リスト ハンガリー狂詩曲。 第416話 『ハンガリー狂詩曲(管弦楽版)』 リスト

リスト ハンガリー狂詩曲 16.イ短調 動画集

実際1830頃までのおよそ3年間のリストの消息についてはほとんど記述されることがないが、ジェラルディン・キーリングの調査によって27年から30年までの間にリストが度々演奏会に出演していることが明らかにされている(Keeling 1986)。 私自身は、どちらかといえばオーケストラが演奏する管弦楽版が好みです。 実際にリストの作曲した歌曲の多くはドイツ語のものでした。 ヴァイオリニスト、ハインリヒ・ヴィルヘルム・エルンストに献呈。 ピアノ:ジョージ・リー リスト「ハンガリー狂詩曲第2番」の解説 ハンガリー狂詩曲第2番嬰ハ短調S. 楽曲解説 - ハンガリー狂詩曲 第16番 イ短調 一般に「ハンガリー狂詩曲」の名で親しまれている作品集は全19曲からなるが、その創作は2期に分かれている。

Next

リスト「ハンガリー狂詩曲 第2番」|カラヤン&ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団|わたなびはじめの芸術的散歩道

しかしその場には常にかなりの数の生徒が聴講していて、ゲレリヒのようにメモをとっている者もいた。 この時期、リストは多くの苦難に襲われていた。 例年5月頃から夏にかけてはヴァイマル、晩秋からはローマ、2-3月にはペストでレッスンを行うのが三都市巡りのパターンだった。 そこでは盛大な晩餐会のもてなしを受け、ヴィクトリア女王にも謁見した。 それは総勢50人にものぼる作曲者の合作で、リストの曲は第24変奏として組み入れられた。 リストは65年5月、54歳の時に下級聖職者の位を授かるほど、篤信なカトリック教徒であった。 541-2の原曲 309 松の木が孤独に立つ 1855頃 独唱,pf 『唐檜が一人寂しく立つ』とも 310 彼女の瞳 太陽の日を受けよ 1855頃 独唱,pf 311 初めはほとんど絶望するところだった 1856 独唱,pf 1880年改訂 312 何と美しいひばりの歌 1856頃 独唱,pf 313 ヴァイマル民謡 1857 独唱,pf S. 第18番 嬰ヘ短調 遅いLentoのLassan、速いPrestoのFriss(Friska)の極めて単純明快な2部構成。

Next

フランツ・リストの有名な曲 解説と試聴

圧倒的に有名な2番は、フリスカの部分(後半の速度の速い踊りの描写)が非常に難しく、中身のつまった高速のオクターブ、連打音など、技術的課題が多いです。 アタウルフォ・アルヘンタ指揮スイス・ロマンド管 DECCA。 しかしリストが芸術家として影響を受けた人物はベルリオーズだけではなかった。 リストの考える「ハンガリー的なもの」とは、ジプシー楽団によって演奏された音楽であり、彼らは聴衆の求めに応じて土着の民謡の他、聴衆になじみの深い音楽などを「彼らのスタイル」で演奏した。 。 のちに一部は編曲も行われ(後述)、また第14番を元に、ピアノとオーケストラのための『』が編曲された。

Next

フランツ・リストの有名な曲 解説と試聴

いやむしろ、そのように対応することが不可避の時代だったのである。 パリ経由でヴァイマルに戻ったリストは2か月後にはルクセンブルクを訪れ、7月19日には生涯最後となるピアノ演奏を披露した。 2台ピアノ版あり S. 1954年録音。 楽曲構成は緩やかな前半(Lento a capriccioイ短調-Andante sostenutoイ長調)と急速な後半(Vivace assai嬰へ短調-Prestissimo嬰ヘ長調)からなる2部構成である。 よく演奏される曲の中の最難曲は、14番ではないかと思います。

Next

リスト「ハンガリー狂詩曲 第2番」|カラヤン&ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団|わたなびはじめの芸術的散歩道

この第2番でも「ゆっくり」を意味する 「Lassan(ラッサン)」と指示された重々しい前半部分から、「速く」を意味する 「Friska(フリシュカ)」と指示された後半部分では印象的な音楽がテンポを上げながら次々と演奏され、カデンツァを挟んだ後、熱狂的に終結します。 第1番。 が、演奏旅行に明け暮れる生活をやめ、作曲に専念することを決意する。 後半では変ロ長調に転じ、第5番に見られたようなオクターヴ奏法と単純な伴奏型のスタイルによって華々しく楽曲を閉じる。 ビュルガー詞。

Next

リスト「ハンガリー狂詩曲第2番」

「ピティナ・ピアノ曲事典」より 演奏家解説 - シフラ,ジョルジュ ハンガリー出身のピアニスト。 リストは全部で19曲の ハンガリー狂詩曲を書いていて、第1番から第15番は1853年に出版され、第16番から第19番までは1882年から1885年にかけて追加されました。 また、リストの功績は作品の演奏に限ったことではなかった。 リスト&ドップラー版の第2番S359-4は、ベルリン・フィルの 分厚い弦のユニゾンで始まる格調高い演奏だ。 137の改作 140 パガニーニによる超絶技巧大練習曲集 1838 全6曲 141 1851 S. しかしここで重要なのはリストがオーケストラ作品創作の意図をすでに18歳の時点で抱き、その後も計画遂行のために繰り返し奮闘を続けていったということだろう。 OIBP化された輸入盤2枚組のリスト作品集。 あなたなりの「ハンガリー狂詩曲 第2番」の楽しみ方を探してみてはいかがでしょうか? まとめ 絵画に興味を持ったのは国立西洋美術館で開催されたバーンズコレクション展がキッカケでした。

Next