ロドリゲス ボクシング。 エマニュエル・ロドリゲスvsルイス・ネリ 井上尚弥の後を必死に追いかけるネリ

エマニュエル・ロドリゲスの戦績がすごい!井上尚弥とどっちが強い?

やると予感していて、その試合が実現します。 リカルド・ロドリゲス 戦績と強さは? リカルド・ロドリゲスの気になる戦績と強さはどうなんだろうか。 ロドリゲス選手は ザ・リングのバンタム級ランキングで4位に入っていますが、世界タイトルを獲得したばかりで世間的な評価がまだそこまで高くない印象です。 井上がボクシング界から無視されているように、プエルトリコもロドリゲスを軽視している。 ロドリゲスは被弾しても下がらず、距離を詰めてくる。 大方の予想どおりですが、1R目は「どうなる?」とロープを背負う部分もありました。

Next

リカルドロドリゲス(ボクシング)の戦績と強さは?井上尚弥の勝敗予想

85 1. 自身を優位と評価する声に対し、井上も「そうあまくない」と語っている。 ただこの選手の攻略法は先手を取ること。 各年度の 太字はリーグ最高 タイトル [ ]• Boxing Scene. 過去の戦績をみるとKOは少ないのですが、 直近の2月14日のカルロス・ナルバエス(Carlos Narvaez) 選手との試合ではKO勝ちしているので 調子はよさそうです。 com 2012年7月8日• この後は の試合 観たいけど流石に眠い… — 早坂卓真 Takuma Hayasaka Takma331 もうなんか雰囲気が違います。 ロドリゲスがロープに詰めて1Rを終える。

Next

エマニュエル・ロドリゲスvsルイス・ネリ 井上尚弥の後を必死に追いかけるネリ

ボブ・アラムのトップランクと契約しており、オーストラリアやアメリカ、マカオやイギリスを転戦。 マネージャーは。 オフにとなった。 ですが、その中で特段目立つ選手との対決はなく、これからの大物との対戦でさらに進化するかなと思います。 こんな奴にゴタゴタ言われたくない。

Next

エマヌエル・ロドリゲスの戦績と強さ!井上尚弥と比較してみた

ロドリゲスが積極的に主導権を狙おうとしているのが分かります。 井上尚弥VSルイス・ネリ戦は、見たいファンもたくさんいるでしょうから、もし決まれば盛り上がること間違いなしです。 大相撲 [7月16日 6:02]• 1Rロドリゲスが積極的に出てきて被弾もあり、アウェイのプレッシャーに飲まれたのかと一瞬ヒヤリとしました。 とはいえ、 ネリは攻撃時に顔面のガードがガラ空きになることが多くあることから、ロドリゲスの切れ味鋭い左フックは、何発かネリの顔面を捉えると思います。 今回のロドリゲス戦をクリアして再びタイトルマッチの舞台に上がることができるかに注目が集まる。

Next

ルイス・ネリvsロドリゲスはおもしろ過ぎるでしょ。ネリの連打かロドリゲスのカウンターか。派手なKOが観たいね【予想・展望】 │ Frentopia

そういった意味で、井上はボクシング界で最も過小に評価されているファイターであると言えるだろう。 (後で見るとアゴにあたったようです) 接近戦での左です。 昨日から2夜連続でボクシングの試合がTVで放送されますね! ボクシング、勝敗がわかりやすいので私はわりとみますw あんまり痛そうなのは嫌なのですが。 これまで、ロドリゲスが注目を浴びなかったのは19戦の中で、そこまで目立った相手との対戦がないのも理由の一つです。 速報のようで、あまり記者の意見が入ってないですね。 ロドリゲスがカウンターを当てるには? 特にルイス・ネリは山中慎介戦でのやらかしによって日本のファンから目の敵にされている選手。 いずれにしてもボディの弱さを感じました。

Next

井上尚弥 vs. ロドリゲス:過小評価されるこのカードを世界のボクシング関係者はもっと注目すべきだ

ルイス・ネリVSエマヌエル・ロドリゲス戦…果たしてどっちが勝つのか…今からワクワクです。 さらに残り44秒のところでもダウンを奪取。 相打ち?のような感じが多いです。 2018年3月の山中慎介戦で大幅に計量オーバーして、試合前にWBCの王座剥奪となったことは記憶にも新しいですね。 79、7奪三振を記録した。

Next

井上尚弥vsロドリゲス結果詳細速報!世界の反応は「確実にPFPトップ3」

com 2014年10月19日• のかな? 話題のモロニー戦は以下公式WBSSの3時間21分あたりからです。 5月5日、にて、()の王座返上に伴う世界バンタム級王座決定戦を、IBF同級4位の(イギリス)と行う予定だったが、前日計量でバトラーがバンタム級の規定体重である118ポンドを3. ただ、昨日の村田諒太選手の判定負けの ケースもあるので、油断はしないで 確実に勝利してほしいなと思います。 そろそろウェイトが苦しくなりそうやけどバンタム級にアップもあるのかな? アンカハスは当初の期待とは少し外れてきてる感があるんですけどチャンピオンとしては一流。 意外と攻めらたというか、ロドリゲスのプレッシャーのかけ方の方が強かったという感じ。 は開幕ロースターに入り中継ぎで26試合に登板したが、1勝2敗、防御率6. ジャブ、左フックとロドリゲスのパンチがよく当たる。 現IBFバンタム級王者であり、プエルトリコ出身、まだ26歳のバリバリの選手である。 海外の名無しさん 瞬きしている間に試合が終わった。

Next