒ロックによって盤面に引きずり出されないように、リーダー以外の駒をリーダー駒より低いATKになるようにレベルを調整すること。 レジェリーダーのデッキも少なくないが、進化ルキアに引っかかるリスクがあるところには注意したい。

Next

【オセロニア】決死の一撃を決める!混合攻撃型デッキの戦い方・おすすめレシピ

このターン与える通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 S駒では[進化]ヴィクトリア、A駒ではエンデガなどが代表的ですよね。 4倍、かつA駒であるニューイヤー・蘭陵王がベスト。 獄炎スキルの登場により「火炎デッキ」が苦手とする 短期戦向けのデッキにも対応することができます。 S 逆転コイン 【スキル】自分のデッキの駒がすべて竜属性のとき発動できる。

Next

【オセロニア】盤面を燃やし尽くせ!火炎デッキ(竜型耐久デッキ)の戦い方とおすすめレシピ

この種のリーダーの場合は、神駒をメインに編成して、耐久しながら確実にダメージを稼いでいくことができる。 最大HPに依存してダメージを与える駒を多めに編成するデッキにおすすめだ。 また、毒ダメージに合わせて[闘化]ベルゼブブなどの呪いでもダメージを稼ぐこともできます。 決戦でよく使うアンデッド駒や、コスト30の絶望決戦駒などは、選定から除外しているので留意してほしい。 カップ戦など、進化ヨシノやフルカスが使えないときに起用してみよう。 A 決戦イベント 【スキル】ターン開始時、盤面に自分の魔駒が1枚もないときに発動できる。 次点で倍率1. これらの駒が序盤から手駒にきてしまうと、盤面に出す駒がなくなってしまう状況におちいりやすいです。

Next