沖縄 気象台 週間 天気。 那覇(沖縄県本島中南部)の天気:天気予報コム

沖縄気象台

7 6 南南東 0 38 15時 31. 那覇港や飛行場の近傍にある丘の上にあった沖縄地方気象台は、建物は幸い奇跡的に爆撃を逃れて無事だったが、万一に備え庁舎の南方に防空壕を掘った。 地球環境・海洋課 - 季節予報・天候情報を発表する。 沿岸の海域は、沖縄本島地方と先島諸島では波がやや高く、大東島地方では多少波があるでしょう。 暑さを避け、水分をこまめに補給するなど十分な対策をとってください。 (を実施)(2008年10月1日にから移行) 大気バックグランド汚染観測はのほか、(岩手県)、の国内3か所で行われている。 沖縄気象台編:『沖縄気象台百年史 資料編』、1992年 沖縄戦についてまとめたもの• 米国極東軍司令部は1950年 昭和25年 1月、軍政をに移行するのに伴い、気象業務をによって行うことを計画。 1965年 昭和40年 8月1日 琉球政府の機構改革に伴い、の外局「 琉球気象庁」となる。

Next

2週間気温予報

。 2週目のかなり高い(かなり低い)は、かなり高い(かなり低い)気温となる確率が30%以上のときに表示します。 沖縄戦 [ ] 琉風の碑 1944年 昭和19年 10月10日、沖縄では大空襲があり、特に那覇市は集中的な攻撃を受け、市域の90%が焼失した。 一度海軍や陸軍の壕への撤退も考えたが、当時の田中台長代理 本当の台長が赴任する前に沖縄戦が始まってしまったため、一番高級の田中技師が台長代理を勤めた が、海軍の壕の通信システムが悪環境で通信がはっきりしないため、8人の気象台職員の蚊坂の壕への残留を決意した。 8日先から12日先まで5日間平均した日平均気温を表示しています。 琉球政府時代の気象官署の沿革 [ ] GHQ は、気象事業について、沖縄本島の気象観測は嘉手納の米空軍気象隊に命じ、本島以外の南西諸島の気象官署は引き続き東京の中央気象台に運営させた。

Next

沖縄県の10日間天気

その後も、陸軍第十野戦気象隊らと観測通報に努めたが、途上で離脱。 7 6 南 0 40 14時 30. 7 4 南南東 0 31 17時 30. 平均期間を中心の日の下に表示しています。 平均期間は中心の日の下に表示しています。 (2002年3月1日にから移行)• 予報は毎日14時30分に発表します。 その後ページの内容を更新するため、内容の確認は14時45分以降にお願いいたします。 1 6 南南東 0 0 23時 28. 北大東航空気象観測所(:RORK)• また、にはが置かれている。 1953年 昭和28年 4月1日 琉球政府の機構改革に伴い工務交通局の附属機関となる。

Next

沖縄気象台

那覇市に 琉球気象局 同年3月に 琉球気象庁、同年4月に 琉球気象台に改称 を開設した。 1956年 昭和31年 5月1日 制定の気象業務法 1955年立法第71号 が施行される。 伊江島航空気象観測所(:RORE,観測は休止中)• 戦後、沖縄地方気象台の壊滅を聞いた全国の気象官署の職員と琉球気象台の献金によって「琉風の碑」が作られ、1950年 昭和25年 12月15日に除幕式が行われた。 久米島航空気象観測所(:ROKJ,2009年12月1日に空港出張所廃止)• 復帰後の沿革 [ ] 当初、気象庁は沖縄の本土復帰に合わせて「 那覇管区気象台」への改組を計画したが、との折衝の結果、ミニ管区とすることにし、「 沖縄気象台」となった。 1900年 明治33年 には、毎日24回の定時観測通報を義務づけられた一等測候所に昇格した。 気象庁編:『気象百年史』、1975年• 粟国航空気象観測所(:RORA)• 沖縄気象台:『わが国の亜熱帯地方における気象とその予報-主に南西諸島を中心として』(気象庁、気象庁技術報告第102号、1982年3月) 関連記事 [ ]• 9 7 南南東 0 0 24時 28. 気温の高い状態が続くため、熱中症など健康管理に注意してください。 2020年6月14日04時38分 沖縄気象台発表 沖縄地方は、太平洋高気圧に覆われておおむね晴れていますが、先島諸島ではにわか雨の所もあります。

Next

沖縄気象台天気相談所の天気(沖縄県那覇市)|マピオン天気予報

また、海軍や陸軍の気象班も同じような壕を近くに掘った。 予報課 - 天気予報や各種気象警報・注意報を発表する。 慶良間航空気象観測所(:ROKR)• 波照間航空気象観測所(:RORH)• 1945年 昭和20年 3月24日から艦砲射撃が加えられ、沖縄地方気象台も攻撃の対象となり大変危険になったことから、庁舎の南方に掘った防空壕に移転することになった。 航空測候所・航空気象観測所 [ ] 航空測候所はに準じて空港の気象観測や気象ブリーフィング等を行う機関。 気象庁編:『気象百年史 資料編』、1975年 沖縄県立那覇二等測候所から沖縄気象台の沿革などをまとめたもの• 1967年 昭和42年 10月17日 琉球気象庁長が本土気象庁部長会議に初出席。 1週間先までの予報は随時更新しています。 2週目の予報は中心の日に前後2日間を加えた5日間の平均(平均気温の5日間平均)です。

Next

那覇(沖縄県本島中南部)の天気:天気予報コム

沖縄本島地方では、熱中症の危険が特に高くなる見込みです。 各地方気象台は他管区の地方気象台とは異なり「防災業務課」が存在しなかったが、2010年 平成22年 4月に宮古島・石垣島地方気象台には防災業務課が新設された。 1952年 昭和27年 10月8日 本土中央気象台と琉球気象台間に無線電信が開通。 航空気象観測所は、気象庁が空港の気象観測をその空港の管理者(地方公共団体)等に委託して行う施設。 なお、沖縄気象台は各と当分の間は同等とされる 第48条第2項。 降水量は、平年より少ないでしょう。 沖縄気象台の組織 [ ] 沖縄気象台は、沖縄気象台 本台 のほか、宮古・・大東島地方を管轄する。

Next