新幹線eチケット。 北陸新幹線が半額 e5489専用で「eチケット早特21」「eチケット早特14」発売へ JR西日本

新幹線キャンセルは何分前までできる?「きっぷ・eチケット・指定席・自由席」チケット種類別にキャンセル・払い戻し方法を解説

nimoca• J-Debit(ジェイデビット)は利用できません。 予約したチケットの変更は、原則として自由です。 JR東海道新幹線から一旦在来線の改札へ出て、そこからぐるりと回って、あらためてJR東日本の新幹線改札を通る必要があります。 「新幹線eチケットサービス」の登場により、九州新幹線を除く全国の新幹線で、交通系ICカードによるチケットレス乗車が可能になります。 試しに新幹線で博多駅 - 新函館北斗駅まで行く(末恐ろしい)ケースを例に説明してみよう。 新幹線というのがあります。

Next

JR東、新幹線「eチケット」で使い勝手よくなるか

これが、座席票発行機です。 もっとも、えきねっとではeチケット以外の普通のきっぷも買うことができますので、新幹線eチケット特有のメリットというわけではありません。 JR東日本は、新幹線eチケットを利用する場合、アプリが対応するまでえきねっとWEBサイトの利用を求めています。 長女も同じような体勢で寝ていたことがあり、姉弟はこんなとこも似るんだなと思いました。 2015年5月26日カウント開始日: このサイトについて• キャンセルは列車出発時刻の4分前まで可能。 188件のビュー カテゴリ: , ,• おわりに 以前は 「(エクスプレスIC)」 という専用のICカードが必須だったJR東海道新幹線のチケットレスサービスも、「」サービスの開始でスマホを持っている人ならば誰でも利用できるようになりました。 この列に並ばなくて済むのはありがたいです。

Next

JR東日本の新サービス「新幹線eチケット」とは?えきねっと・エクスプレス予約・スマートEXとの違いを超特急で解説!【買い方・乗り方】

価格は、同区間の所定運賃・料金より200円安くなっています。 利用にはクレジットカードが必要です。 比較的、出発時刻間近までキャンセルが可能です。 ・えきねっと特典なし: 割引率に応じた手数料 (最低560円) スワイプすると内容の詳細がご覧いただけます。 あとは購入手続きを進めれば予約はOK! 5.「受取」不要。 利用可能な交通系ICカードは、全国相互利用に対応した10種類すべてで、モバイルSuica・モバイルPASMOでもOK。 新幹線のインターネット受付サービスのことで、いわゆる交通系ICカードやモバイルSuicaで新幹線に乗車できてしまうものです。

Next

「新幹線eチケット」ICカードの事後登録・領収書・紙券発行方法

以下同)。 モバイルSuicaのID番号の確認方法は(JR東日本のサイトに移動します) 事前準備は以上です。 その場合は、「e5489」の会員登録が必要です。 「新幹線eチケット」サービスを初めて利用する場合のICカードの登録・新規予約方法については、以下のページをご参照いただきたい。 2020年7月5日• 新幹線eチケットの使い方 新幹線eチケットは、JR東日本・北海道のインターネット予約サービス「 えきねっと」のサービスです。 このため、新幹線部分が通常価格より200円安くても、全区間では紙のきっぷより高くなります。 で、気づいた点をいくつか。

Next

新幹線eチケットを利用してみて気付いたデメリット

えきねっとでチケット購入した場合、キャンセルの手続きは、紙のきっぷの受け取り後を除き、 えきねっとで行います。 新幹線eチケットの3つのデメリット• これは列車・座席のご案内でして、これが領収書代わりになるのかと言われれば、ビミョーです。 えきねっとは(JR東日本のサイトに移動します) e5489は(JR西日本のサイトに移動します) 次に、えきねっとにログインして、ICカードかスマホのSuica ID番号(以下、ID番号と略します)を登録します。 ICカードは手持ちのSuicaやPASMOなどが利用できます。 アプリはチケットレスサービスの大きなポイントです。 指定席の場合は、後続列車の利用や払い戻しできるかどうかは、利用する区間や列車によります。 112件のビュー カテゴリ: ,• また、万一列車が運休になったり、2時間以上遅れた場合、自動的に払い戻しされる仕組みになっています。

Next

新幹線eチケットを利用してみて気付いたデメリット

【 目次 】• 」 となってしまうんです。 期間限定のバーゲンチケットとして「お先にトクだ値スペシャル」もあります。 それ以外かつ乗車日の前日~出発時刻前までに払い戻す場合は指定席特急券の30%(ただし指定席1席につき最低340円)の手数料がかかる *2:前日~出発時刻前までに払い戻す場合は指定席特急券の30%(ただし指定席1席につき最低340円)の手数料がかかる eチケットのキャンセル・払い戻し方法 eチケットの場合は、えきねっと上で指定席は出発時刻の4分前までキャンセルの手続きができます。 Suicaの残額を気にしていませんでしたので、残額不足だったら無駄な時間を取られていたことになります。 基本商品が「新幹線eチケット」で、乗車券と新幹線特急券が一体となったチケットです。 ところが、スマホで新幹線eチケットサービスを利用するためのアプリが用意されていません。 Suicaの残額で支払うことはできません。

Next