フォビドゥン ヴォーテクス。 フォビドゥンヴォーテクス

フォビドゥンガンダム

モニターが全天周型に近いものに改められ、死角が減っている。 フォノンメーザー砲• では、フレスベルグの一撃で複数のやを撃墜する活躍を見せている。 :キャラクターの心理面での洞察に一家言を持つ、いいちこさんのブログ :ガンダムシリーズ全般を応援されている翔人さんのブログです。 関連項目• 『機動戦士ガンダムSEEDモデルVol. なお、Vortexは英語で「渦」を意味する。 予めご了承ください。

Next

MS開発系譜図−第2期X200系編−

Schlag とはドイツ語で「打撃」の意。 ディープフォビドゥン [編集 ] 諸元 ディープフォビドゥン DEEP FORBIDDEN 型式番号 GAT-706S 全高 17. 3 SEED MSV編』ホビージャパン、2004年5月31日初版発行、93-94頁および142頁。 背部シェルの構面から伸びており、「尻尾」を連想させる装備である。 劇中での活躍 [ ] 地球連合軍の、が搭乗し、において初めて実戦投入される。 『月刊ガンダムエース』2004年6月号、角川書店、133-136頁。

Next

GAT-707E フォビドゥンヴォーテクスのこと : shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

店頭用PV『プラモーション』ではソードカラミティとともにストライクIWSPと交戦している。 3 SEED MSV編』ホビージャパン、2004年5月31日初版発行、126-127頁。 フォビドゥンで得られたを基に開発された制式採用。 後に80及びトリオシステムを搭載し無人機として機能している。 機体構造 [ ] 頭部 正面のV字型アンテナのほか、側面にもサブアンテナを有する。 前大戦後期の地球連合の量産機の多くがをベースにしていたのに対し、本機は主戦場が水中という事からX100系ではない新規設計による機体となっている。

Next

【楽天市場】フォビドゥンヴォーテクス 【 ガシャポン SDガンダムフルカラーカスタム10 】 バンダイ 【中古】:あきずむ楽天市場店

これはX105ストライクのシステムをより細分化させ、(、モビルスーツ・オペレーション・システムなど)、アーマー部位、携行・内蔵武装ら機体内外を改変しあらゆる環境に適応した機体を目指したもので 、その実証機としてGAT-X133 が誕生している ものの、後に連合内での万能機開発ベースはをメインとして計画に移行している。 ゲシュマイディッヒ・パンツァーの技術を応用したもので、エクツァーン砲身に設置された誘導装置の磁場干渉によって、ビームの軌道を自在に偏向する事ができる。 「SWORD CALAMITY GUNDAM」と記述した資料もみられる• 47m 119. フォビドゥンブルー [編集 ] 雑誌『月刊ホビージャパン』連載の模型連動企画『機動戦士ガンダムSEED MSV』において初登場した。 武装は水中での戦闘を考慮し、それに合わせたもので構成されている。 メカニックデザインは大河原邦男が担当した。

Next

GAT

エネルギー偏向装甲「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」 パック両に搭載されている対防御用装甲。 設定画稿を参照。 75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」 連合軍及び国防軍の戦艦、MSに標準装備される近接防御機関砲。 47m 材質 トランスフェイズ装甲 バッテリー• -- 名無しさん 2014-11-22 19:07:20• 武装 誘導プラズマ砲「フレスベルグ」 パックに内蔵された高出のであり、エクツァーンに装備されている誘導装置による磁場干渉を利用することでを曲げながら撃つことができる。 その対ビーム特性からフォビドゥン 禁断 の名を持つ。 実は後期T-Xでこれを持っているのはフォビドゥンだけ。 諸元 ソードカラミティ SWORD CALAMITY 型式番号 GAT-X133-01 (初号機) GAT-X133 (2号機、3号機) 全高 18. 最終決戦に投入される機体として、フォビドゥンやレイダーとともにに起因する機体名を冠されたとする資料もみられる。

Next

GAT

だが形勢が逆転し、軍側が不利になっていくとフォビドゥンテクスも押され始め、との連携で1機が撃破された。 また、使用の際にはミラージュコロイドのミストを周囲に噴霧しており、バックパックには散布したビーム偏向用のミラージュコロイドを制御する電波発生機能を持つとした資料もみられる。 「フレスベルグ」の弾道を曲げるための磁場発生器としての役割も持つ。 高速強襲形態では背部の装備をすべて使用可能としているが、その反面、腕部の可動域が狭まる事からアルムフォイヤーやニーズヘグの使用には適さない。 その対ビーム特性からフォビドゥン 禁断 の名を持つ。 誘導プラズマ砲「フレスベルグ」 背部ユニットに内蔵された高出力ビーム兵器。 エネルギー偏向装甲「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」 フロントスカートと脚部にもミラージュコロイドの噴出装置が増設され、機体の全方位に対ビーム磁場を展開することができる。

Next