従たる給与についての扶養控除等申告書の提出。 従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書とは

2か所に同時に勤務する場合の従たる給与についての扶養控除等申告書

う~ん、ややこしいねえ。 所得税は引かれる?1. 控除を受けられるのは世帯で一人です。 この場合、保険料控除申告書は平成22年分であるのに対して扶養控除等(異動)申告書は平成23年分となっています。 […]• また「給与支払者の法人(個人)番号」と「あなたの個人番号」についてですが、2016年1月以降の年末調整ではこの欄にそれぞれのマイナンバーを記入する必要があります。 なお、扶養控除申告書には源泉控除対象配偶者(後述)を記載する欄がありますが、配偶者控除または配偶者特別控除を受ける場合には、別に「給与所得者の配偶者控除等申告書」を給与支払者(会社)へ提出する必要があります。

Next

扶養控除等(異動)申告書 主たる給与と従たる給与 : 税理士法人タカノ・高野伊久男公認会計士事務所 | 横浜・税理士

また70歳以上の控除対象扶養親族は「老人扶養親族」と呼ばれ、そのうち「同居老親等」と「同居老親等以外の者」に分かれます。 金額の端数処理 2. 給与の金額が2,000万円を超える給与所得者 年末調整の対象外であり、 確定申告を行う必要があります。 控除対象扶養親族とは? 控除対象扶養親族とは扶養親族のうち、16歳以上の年齢の人を指します。 [提出方法] 申告書に該当する事項等を記載した上、給与の支払者へ提出してください。 なお給与の支払者が法人の場合は、その法人番号をあらかじめ記載(または印字)して給与所得者に渡しても構いません。

Next

2か所以上の勤務先から給与収入のある方は、どのように源泉徴収をするのでしょうか。

(注)B社転職後も、引き続きA社でアルバイトをしていますが、A社はアルバイトですので、転職後は、B社を主たる会社として、扶養控除等申告書を提出できます (提出した時点で、以前A社に提出した扶養控除等申告書の効力はなくなります)。 ところがね、受けられる扶養控除の額が多くて、主たる給与からでは 控除しきれないという場合がありうるんだ。 上でも書いた通り、10年やっていて見たことありません。 毎月の給与と賞与から源泉徴収した所得税の合計額 年末調整によって年税額が確定した給与所得者は、他に収入がなければ税額の精算は終了し、 「確定申告」を行う必要はありません。 納税者と同一生計である• (つまり天引きされる源泉所得税はありません。 扶養控除等(異動)申告書の書き方を一から丁寧に解説 年末調整は原則として企業などの給与の支払者に対して、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」(以下、扶養控除等申告書)を提出した人の全員について行います。

Next

二箇所から給与をもらっている場合の確定申告

一[…]• なぜなら、扶養控除申告書の記載内容をもとに、その年の源泉徴収税額を計算するからです。 でも 乙欄だと3,200円になっていますね。 ここでのポイントは、左端の2ヶ所です。 一番たくさんもらっている給与が主たる給与となります。 「給与の支払者の名称(氏名)」には企業などの名前を書き、「給与の支払者の所在地」も給与所得者が記入して問題ありません。 (3) 扶養控除等申告書は、2カ所以上から給与の支払を受けている場合、そのうちの1カ所に提出します。

Next

Q48 転職等の場合の扶養控除等申告書、所得税、年末調整、確定申告

扶養親族は、六親等内の血族又は三親等内の姻族のうち、本人と生計を一にし、かつ、合計所得金額が 38万円以下の人をいいます。 確定申告の時に合算して計算します。 給与支払日を後ろに伸ばすと労働条件の不利益変更になる 1. )を限度とする。 まず「他の所得者が控除を受ける扶養親族等」の欄の書き方について見ておきましょう。 扶養控除等申告書の中段の書き方 扶養控除等申告書の中段は、控除対象配偶者や控除対象扶養親族についての情報を書く欄です。

Next

給与所得から差し引かれる源泉所得税

ただし主たる給与であっても扶養控除等申告書を提出しなければ、甲欄よりも高額な乙欄の税額が適用されることになります。 創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。 ふむふむ。 従たる給与についての申告書の提出要件 従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書は、なんの制限もなく従たる勤務先に提出できるか、と言えばそうではありません。 この申告書は、あなたの給与について扶養控除、障害者控除などの控除を受けるために提出するものです。 公益法人、学校法人、労働組合監査にも対応しております。

Next

[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告|国税庁

この「従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書」を提出しておくと、その提出した勤務先で給与から控除される源泉徴収税額が、提出前に乙欄で算出した源泉徴収税額よりちょっと少なくなります。 そして、年末には年末調整が行われるのですが、注意が必要です。 その年分の必要経費の合計額が65万円に満たないときは、65万円とする。 「B扶養控除欄」が「B控除対象扶養親族(16歳以上)(平8. 特定扶養親族…その年の12月31日に19歳以上23歳未満の親族(いればチェックをつける)• 控除対象扶養親族の種類 条件 一般の扶養親族 16歳以上 特定扶養親族 19歳以上23歳未満 同居老親等 70歳以上で、かつ納税者またはその配偶者の父母や祖父母などの直系尊属のうち、納税者またはその配偶者と常に同居している人 同居老親等以外の者 70歳以上で、同居老親等ではない控除対象扶養親族 扶養控除申告書の中段の書き方 それでは実際の書き方を見ていきましょう。 源泉徴収票? 源泉徴収票の「控除対象配偶者の有無等」という欄や「控除対象扶養親族の数」 という欄の中に「従有」や「従人」という欄が設けられているでしょ? あるね。 通達により、法違反とならない 2. ・・・・が、知らない人が多数。 主たる給与では、甲欄の税額が適用されます。

Next