ジャン ジャック バーネル。 ジャン=ジャック・バーネル

ザ・ストラングラーズのデイヴ・グリーンフィールド、死去

また、として多数のミュージシャンのプロデュース業、ゲスト演奏も担当。 デイヴ・グリーンフィールド(2013年) ディスコグラフィー [ ] スタジオアルバム [ ]• そしてジャン=ジャック・バーネルは2枚目に相当する「Un Jour Parfait」をフランスとカナダのみという形だったが、前作からおよそ9年振りとなる1988年に発表している。 80年代の中旬にのロックバンドのメンバーの一人で友人のキースの依頼で、同バンドのベーシストをつとめたことがある。 フランス・エルヴィル=サン=クレール公演(2007年) 、単独来日公演。 来歴 [編集 ] 人の両親の元で、ロンドンに生まれる。 彼の特徴的なサウンドと演奏スタイルは、バンドの要の1つだった。

Next

【いくつ知ってる?】オアシスからYESまで”洋楽アニソン”のオススメ曲8選(1/3)

彼の音楽スキルと温和な性格があのバンドに興味深いツイストをもたらした。 2020 ストラングラーズ加入以前にバンドRusty Butlerを始めとする様々なバンドで演奏を経験。 高校卒業後、とでとを修了。 にストラングラーズに加入。 バンドは4日(木)、オフィシャル・サイトおよびSNSを通じグリーンフィールドの訃報を伝えた。 後にヒュー・コーンウェルは、音楽に生きるよう「神の啓示」を受けたと語っている。

Next

ジャン・ ジャック・バーネル

大音量で腰の強いサウンドとメロディアスなベースラインで、曲によってはリードベースともいうべき役割を果たしており、本来のリズム楽器としてのベースの概念を覆した。 の愛読者。 『リトゥン・イン・レッド』- Written in Red 1997年• 陽気で気さくであり聡明な人柄だが、時として毒舌が物議を醸すこともあった。 Deutschland Nicht Uber Alles 14. Jet Black - ドラムス 1974-2015 デビュー時すでに38歳。 しかしコンサートでの暴力沙汰、右翼団体の襲撃事件などでスキャンダラスなイメージもつきまとい、小売店がアルバムの発売禁止運動を起こすほどであった。

Next

ジャン・ジャック・バーネル、ソロライヴ決定

これには「Euroman Cometh」の録音にも参加したギタリストのジョン・エリスも参加していたが、ロックのクラシック・ナンバーをかつてのパンク野郎共がカバーするなんて、と時代の変化を覚えたものだった。 ジャン=ジャックのヒューの間にどんな確執があったのか判らない。 ストラングラーズのアヴァンギャルドな側面が強調された作品として当時のストラングラーズを知る資料にもなるだろう。 その後ジャン=ジャックはパープル・ヘルメッツという限定バンドを結成する事になる。 Do the European 7. この頃から当初のパブリックイメージとのズレからか、での一般的な人気は下降線をたどったが、本国イギリスでは深い精神性と耽美的なメロディが高く評価され、ヒットチャートにも入り続けた。 この後ジャン=ジャック・バーネルはキーボード奏者のデイヴ・グリーンフィールドと競作の形で映画のサントラ「Fire And Water」が1983年に発表されている。 ザ・ストラングラーズと他のパンク・バンドとの違いは彼だった。

Next

ザ・ストラングラーズのデイヴ・グリーンフィールド、死去

ジャン=ジャックとは余程ウマが合っていたのだろう、だがこの時点でジョン・エリスが10数年後にヒューの代わりに参加する事になるなんて誰が想像しただろうか。 『ストラングラーズ・イン・ザ・ナイト』- Stranglers in the Night 1992年• 当時から、ストラングラーズってプレスに袋叩きというぐらい嫌われていて、レイプのことを歌った「5ミニッツ」という曲を出しては叩かれ、「国内で5分間に1回起こっている犯罪のことを歌って何が悪い」と答えて、また叩かれ、散々だった覚えがあります。 彼は幼いころからを学んでおり、確かな演奏技術に裏打ちされていたからこそ可能な芸当であった。 当時のイギリスでは、大学卒のロック・ミュージシャンは非常に少なく、ジャーナリストからの非難を浴び、ヒュー・コーンウェルと共に劣等感を持っていた。 『夜獣の館』- Rattus Norvegicus 1977年• 『10』- 1990年• 当時、クラッシュのポール・シムノン、セックス・ピストルズのシド・ヴィシャスと並ぶロック・アイコンでしたが、今もカッコイイおっさんです。

Next

ザ・ストラングラーズのデイヴ・グリーンフィールド、死去

『黒豹』- Feline 1983年• 「Peaches」「Something Better Change」「5 Minutes」をはじめ、「Always The Sun」、バンド最大のヒット曲「Golden Brown」などをコーンウェル、バーネル、ブラックと共作。 英国ブライトンで誕生したグリーンフィールドは、1975年、前年に結成したザ・ストラングラーズに加入。 、27年ぶりの単独来日公演を開催。 詳細 2020年2月9日 10:43更新 ストラングラーズのWフロント、ヒュー・コーンウェルと双璧を成したジャン・ジャック・バーネルのコミュニティ。 昨年11月には日本で約27年ぶりとなる単独公演を開催し、秀逸なプレイを見せてくれたばかりだった。 リード・ギタリストならぬリード・ベーシストといっても良い位にストラングラーズ・サウンドのタイトなサウンドを支えてきた訳だが、本作でもその特異なベース・サウンドが縦横無尽に繰り広げられている。 の道場生でもあり、空手ロンドン支部長も務める。

Next

【いくつ知ってる?】オアシスからYESまで”洋楽アニソン”のオススメ曲8選(1/3)

デイヴは音楽の世界にいることが本当に自然だった。 バンド活動と平行してとにソロアルバムを2枚、バンドメイトであるとのコラボレーションアルバムをに1枚発表している。 本作のエンディング曲は、先ず、全編英語歌詞によるこの曲のオリジナル・バージョン、続いて、歌詞を日本語に訳したカバー・バージョン、そして、終盤で使用された『銀色Horizon』と次々に移り変わっていったのですが、大人びた雰囲気たっぷりのこの曲が当時の視聴者層に残したインパクトは絶大でした。 高校卒業後、とでとを修了。 給油活動だが、それは『犯罪』に加担していることになるんだ。 1979年に発表された最初の作品「Euroman Cometh」、この作品は当時ニュー・ウェーヴの好きな連中には好評を持って迎えられた作品だった。

Next

ジャン・ジャック・バーネル

にストラングラーズに加入。 Un Jour Parfait 1988 [10]• 現在は、士道館カラテロンドン支部長でもあります。 Deutschland Night Uber Alles 6. キーボード奏者のデイヴ・グリーンフィールド同様、デビュー当初から今日まで同バンドのサウンドの特徴でもあるタイトなベース・ラインを支えてきた、同バンドに欠かす事の出来ない存在として君臨してきた。 Fire and Water Ecoutez Vos Murs with Dave Greenfield 1983 94 UK Albums Chart• こうして見ると、ジャン=ジャック・バーネル、本当は以外と底の浅い人間だったのかな、と今して思えてくる。 また、元フロントマン、ヒュー・コーンウェルからも「デイヴ・グリーンフィールドの訃報を知り、とても残念に思う。 、年齢的事情により、が事実上の降板。 の愛読者であり、六段の黒帯保有者。

Next