あかし ウイスキー。 最近注目の【あかし】とは?続々と作られる新ウイスキーのポテンシャルがすごい

最近注目の【あかし】とは?続々と作られる新ウイスキーのポテンシャルがすごい

ベルギー人のステファン・ヴァン・エイケン氏は2000年に日本に移住して以来、ジャパニーズウイスキーの調査をつづけ、「Nonjatta」などのサイトで、ジャパニーズウイスキーに関する情報を発信しつづけているジャーナリスト。 味わいは ピリッと辛いのですが、一瞬でそのあと随分 スッキリと終わるので確かに 淡麗という表現が似合いますね。 ウィスキー『あかし』。 国内外からの注目を集めつづける江井ケ嶋蒸溜所を 海外のジャパニーズ・ウイスキー愛飲家から支持の高い、クリス・バンティングが訪れる。 ウイスキーファンからすると若干の物足りなさを感じるかもしれませんけどね。 ハイボールは、すっきりした癖のない味が最も合っているからです。

Next

WHISKY MEW

そのため、ご利用代金請求元の名義が、当ショップではなく、 決済代行会社【KOMOJU】(コモジュ)からとなりますので予めご了承下さい。 江井ヶ嶋酒造は、サントリー山崎蒸留所が設立された1924年よりも早い、1919年にウイスキー製造の免許を取得しました。 以前は4〜5月の春先にかけて麦焼酎が作られていましたが、ここ近年のウイスキーブームで需要が拡張したため、現在は焼酎の製造は中止されウイスキー製造に注力されています。 1919年にはウイスキーとワインの製造免許を取得しています。 海に張られた海苔網で生長した海苔を、生産者が収穫しているのだと。 これは強いお酒のあと水を飲むことで、喉を保護し、後味をすっきりさせるためです。

Next

ウイスキー『あかし』[定番~限定全16種類の特徴とおすすめの飲み方]

贈り物をご希望のお客様は恐れいりますが、 「ギフト対応商品」のカテゴリ商品よりお選びいただき、会員登録をしてご購入ください。 そして 1919年にはウイスキー製造免許を取得している。 その額を超えるご購入の場合は、他の決済手段をご利用下さい。 後に熟成庫は別の建物へ移設されることになるが、当時は熟成を含めた製造のすべての過程が一つの建物に収まっているという蒸留所としてはユニークなレイアウトを採用していた。 そして今回、『WHISKY RISING』日本版の発売を記念して、シリーズ第9弾目となる「あかし2015」(Akashi Sake Cask Matured)がついに発売される。 しかし、大手でなくても国内には優れたウイスキーメーカーがたくさんあり、「あかし」もそのうちのひとつです。 10種類以上の豊富なラインナップがありますので、予算予算に応じて豊かなバリエーションを楽しめます。

Next

あかしは手頃な地ウイスキー!気になる香りと味わいの評判を紹介!

飲む人が今後増えることで、口コミが広がり、さらに評価が上がってくるかもしれませんね。 あかしレッドに使われている原酒も、 スコットランドの製法をしっかり取り入れて作られており、 大麦もわざわざイギリスから輸入しているみたいです。 これは、同社が老舗のみならず、日本酒業界の先端を行っていたというエピソードとも言えるでしょう。 それぞれの樽の個性が奏でる、複雑で豊かな味わいはとても一言では言い表せない素敵なマリアージュになっています。 あかしの歴史 ウィスキー「あかし」を作っているのは、江井ヶ嶋酒造(えいがしましゅぞう)というところ。

Next

あかしウイスキーはまずい?味や飲み方とシリーズ11種類を比較!

若干 バニラや ビターも感じますが、 スッキリと余韻も短く終わるので キレの良い日本酒みたいな印象もありますね。 江ヶ嶋酒造が自信をもって造り続ける「あかし」は、本場スコッチスタイルの手法を守りつつ、日本酒の伝統的手法を取り入れた個性豊かな地ウイスキー。 道は平たんなばかりではないだろうが、日本のウイスキー業界の名立たる人たちが、今後のホワイトオークのウイスキーに多大な期待を寄せている。 サントリーが日本最古のモルトウイスキー蒸溜所「山崎蒸溜所」の建設を始めたのが大正12年(1923年)のことですから、まさに日本のウイスキー黎明期から取り組んできたわけです。 播磨灘と呼ばれる海域に面するこの地は、温暖な土地として知られ、古くから優れた湧き水と良質の米に恵まれたことから、江戸時代初期より酒造りが盛んでした。

Next

ホワイトオーク 地ウイスキーあかしをレビュー!コスパも良好で料理に良く合う

ピリっとするほどの辛口ですが、余韻はマイルド。 世界的なウイスキーコレクターである山岡秀雄氏らの翻訳によって、日本版として出版された。 にもかかわらず、「あかし」はとても海に近いウイスキーなのだ。 皆様ご理解いただけますようよろしくお願い申し上げます。 「今までは手頃な価格のウイスキーをつくってきましたが、これからは徐々にシングルモルトを増やしていくつもりです」 ホワイトオークは90年にもわたるウイスキーの歴史を経て、ここで初めて「あかし」というシングルモルトのブランドを世に送り出した。 米国コロラド州のブレッケンリッジ蒸溜所では、ビジネスの中核を女性たちが担っている。

Next