竹内 まりや プラスチック ラブ。 プラスティック・ラブ

竹内まりやの名曲、35年の時を越え、新MV「プラスティック・ラブ(Short Version)」公開!

この曲が生まれた時代への尊敬と、僕ら同世代の解釈を織り交ぜ一丸となって作りました。 それにYouTube(に違法アップロードされた音楽)が多分に寄与していることは、「レコード・コレクターズ」2018年3月号に松永良平氏が寄せたコラムに詳しい。 アルバムがリリースされた当時、僕は高校の軽音楽部に在籍し、放課後に部室でフォークギターを練習するかたわら、こっそりとベースやドラムで遊んだりする毎日だった。 ぜひご覧ください。 シティポップとは70年代後半から80年代に生まれた、その名の通り都会的で洗練されたポップな音楽のこと。 これらのジャンルは、簡単に説明すると、 過去の楽曲をサンプリングし加工した音楽のこと。 集英社 上を見ての通り、大手企業のCMに数多く出るようになりました。

Next

竹内まりや「プラスティック・ラブ」新MV 80sシティポップ再評価の潮流

海外の音楽メディアで紹介されたことや、アルバムジャケットに写る神秘的かつチャーミングな竹内まりやのルックスなど、シティポップの中でも「プラスティック・ラブ」がスポットライトを浴びるようになった理由は複数あるが、もっとも大きな理由はYouTubeでの拡散だろう。 初期のフューチャー・ファンクにおいては、山下達郎の楽曲をループさせて作られたものが氾濫していたのだから。 尋常じゃないにも程がある。 とどのつまり「人生で一番素敵な時間だ」と言える経験ができるのであれば、アナログやデジタルというのは実はどちらでもよい事なのかもしれません。 2000万回超も聴かれた理由は、YouTubeのオート・プレイで多くのユーザーになぜかサジェストされまくったからだというほかない。 むせび泣くギターソロ、哀愁を感じさせるストリングスやホーンアレンジなども相まって、この曲は夜の首都高を走りながら大音量で聴きたくなってしまう。

Next

「プラスティックラブ」竹内まりやと山下達郎の曲がCSドラマ主題歌【YouTube】

達郎グッズはもちろんのこと、一緒に販売されていた竹内まりやニューシングルも購入した。 OKMusic. プラスティック・ラヴ [12" ReMix Version] 15. 監督は、大好きな林響太朗さん。 2010年代前半頃から日本で「シティポップ」が注目を浴びる様になりましたが、海外でも少し前から話題になっている様です。 発売が長女の出産と重なった上に 、休業から3年近くが経過しブランクがあったが、の週間チャートで初登場1位を獲得し、最終的に30万枚以上のヒットも記録した。 () - Tenor Sax Solo• ジカ熱感染者はブラジルでは5 イチロー日米通算安打数タイ・カッブ超え メジャーリーグ、マーリンズのイチローが日米通算安打数でタイ 台風8号が日本に接近してますね。

Next

tofubeats “Plastic Love” インターネット時代に再評価された竹内まりやの名曲をカヴァー

その二人が繰り出す16ビートにフュージョン小僧だった僕は圧倒されまくった。 このミュージックビデオ自体がショートバージョンのため、曲がフェードアウトするとともにストーリーもここで終了。 初めてCDを手にした時の気持ち、こういう感動はいつまでも忘れたくないもの。 海外の音楽ファンの注目は、サンプリング元として使用されていたシティ・ポップに集まっていたのだ。 しかし、筆者の実感では、約30年前の元祖シティポップのほうが、むしろ存在感を持って韓国に浸透している。 キーはtofubeatsの歌に合わせて下げられているものの、違和感を覚えるほどではない。

Next

VARIETY

ECCジュニア• サブスクリプションなども新しい音楽に簡単にアクセスできる素晴らしい文明の利器です。 良かった〜ほんとに 涙 大貫妙子…— 大貫妙子 official OnukiTaeko 同年、シアトル発のリイシューレーベル「 Light In The Attic」では、シティポップ前夜ともいえる1969年から1973年までの日本のフォークとロックのコンピレーションアルバムを発売。 それはインターネット経由による、近年の海外を中心とした同時多発的な80年代シティポップの再評価が背景にあるのではないかと筆者は考える。 ちょっぴりお茶目だった青山純がこの世を去ってもう随分と日が経つけれど、デジタル音楽が全盛の時代、こういうノリ、感覚を伝えられるミュージシャンが少なくなっているように思えてならない。 つまり「プラスティック・ラブ」の完成度の高さは、アルバム制作体制を変えてしまうほどだったのである。 『』 2000年11月22日 シングル「」 2001年2月28日 カップリング曲としてライブ・アルバム『Souvenir〜Mariya Takeuchi Live』収録のライブ・ヴァージョンとオリジナル・カラオケ音源の2曲を収録。 そういう感動はもう失われつつあるのではないでしょうか。

Next

VARIETY

世の中に溢れる音楽は打ち込みと呼ばれるコンピューターミュージックがほとんどである。 5 1988年12月21日 1988-12-21 43XG-1 リマスタリング音源によるゴールドCD。 後半ではダフト・パンク風のロボ声が絡みついて広がっていく。 シンセサイザーが瞬くようにループするイントロに、少しルーズなビートとスクラッチが乗っていく。 2014年. 反響 [ ] 発売当時のレコードの売上は1万枚以下であったが、竹内作品の中でも特別な人気を誇る楽曲で、「souvenir」(2000年)「souvenir again」(2010年)とライブでは高確率で演奏され、プロデューサーの山下も自身のライブでカバーしている。

Next