関東 リーグ u13。 2019JリーグU-14:Jリーグ.jp

関東ユース(U

笑 ホテルに帰ってシャワー浴びて17:30-中華街で食事です。 いずれも関東や全国につながってくる重要な大会となります。 なんとか勝ちきってくれました。 レイエスにボールが渡っても、高い位置で坂本がボールをカットしエリア内へ齊名が顔を出すなどしていきます。 SC・柏エフォート・西砂青少年SC ブルーファイターズSC・ジョイフルSC 2020年02月20日 関東リーグ2020総会新型コロナウィルス拡大に伴う総会延期のお知らせ 日頃は少年サッカー・関東リーグの活動にご理解とご支援を賜り誠にありがとうございます。

Next

少年サッカー・関東リーグ1

2 テクニカルエリアを採用する。 10分には左サイドからのレイエスの攻めに。 フロンターレは、田所や知久、土屋がボールに触れながら、齊名が裏へ走り出す坂本へパスを入れるなどして、揺さぶりに。 32分に、23番白土大貴が右前線のスペースにパスを出し、そのパスに8番立川将吾が反応するもわずかに届かなかったものの、14番弓削翼も同じように中盤から、足元だけではなく、前線のスペースに対してパスを出して、味方とタイミングが合えば大きなチャンスにつながるような、スペースへのパスを出す場面が多く見られましたが、良い試みだと思います。 12 夏季の試合について、暑熱対策には十分配慮し、13時から16時のキックオフは避けた調整をする。 3 試合時間は60分(30分ハーフ) 4 ハーフタイムのインターバルは、原則として10分(前半終了から後半開始まで) 競技規則 1 (公財)日本サッカー協会の最新の「サッカー競技規則」による。 [シニア]• 12 [3種] 2018. やや雲行きの怪しい天候で、風が冷たく思ったより肌寒く感じる気候でしたが、試合中は、少し雨の降る時間もあったものの、比較的試合をする機構としては最適だったと思われます。

Next

ジュニアユース(U15)年代

良い攻撃、惜しい攻撃が繰り返される中で、6分に、10番シマブク・カズヨシが前線でキープし、8番立川将吾が中盤からゴール前に抜け出したところにタイミングよくパスを通し、しっかりシュートを決めて浦和が早い時間の先制に成功します。 川崎F高橋 宗杜、中原 章雅• 荒井が折り返すと、エリア正面、児玉からシュートを打つも右へ。 [2種 高校生年代 ]• [1種 一般 ]• いつもと違い、見る景色が違うので気持ちよく走れたかな? 横浜港では、テロ対策の海上訓練が大規模にやっていて迫力あるものが私は見えました。 昨今の育成年代では、如何に高いレベルでの試合で経験を積むかというところが重要ですので、通年で実施されるリーグ戦はより上のカテゴリを目指す、または維持するというのが自然な傾向だと思います。 クリアされ、シュートには至らなかったもののおびやかしていきます。 5 雷等で中断し、当日中に試合の再開が不可能な場合は、別途再試合を行うものとする。

Next

2019JリーグU-14:Jリーグ.jp

前回の試合観戦から1か月以上空いての観戦となるため、その間の5試合ほどを見ずにということと、前回観戦して敗戦したFC東京U15深川戦のイメージとの比較になってしまいますが、この試合のスタートは、その時と比べて、まず中盤の8番立川将吾のプレーが、前回は守備的になりすぎていてらしくないと感じられたところが、攻撃のイメージも強く持ちながら守備のところでも、中盤でのプレスの意識高く、パスを捌くという役割もできており、更に全体的な動きのイメージでも、前回は、個々が強くなってしまっていて、味方を生かすイメージが少ない印象があった部分も良くなっていたと思います。 24(土) ~ 2018. しかし、レイエスの選手たちもうまく対応していき、なかなかシュートなどにはつなげられず。 [日本女子代表]• [4種 小学生年代 ]• 関東ユース U-13 サッカーリーグは後半戦最初の試合となる第8節。 しかし、GK1が後ろからつないでいこうとするところを突いて、坂本がボールを奪うと、坂本から正面で受けた矢越が1対1に。 7 本リーグ中に警告を3回受けた者は、次の1試合に出場できない。

Next

高円宮杯 JFA 第31回全日本U

3 メンバー表は、試合開始30分前までに本部に3部提出する。 選手証とは、上記 2 で示したものに限る。 9月22日、等々力第二サッカー場で川崎フロンターレU-12が大谷戸SCに3-0で勝利した松村杯予選のあとは、隣の等々力第一サッカー場へ。 さらに矢越のパスに、知久が左サイド高い位置へ。 フロンターレは知久が最終ラインに下り、両サイドを高めに。 中学生年代(3種委員会) [3種] 2019. 折り返しを5が押し込み、1-1。 それでも、開始早々に8番立川将吾のインターセプトから9番樋口颯太への展開だったり、コーナーキックのチャンスで4番橋岡大樹が惜しいヘディングシュートを放ったり、10番シマブク・カズヨシがキーパーと1対1の形を作るなど、最初5分ほどは、浦和の追加点のチャンスは立て続けにあったものの、そこで決められないままに、7分に失点すると、9分にも失点を喫し2-3と1点差に迫られます。

Next

ジュニアユース(U15)年代

特に、前線で10番シマブク・カズヨシのところでパスが収まり、そこから攻撃がしっかり展開できたことが大きかったと思います。 東京フレッシュカップU13 チーム次第というところもありますが、 どちらかというとBチーム向けの大会としての位置づけかと思います。 7 試合結果については、試合終了後、速やかに当該試合の会場責任者が、連絡フォームにて送信すること。 FC東京むさし泉 新之助• 川崎F岡田 泰輝• また、として全国各地域でも開催されている。 中盤の齊名へつなげ、持ち上がった齊名から左へ展開。 レイエスが浮き球を入れたところを、土屋が頭で齊名へつなげ、そこから右の関田へ展開したり、田所の縦パスを受けた知久がうまく前を向いて、坂本へ縦パスを入れたりして、ボールを再び回していくフロンターレ。

Next