ライフ サポート クリニック。 北原ライフサポートクリニック

ごあいさつ|ライフサポートクリニック

医療にはもっともタブーな4が4つも付くのです。 山口大学医学部卒業 日本赤十字社医療センター専修医 東京大学医学部附属病院 スウェーデン国イェーテボリ大学(サールグレンスカ病院 臨床神経生理部門) 労働福祉事業団 横浜労災病院 神経内科部長 国立国際医療センター 神経内科医長 済生会横浜市東部病院 脳神経センター センター長 済生会神奈川県病院 診療部長,在宅診療部長 2012年12月 横浜市港北区に「くにもとライフサポートクリニック」開業 現在に至る。 港北区樽町に開院いたしました。 アフラック生命保険株式会社• 小児科の予約は当日ホームページよりお取りする事も可能です。 予防、救急からリハビリテーション、在宅介護まで一貫した医療を八王子の地域の皆様や患者様に提供し、「いつでも頼っていただける」病院を目指しています。 治療のゴールは患者様各々が個々人の可能性を発揮し、日常家庭生活及び社会生活を充実して送れるようになることだと考えております。

Next

医療法人社団 KNI

その中で入院によって少し良くなられた患者さん達が、退院されて再び病院に来院されるときは思った以上にまた悪くなっている、とても無力感を感じていました。 ちょっとためらっていると長男が、「お父さん4が4つ、四合わせ(幸せ)って考えれば」と言ってくれました。 朝日生命保険相互会社• ネオファースト生命保険株式会社• また統合失調症の患者さまはLAIによる治療を受けることも可能です。 ソニー損害保険株式会社• 東京海上日動火災保険株式会社• ご予約は小児科ページ、もしくは下部「日曜日小児科予約システム」ボタンよりお取り下さい。 北原国際病院では24 時間365 日、救急患者様を受け入れ治療し、 北原リハビリテーション病院では、社会復帰に向けた集中的なリハビリテーションを行います。

Next

ごあいさつ|ライフサポートクリニック

それが治療の第一歩だと考えております。 AIG損害保険株式会社. その進行を少しでも遅らせることが出来ないだろうか、そんな思いから地域に出て、神経の病気を抱えて生活している患者さん達と一緒に病気と闘っていこうと、このクリニック開設を思い立ちました。 また、病院内での治療だけでなく、脳血管疾患の患者様への就労支援や 精神疾患の患者様への農業を利用したリハビリテーション、八王子市民を 対象とした市民公開講座や病院祭など病院外での活動も行っています。 もちろんその問いに正解はありませんが、認知行動療法においては 「自分の未来を育む行動を造れる認知」こそが正解、という山下院長の説明に、 参加者の全員が納得をされていました。 三井住友海上あいおい生命保険株式会社• メットライフ生命保険株式会社• 東横恵愛病院精神科医局員、たわらクリニック院長、榎本クリニック院長を経て、令和元年12月よりライフサポートクリニックを開設。

Next

ご挨拶

外来に通っている間に時間をかけて信頼関係を築いた上であれば、より一層安心できる在宅療養が出来ると思います。 東京海上日動あんしん生命保険株式会社• 同年医師免許を取得。 ごあいさつ はじめまして。 ものは考え方ひとつ、子供に教えられました。 実はここは樽町4-4-44。

Next

医療法人社団 KNI

当院に来ていただく外来診療、こちらから伺う訪問診療、そして現在の機能を少しでも長く維持していただくための通所リハビリテーション(4月からの予定)の3本の柱で、当院をご利用の皆さまの「幸せ」に少しでも貢献できればと考えております。 お気軽にご相談ください。 令和2年3月17日 医療法人 伸援会 くにもとライフサポートクリニック. 些細なお困りごとでも大丈夫です。 当院は「お薬だけに頼らない治療」「個々の患者さまに合わせた治療」をモットーとするメンタルクリニックです。 。 うつや不眠、パニックや強迫といった症状のみならず、発達障害や依存症の治療にも力を入れています。

Next

ご挨拶

大学病院、精神科単科病院で外来、入院を問わず様々な悩みを抱えられた多くの患者様の診療に携わらせて頂きました。 新年あけましておめでとうございます。 どうぞよろしくお願いいたします。 患者さんと一緒に、今そしてこれから、何が大切なのかを患者さんと一緒に選択していきたいと思っています。 私は神経内科の専門医として神経難病(筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症など)、脳卒中、末梢神経や筋肉の病気に30年以上関わってきました。 人生の終末期を自分の望む場所、住み慣れた場所で過ごしたいと思っておられる方へ。 共に治療計画を考えさせて頂き、患者様個々にあったカスタマイズドな診療を目指していきますので宜しくお願い致します。

Next