蒼天 の 拳 2。 蒼天の拳2 スロット 解析攻略・天井・設定差・評価【スロットコレクション 2

蒼天の拳2 スロット 天国状態示唆演出 解析【スロット・パチスロ】

中・右リールには青BARを狙う。 -46枚 番長3 ベル45回 ベルカウンターで対決発展もハズレでやめ。 2017年10月25日. AT当選時のテーブル移行率 設定 テーブルA テーブルB テーブルC 1 75. パチスロ 蒼天の拳2 解析項目• 無より転じて生を拾う技だが、(拳志郎本人も含んで)意図して使った者はいないとされる。 ルーレットの枠のオーラはオーラ昇格パートの最終的な色で、PUSH指示の発生は実戦上、引き分け以上が確定だ。 党首は蒋介石。

Next

パチスロ 蒼天の拳2 確定チェリーの恩恵はAT継続率優遇!?

雑誌『ラジャー』Vol. soutenregenesis -. 拳志郎ステージのチャンス演出• 以上です。 その後、屋敷に爆弾が投げ込まれた際に拳志郎に抱えられてに飛び込んだことで爆死は免れたが、既に体は限界に達していた。 シュケンが西斗月拳の封印を平和のために実行しようとする時は、シュケンへの愛から受け入れ、「平和を成すには悲しみを知る必要がある」と崖から身を投げ自殺を図った。 北斗鋼筋破断拳(ほくとこうきんはだんけん) 全身の筋肉を退化させ、萎縮させる。 0% 75G 3. 稀に部下にあがっていいと宣言したこともあるが、結果は同じであった。 次回予告発生• リプレイで転落の危機。

Next

蒼天の拳2 パチスロ スロット

18% 11. 拳志郎は瞬時にその意味を理解していた。 彼の右足が義足であることを悟った鉄心はその才能を惜しみ、次代の伝承者で決着を付けることを望み、命は取らなかった。 指ポキ・・・基本的にチェリーに対応• 高設定ほど通常3が選ばれる割合が高くなっており、それだけハマりづらくなっている。 赤押し順ナビ:10G以上• 劉 宗武(りゅう そうぶ) 声 - 北斗劉家拳伝承者。 6% 53. 軍隊or秀宝出現時は上乗せ確定• 期待値か・・・ 134 : ちゃもろ 2014年12月19日 2時1分49秒 通常時フリーズがきて上乗せ40の出玉1000枚ありませんでした(笑) 135 : 人工知能 2014年12月22日 23時8分26秒 フリーズ結果 獲得枚数 7500 枚 フリーズはして無いが、天授の儀から7500枚です。 6% 66. 天井について - [蒼天の拳2] 蒼天の拳2には、天井機能が搭載されている。 上海でマフィアや拳法家を相手に腕を磨き、「 」(えんおう)として暗黒街でその名を轟かせる。

Next

蒼天の拳2で激闘乱舞中に「確定チェリーA」を引いた結果!

章 大厳(しょう だいげん) 声 - 北斗曹家拳伝承者。 それどころか天井。 単発で終わることはない。 追加ゲーム数のメインは30G半ば過ぎで、濃いのは50Gあたりだ。 劉宗武の先代にあたる。 オーラ昇格チャンスが発生すると、PUSHボタン連打によりどんどんオーラが昇格していく。 強ベルや強スイカは約2倍。

Next

蒼天の拳2 スロット 天国状態示唆演出 解析【スロット・パチスロ】

例え息子であろうと非情に振舞い、巨大な烈山も父の前では小さくなる。 シュケンとヤーマの子 ヤーマがシュケンと愛を育む中で身籠った赤子。 ドラゴンステージ中に、一度でも中段チェリーが成立すれば「激闘乱舞in上海」か「天授の儀」の当選が確定し、中段チェリーを2回引いた場合は天授の儀当選が確定する。 押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。 当時はが統治していたが、の国民党政府は必ずしも全土を制圧しておらず、軍閥の勢力も猶根強かった。 0% 30. 女神像演出 10G以上の上乗せ確定• 日本軍の爆撃で死亡した妹に祈りを捧げてもらうため、飛燕が牧師となった教会に来る。 6% 65. 抗日の英雄・羅虎城の帰還を大々的に新聞に掲載したことで烈山から大金をもらった。

Next

パチスロ 蒼天の拳2 スペック・解析情報

0% 青オーラ 10. 4% 40. 後に玉玲の記憶が戻り、彼女と拳志郎が恋人同士だったことを知って2人を祝福しに来たが、その直後、玉玲を庇って殺されてしまった。 宿命4連で849枚で終了!! 先代伝承者は劉玄信。 天国滞在時はリプレイ成立時の14. 2G目・・・右回り階段 玉玲が先導• 7枚純増のATで、継続システムは継続抽選型。 大病を患い死が迫る中、拳志郎や宗武と接し宗武の心の変化を目の当たりにする。 その救済措置として、宿命の刻の連チャン数の末尾が「3」・「7」・「0」の時には、「オーラ昇格チャンス」が発生する。 67となっています。 3% 25. 敵の必殺技を食らった後、PUSH長押しなしで普通に立ち上がる• まず初当たりが軽すぎる。

Next