私 はご 都合 主義 解決 担当 の 王女 で ある。 私はご都合主義解決担当の王女である

私はご都合主義な解決担当の王女である (ビーズログ文庫)

弟のアレクシスに会いに鍛錬場に現れたオクタヴィア。 彼には物語上重要な秘密がありそうでこれからどのような行動をするのか楽しみです。 オクタヴィアちゃんも、すごくかわいいけど、もう少し大人女性でもいいかなと。 BL世界を題材にしてますが、BLじゃないのでその世界に興味がないわたしも楽しんで読めました。 これアニメ化しそうですね。 Web小説だったようなので、そこは仕方がないかと。 。

Next

私はご都合主義な解決担当の王女である 1巻(最新刊) |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

その世界の歴史や設定も意外に深く、徐々に解き明かされるのが楽しみです。 弟の恋は応援したいけど、自分の騎士はやめてくれ! 騎士が「クリフォード・アルダートン」と名乗ると アレクは驚きます。 2巻が待ち遠しい。 BLとはいっても、グイグイ濃いわけじゃなく、誰 でもハマれる素敵な本です。 原作小説は未完結の為、原作世界の深い所までは主人公も知らない。 明日の事を考え、今日は断念です。

Next

私はご都合主義な解決担当の王女である 1 (FLOS COMIC)

優秀であるがゆえに、そのまま物事を考えられない兄。 webからの書籍化ということでwebの方と軽く読み比べてみましたが、書籍の方はちょこちょこ甘い雰囲気の描写が追加されていました。 王の部屋で、2週間後に披露の場を設けて紹介すると言ってしまったオクタヴィア。 あなたを最後にしたい、というオクタヴィアに クリフォードは従うことを誓います。 しかし、すぐに男作っていなくなるだろうと自分の護衛の騎士は恋愛対象外においています。 オクタヴィアちゃんが幸せになりますように。

Next

私はご都合主義な解決担当の王女である |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

恋人獲得のため動き回っているうちに、国王実子の弟が王命で都を離れることに。 ちなみにこの巻は起承転結の起部分ですが、伏線や謎は多そうです。 クリフォード様とオクタヴィアちゃんの恋愛絡みとかはこの先でてこないのかな。 癒やしに削られるこの世界観、最高です。 とオクタヴィアちゃんにツッコまれそうですが、続き、渇望です。 歴史をひも解いてみても、当事者になると 文句以外何も出てこない世界です。

Next

私はご都合主義解決担当の王女である

出版不況の今、次巻が出るかは売り上げ次第。 そんなこの世界の不都合を解決するのが、オクタヴィア。 前世のオクタヴィアはBLずきの女子高生。 なので、主人公の本心、セリフを言っている時の心の声と周りの人間とのギャップが面白い。 【私はご都合主義な解決担当の王女である 1巻】ネタバレ 護衛の騎士 オクタヴィアは今の護衛の騎士がなかなかの優良物件であることに気づきます。 ですがシルはクリフォードのことを昔助けてくれた人に似ているといい、 デレクも怪しい動きはないといいます。

Next

私はご都合主義な解決担当の王女である (ビーズログ文庫)

結構あからさまにBL描写入って来るので、そういうの大嫌いな人は乙女系には多そうだから好き嫌いは分かれそうである。 ルストは純愛貴族派であり、兄と対立しているため、 兄の鼻を明かす為といえば協力してくれるはず・・・ その作戦のためにも、クリフォードが彼氏を作っていなくなると 気軽に外出できなくなると考えたオクタヴィアはクリフォードに やめる予定はあるのか??と尋ねます。 それが大前提なのである……! けれども、前世の記憶がなまじあるせいで、オクタヴィアの役目がどうも受け入れがたい。 当然世継ぎは産めないからそれは妹の義務……ってなりますけど、主人公は「兄ばかりずるい!私だって自由恋愛したい!」ということで前世の時はファンだったキャラに苦言を呈します。 いろんな隠された秘密や過去があるようで、主人公とその周りの登場人物がどうなるのかとても気になります。 【私はご都合主義な解決担当の王女である 1巻】ネタバレ 恋人探しの期限 父である王や兄弟の揃った食卓で、 兄かあら恋人を紹介する披露の場を持つよう勧められます。

Next

私はご都合主義解決担当の王女である

オクタヴィアは準舞踏会のため、ドレス選びなどの準備を進めます。 この国の貴族には、2つの派閥があります。 【私はご都合主義な解決担当の王女である 1巻】ネタバレ 不穏なかげ 次期王のセリウスの恋人であるシルは何者かに命を狙われていました。 主従物のお話なので、ここからどうやって主人公が新任の護衛騎士に恋をしていくのかがとても楽しみです。 つまり両想いのハードルが上がっている世界観なんです。 その様子を見て見つめあってると勘違いしたオクタヴィア。

Next