シャニます ss。 【シャニマス】【越境】薄い本とかSSで765PとデレPが仲良しな話はたいてい面白いな シャニPも混ざる日が来るのだろうか

【シャニマスSS】甘奈「甘奈たちのステキな進路」 : SS★STATION SSのまとめ SSの専門サイト

振り返ると、風のように笑っている彼の姿があった。 」 甘奈「じゃあ、甘奈が膝枕してあげるから寝ていいよ」 甜花「そんな... アイドルをプロデュースするといってもゲームの攻略からアイドルの情報までどこから手をつけていいかわからなかったりすると思います。 はい甜花ちゃん、あーん」 甜花「なーちゃん... 本気で思ってそうで怖いわ。 少し恥ずかしい」 千雪「ふふふ、すみません」 P「……あれ?」 千雪「どうかしましたか、プロデューサーさん」 P「いや、何でもないよ。 」 男子生徒B「減るもんじゃないし、いいじゃんよー」 甜花「あの... なので、それよりスキルを取った方が査定が伸びるので大体メンタル700~800くらいにしてスキルを取るのが主流です。 とっかかりはその情報からでもいいと思います。

Next

【シャニマス】評価値育成のススメ【SS達成記念】

ごめんね、甜花ちゃん……」 甜花「……駄目」 甜花「それは駄目だよ、なーちゃん」 甘奈「甜花ちゃん……?」 甜花「甜花ね……うまく言えないけど……帰ったら、駄目だと思う……」 甜花「二人だけの世界なら、寂しくないし、痛くもないけど……」 甜花「きっと、何か足りないと思う……」 甜花「だから、プロデューサーさんと……ちゃんと話さなきゃ……」 甘奈「でも、甘奈は……」 甜花「……喋ってたら……眠くなってきちゃった」 甜花「甜花、少しだけ眠るね……なーちゃん……」 甘奈「……甜花ちゃん……」 P「おーい甜花ー……っと、寝てるのか」 P「気を失ってるわけでは無いよな……?」 甘奈「うん。 」 甘奈「うん!一人で食べる甜花ちゃん偉い」 甜花「... これデータとして持ってる人いますか? 体感としては合ってると思ってます。 」 「い、いやその……う、嬉しいというか……」 「何が?」 「……円香から挨拶を返されるのが。 甘奈「甜花ちゃんさ、進路希望書いた?」 甜花「... そういうこと、考えちゃうんだ) 甘奈(やっと分かった。 いつか離れなきゃなんて分かってるよ。

Next

【シャニマス】評価値育成のススメ【SS達成記念】

ステージ映えもしそうだ」 千雪「さすがプロデューサーさんですね。 」 甘奈「もー褒めすぎだよー」 ギュー 甜花「ひうっ!?なーちゃん... 仕事用の服を一緒に買いに行ったことがあってな」 P「今日と似たような感じだ」 千雪「あらあら、プロデューサーさんも隅に置けないんですね」 P「千雪、からかわないでくれ。 」 zZZ 甘奈「言ってる側から寝ちゃった。 ・ SPノートは拾ったらすぐ始める 「シーズン終わりに貰えるノートは獲得アによって偏る。 安心しました」 甜花「千雪さん……ありがとう……」 千雪「ふふふ、どういたしまして」 P「よし。 本題に入る前のおまじないの挨拶のような、適当に時間を埋めるための代替品。

Next

【シャニマス】SSRサポートアイドルランキング!

それ以上に、その……」 甘奈「プロデューサーさんと千雪さん、お付き合いしてたりするのかなって」 P「そんな風に見えてたか?」 甘奈「うん。 これが 恒常や イベ産だとパッシブなので査定が高くなりますよって話です。 なりたいなーってのは... 限定が多いこともあってパッシブ、ライブスキルを全部取っても査定が思うように伸びない。 」 甘奈「だって嬉しいんだもーん。 任されました……!」 甜花「うん……お願い……しましゅ……」 P「よし、移動するぞ。 甜花、なーちゃんに... 私に届く光は、弱まった光をさらに希釈して最後に残った余り物。

Next

【シャニマス】SSRサポートアイドルランキング!

WINGで、Sランク周回、Pカップでは 【花笑み咲匂う】【星掬い藍仰ぐ】のオーディションマスタリーがとても役に立つ。 ひとりできちんとできるように... それじゃあ全員揃ったことだし、ここらのお店で遅めの昼食にするか」 千雪「いいですね。 各評価値はそれぞれ以下です。 じゃね」 女子生徒A「じゃねー」 甘奈... それ、甘奈のせいだよ……」 甜花「そんなことは……」 甘奈「そんなことあるよ」 甘奈「甘奈が甜花ちゃんに、暑い格好をさせたせい」 甘奈「それに気づかずに、ずっと連れ回してたせい」 甜花「……」 甘奈「ごめんね、ごめんね……! 甜花ちゃん……!」 甜花「……なーちゃん」 甘奈「甘奈、どうかしてた」 甘奈「プロデューサーさんと千雪さんのことが気になって、全然甜花ちゃんのこと見てあげられなかった」 甘奈「こんなの、甘奈らしくないよね……」 甘奈「……甜花ちゃん。 食べさせてあげるから」 甜花「... よく考えたら温泉完凸したので真乃でやればいいんじゃないか。 ペットボトルの水を二口流し込み、蓋を閉めて彼に手渡す。 Pチャンがティンとくるような好みの記事がきっと見つかるはずです。

Next

【シャニマスss】夏影【樋口円香】 : ポチッとSS!! SSまとめ

大丈夫」 甘奈「はぁ... その日、甜花も行っていいかな?」 甘奈「んー! 絶好のデート日和だね、甜花ちゃん!」 甜花「うん、いい天気……」 甜花「だけど、なーちゃん。 千雪、水分補給の準備を頼む。 DaVi上限150 SPは常に枯渇するのでユニットマスタリーSPはかなり強力。 帰納的な推測は、始まりの日がないと締まらないのだけど。 次のお店行こうか」 千雪「? はい、分かりました」 P(チラッと見えた二人組……気のせいか?) 甘奈「甜花ちゃん!」 甜花(……! 意識が……飛ぶところだった……) 甜花(……実は半分くらい、飛んでたのかも……でも……) 甜花「なーちゃん……大丈夫……ちょっとフラッとしただけ……」 甘奈「無理しちゃダメ! 全然大丈夫に見えないよ……!」 甘奈「こういう時は……えっと……!」 甘奈「水分補給して……それから……! でも、その前に救急車を……」 P「落ち着け、甘奈」 甘奈「……! プ、プロデューサーさん!? どうして……」 P「担当アイドルの様子がおかしかったらすぐに気づくさ」 P「そんな事より甜花だ。

Next