在庫速報 com。 ピーク時は月間400万人が利用 マスクの単価を比較できる「在庫速報.com」誕生の背景

ヤマダ電機任天堂Switchあつ森セット在庫速報7/16|スイッチ抽選販売情報

リリース直後から大きな反響を呼び、月間400万ユーザーを突破。 当時、マスクは店頭からはなくなってしまったが、ECサイトにないわけではない。 特にiOS版アプリのダウンロード数は好調に伸びていたが、残念ながらアプリは削除されてしまった。 サイト上に「2日以内に発送」と書かれていた通り発送に発送され、3日以内に到着しました。 cocokarafine. cecile. リリース直後は「毎日のようにテレビに取り上げられ、目標もはっきりしていて、人の役に立っていることがうれしかった」と振り返った。

Next

5月6日【マスクの在庫&入荷:穴場ネットショップには高確率で在庫あり!】

アスツールは、通販サイトでの在庫から最安値を探せるウェブサービス「在庫速報. ピーク時には月間で400万人が利用 アスツールはスマホ向けのブラウザアプリSmoozを提供しているが、Webサイトをサービスとして提供するのは初めてだという。 また、マスクを買えない場合の通販情報もお届けします。 そのため「技術的な蓄積が少なく、やりながら学んでいった」と加藤氏は話す。 アルコール消毒液は1本あたりの価格ではなく、 100ミリリットルあたりの価格を比較計算して、安い順に表示されています。 在庫速報. どんなものでもネットで買える時代になり、情報があふれているために、どれを選ぶかという意思決定が難しくなっている。 comだが、リリースしたときは、ここまで大きな反響があるとは思っていなかったという。

Next

ピーク時は月間400万人が利用 マスクの単価を比較できる「在庫速報.com」誕生の背景 (1/2)

2016年にリリースしたスマホブラウザ「Smooz(スムーズ)は150万ダウンロード突破、2020年には「在庫速報. comは またも公開されています。 マスクはこれまで通り、 1枚あたりの価格で安い順に表示されています。 ただ、一時間以上並んだという人もいるようです。 例えば、 ネットショッピングワークマン、クリーマなどなどあまり聞きなれないかもしれませんが、知っている人には有名です。 comでアルコール消毒液を最安値で、確実に購入する方法 【在庫速報. 「この手のものを10年位前に作ろうと思ったら、何十人も必要だったかもしれないし、サーバも自分たちで用意しなくてはいけないかった。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 需給バランスを解消するサービスであれば、マスク以外のどんな製品でも同様のサービスが提供できる。 creema. 「需要がある限りはやっていく。

Next

「マスク在庫速報」アルコール消毒液にも対応して「在庫速報.com」に。通販サイトの在庫を単位あたりの価格で比較

また、「簡単に意思決定ができるようにしたかった」と加藤氏は言う。 現在、非常に重たいのでアクセスが非常ににしずらいです。 なお、Android版アプリは引き続き配信されている。 今回、新型コロナウィルスの問題が発生し、ネット上でマスク在庫を探すのに苦労した弊社開発者の一人より、本サービス開発の強い提案があったこと。 遅くなりました。

Next

ピーク時は月間400万人が利用 マスクの単価を比較できる「在庫速報.com」誕生の背景

この通知機能はウチには何の売り上げにもならないんですが(笑)、ユーザーが求めていることだと思うので」(加藤氏)。 また、3月27日にサービス名称を「在庫速報. 「マスクの在庫情報を可視化して、並べて比べられるようにしたら役に立つ。 「何年間も一緒にチームで取り組んできて、筋肉質な開発チームは作れていました。 当社は、今後も「在庫速報. ただし、新型コロナウイルス感染症の感染拡大以前は50枚入りのマスクが500円程度、1枚当たり10円程度で売られていたことから、通販サイトでの最低価格はほぼ新型コロナウイルス感染症発生以前の水準に戻ったと考えられる。 検索対応商品へアルコール消毒液を追加した。 そもそもアプリとWebサイトではプログラムで使う言語が異なる。

Next

在庫速報.com、高評価で手頃な価格の「おすすめマスク」や「フェイスシールド」の商品検索に対応

しかし、4月下旬から需給バランスが改善し始め、現在では多数の商品が掲載されるようになりました。 ECサイトの商品データベースに、マスクの枚数情報は登録されていないので、「タイトル(商品名)を言語処理して、枚数をデータベースに入れて、総計を割る形で単価を出している」という。 スマホ用のWebブラウザアプリ「Smooz」を提供するアスツールが運営するサイトで、大手ECサイトで販売されているマスクを、1枚あたりの価格で比べられることから支持された。 com」と「マスク通販最安値. 記載の商品名および社名は各社の登録商標です。 「僕自身、意思決定コストが嫌い。 com 国内でもコロナウイルス感染症が拡大し、店頭からマスクが消えてしまった3月下旬にリリースされたWebサイト「マスク在庫速報」。

Next