ニセ ウルトラマン ベリアル。 ザラブ星人

ウルトラ戦士の偽物「ニセウルトラマン」の系譜

真っ赤なニセモノだ」と見破られていた。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ニセウルトラ兄弟とは、OV作品「ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロvsダークロプスゼロ」に登場するロボット兵器。 結局、ゴモラの超震動波を受けて元の姿に戻る。 124特別付録 宇宙船 YEARBOOK 2009」『宇宙船』vol. 等身大時には、地球人の言語を理解するために耳を出している。 劇中では単に「ベリアル」と呼ばれた。 48, 「ウルトラマンベリアル アトロシアス」• ウルトラ戦士の抹殺と宇宙支配を企む。

Next

ニセウルトラマンベリアルがタイガに登場する?

サロメ星人は、本物のセブンが出てきたときには「いくら本物でも、我らがセブンの敵ではありません」と自信ありげな発言をしており、実際ボディ風車を受けて海に墜落したニセウルトラセブンを本物と勘違いし、近寄ってきた本物のセブン(サロメ星人の宇宙船を破壊するために近づいていた)をニセウルトラセブンと間違えて「我らのセブンだ!」と喜ぶなど、自信過剰なところがある。 」、第103話「大暴れベリアル軍団!我らダークネスファイブ!! そのことを受け、ケイに失望の念を伝えつつ失敗をあがなわせようと、6つのウルトラカプセルを取り込ませる。 その後は地球上で激戦を繰り広げ、ロイヤルメガマスターへフュージョンライズしたジードのロイヤルエンドを受けて爆発する。 関連項目・関連キーワード 悪トラマン(悪役であるウルトラ戦士の通称)一覧. 書籍『ウルトラマン ベストブック』では「300キログラム - 2万トン」と記述している。 ウルトラマンベリアル(エタルダミー) [ ] 映画『』に登場。 戦力増強を図ったGUYSが用意したプロトマケット怪獣の1体で、なんとウルトラマンメビウス本人をマケット怪獣としたもの。 最後は身体を炎で包んで特攻する シーザー・ファイヤーで道連れにしようとするが、ウルフのダブルUで首と胴体を切られる。

Next

ニセウルトラマン

224、232, 「ウルトラマン 怪獣・宇宙人大図鑑」• は撃てないため、素手で立ち向かって劣勢におちいる。 『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場するザラブ星人 [ ] 映画『』に登場。 ウルトラマンアグルの幻影であり、藤宮を味方に引き込むことに失敗した超空間波動生命体クインメザードが、追跡してきたガイアを迎撃する為に生み出した。 8, 「ゼロダークネス」• 声は宮迫が担当している。 『ウルトラマン ベストブック』、1993年9月5日。

Next

ニセウルトラマン

その他 [ ]• 体重:6万トン 本作の敵であるエタルガーがゼロの記憶から生み出したエタルダミーとして登場。 『ウルトラマンフェスティバル2014』ライブステージ第1部ではジュダと共に出現し、ウルトラマンゼロと戦う。 『ウルトラの常識 ・篇』監修 、〈双葉社廉価版シリーズ〉、2012年3月18日。 また、百体怪獣の左角を構成する怪獣の1体となっている。 2011年5月5日に円谷ジャングルとアリオ八尾主催で開催された『ウルトラダークヒーローショー』では、他のウルトラシリーズのダークヒーローたち(、、、)との共闘が描かれた。 巨大な姿でも耳の突起が残っている。

Next

ウルトラ戦士の偽物「ニセウルトラマン」の系譜

歴代ザラブ星人で唯一にして初の光線技を披露するも、気力を振り絞って変身したメビウスと戦った末に、 怒りのメビュームシュートを受けて倒されたが、宇宙人連合の作戦である「メビウスの冷静さを失わせてエネルギーを無駄遣いさせる」 という目的自体は完遂した(自分が倒されることは想定外だったであろうが)。 140特別付録 宇宙船 YEARBOOK 2013」『』vol. これは後のゼロダークネスと化して以降も同様。 24, 「宇宙人名鑑」• 第2部では一時的にウルトラ戦士側に就き、ダークネスファイブと共にベロクロンと戦い、デスシウム光線で倒した。 最後に肩のマッサージを要求するが、その位置を判別しにくい体型が整体師を困惑させることになる。 , p. 160-161, 「エピソードガイド第18話」• 酉澤は子供の頃にザラブ星人を見てのイメージを抱いていたことから、筋肉に岩のイメージを加えている。 デスシウムショット 掌から放つカッター状の破壊光弾。

Next

ニセウルトラマン

神戸の人々やCREW GUYSの面々はメビウスと勘違いして動揺していたが、 サコミズ隊長にだけは前述の通り「目つきが悪い。 『ウルトラゾーン』に登場するザラブ星人 [ ] バラエティ番組『』では「怪獣マッサージ」、「THE LOVE」に登場。 『丸山浩特撮デザインワークス』洋泉社、2019年12月6日。 こちらでは現在の姿になる前のアーリースタイルの姿で登場した。 52, 「怪獣大図鑑」• 『新ウルトラマン列伝』第49話 行方不明だったジャタールが戻ってきた直後に姿を現す。 『ウルトラQ』第13話の登場個体。 』 フーマ:『なあ、その理屈で行くと一番狙われやすいのってベリアルの 遺伝子から造られたジードじゃねえか?何か心配になるんだけどよ…』 タイガ:『ジードなら大丈夫だろ。

Next