インパール 作戦 と は。 THE BRITISH ARMY IN BURMA 1945

「悲劇のインパール作戦」を生んだ牟田口・河辺・東条|日経BizGate

」などとわけのわからないことを述べたため、よくわからないままに質疑が打ち切られてしまったとか。 第33師団の柳田元三師団長は、「インパールを予定通り3週間で攻略するのは不可能だ」として、牟田口司令官に作戦の変更を強く進言。 しかし、11月8日の米国幕僚長会議による勧告は英国幕僚長会議にとっては英軍が主導する作戦地域への不当干渉と映った。 近くにいた通信隊から終戦の知らせを聞いたのだ。 参考文献 は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 戦後の東京裁判で、日本陸軍だけが裁きの対象となり、海軍にはまったく罪が及んでいない事情がここにある。

Next

5分でわかるインパール作戦!真実は?経過と結果などをわかりやすく解説

8月30日、牟田口軍司令官と河辺方面軍司令官は揃って解任され、東京へ呼び戻された。 補給が続かないことに加え、太平洋のいたるところで玉砕の始まったこの時期、陸軍は大きな戦力をビルマ方面につぎ込むわけにはいかず、新たな大規模作戦には踏み切れませんでした。 コヒマには連合軍の物資の集積所などもあり、牟田口に言わせればここを占領することで食料、物資の調達が可能のはずであった。 部隊から餅が支給されて、そうとわかった。 まず、作戦の目的が軍事上の必要よりもむしろ東条がチャンドラ・ボースの自由インド政府構想に参ってしまいその政治拠点を作ろうと言う政治的要素が強かった事。 まずは、植民地化されてから独立に至るまでの歴史を簡単に振り返っておこう。 これらの情勢を勘案し、チャーチルは国内の論争を裁定するための案を出した。

Next

無謀と言われたインパール作戦 戦慄の記録

彼は中隊長を叱責し、その場にいた全将校の軍刀の検査を行ったところ、ほぼ全員の軍刀が錆びている事が判明した。 その意味では、遅すぎる登場となってしまったのである。 >普通に考えてバレバレだと思うんですが、なぜ国民は信じ続けていたのでしょうか? 大本営発表は、レイテ湾会戦以降誰も信じていませんよ。 当時の戦術において勝利を決めるのは火砲、機関銃、戦車といった兵器で、小銃はすでに勝利を左右する兵器ではなくなっていました。 (昭和16年)4月10日、。 烈師団長佐藤中将は部下の無駄死を避けるべく、敢えて軍の命令に背いてコヒマを撤退し、マンダレーへと逃れたのである。 ガンディーとボースの2人こそ、インド独立にとっての重要人物なのである。

Next

なぜインパール作戦は失敗してしまったのですか?

日本陸軍は組織面で帝政ドイツを参考にした面が多々あり、この結果悪い面までまねてしまったと言えるかもしれません。 彼は、さらにこう述べます。 「牟田口軍司令官から作戦参謀に『どのくらいの損害が出るか』と質問があり、『ハイ、5,000人殺せばとれると思います』と返事。 ほかに寿命の長い兵器は、歴史的に見ると刀剣があります。 ディマプール追撃の可能性については防衛省の防衛研究所の平成14年度戦争史研究国際フォーラム報告書に荒川 憲一「日本の戦争指導におけるビルマ戦線—インパール作戦を中心に—」という論文が出ていますがその中でディマプール追撃について検討されている文を引用します。

Next

「悲劇のインパール作戦」を生んだ牟田口・河辺・東条|日経BizGate

諸外国の兵器と比べた場合の旧式度合いについては、すでに前に語られてい... 1944年3月6日,中将指揮下の第 15軍が,からを渡って,2手に分れ,を目指した。 1944年3月になると、およびで日本陸軍を撃破したことで、連合国側での日本軍に対する評価は下方修正された。 弾丸がなかったらがあるじゃないか。 患者が数百名いるのに衛生兵はわずか数名しかいないのだ。 『小説 太平洋戦争』 講談社、1965-1971年。 反抗する住民には威嚇するしかなかった。

Next

敵兵殺し「食おうじゃないか」 インパール作戦を語る:朝日新聞デジタル

3 山本長官の出撃。 この地方の降水量は世界一と言われている。 この牟田口の訓示は、牟田口の出身地である佐賀の書物『』に採録の大木前兵部()の言葉 に由来している。 そして起こったのが、コヒマ攻略隊の造反でした。 と、作戦続行を前線部隊に命令した。

Next

インパール作戦(インパールさくせん)とは

引用元: 「白骨街道」と呼ばれた撤退路 (「無謀と言われたインパール作戦 戦慄の記録」より) 牟田口司令官が残していた回想録には「インパール作戦は、上司の指示だった」と、綴られていた。 さらに翌1945年3月、これまで日本軍とともに戦ってきたビルマ国民軍が連合国側に寝返り、日本軍に対して攻撃を開始、日本はビルマを失うことになりました。 進撃開始 作戦準備命令は出たものの、補給の問題が解決できず、実施は翌1944(昭和19)年3月までずれ込みました。 そして、大本営はついにこれを承認した。 日本軍は撤退を開始します。 『抗命 インパールII』、300頁。 ある人はこの作戦を称して、世界の戦史上、最も愚劣で最低な作戦であったと述べているほどだ。

Next

インパール作戦の司令官「牟田口廉也」が無能と言われた理由と家族/子孫の戦後

」 「牟田口の名前が歴史に登場するのは、37年の日中全面戦争につながった盧溝橋事件です。 撤退中はさらに悲惨な状況となり、第31師団の兵士は補給地点が村にあると信じて、急峻な山道を選択したが、ここでに捕食されたり、弱った状態で倒れた者がに襲われたりして、動物によるを受けた (歩いている間は襲われないが倒れたらすぐに群がってきた)。 中井悟四郎中尉の記録(『抗命 インパールII』、277-278頁、『責任なき戦場』、231頁)。 この作戦の日本側戦死者は2万4000~2万5000人と言われています。 まもなく実際に雨季が近付いたため、作戦実行は時期的に不可能となり、作戦案は自然消滅となったが、小畑参謀長の消極意見は牟田口の強い怒りを買った。

Next