スタニスラフ ペトロフ。 【産経抄】核戦争から世界を救った男 9月22日(1/2ページ)

忘れられた英雄・核戦争を防いだ男: Fukuma's Daily Record

ユーザーID• さらに、ユーリイ・ガガーリンなどとは違い、初の非軍人による宇宙飛行士となった人物であり、また、単独で宇宙飛行を成功させた唯一の女性です。 やがて、館内が騒然としたまま17 分という時が流れました。 有名な功績には、で耐え抜いて、最終的にはソ連へ勝利を導いたこと、さらには、ナチスに対して大々的な反対運動を展開し、1945年5月8日、最終的にドイツを降伏に追い込んだことなどが挙げられます。 そして彼は結局、自分の直観に従って行動することを決心します。 ビスケットはアルファベットと数字が並ぶ暗号の長い列が一面に記された紙をラミネート加工したもので、大統領は常に携帯することになっています。 先立つこと僅か3週間前、ソ連軍がソ連領空を侵犯したを撃墜し、乗員乗客269名全員が死亡するという事件が起きた。 ミサイルはまた一つまた一つと増えていき、最終的に5発の大陸間弾道ミサイル ICBM がソビエトに接近しつつある事を示していた。

Next

第三次世界大戦を防いだ寡黙なヒーロー

宝石増刊版、1960年• Mosnews. 1983年9月26日の深夜を少し過ぎたころ、米国から1発のミサイルが発射されたという警報が発令された。 77歳だった。 雲にかかった日光に反応していたのだ。 1999年2月10日閲覧。 「手続きは非常に迅速に終わるようにしなければいけないと考えました」とマクドナルド氏は話しています。

Next

スタニスラフ・ペトロフ―核戦争を防いだ人

2012年11月23日.。 は西側に配置していた活動員に緊急通信を送り、の勃発を想定して準備するよう警告していた。 プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• - Everything2. com. 鮎川哲也『ペトロフ事件』(光文社、2001年)同部分 外部リンク [ ]• 史上最も破壊的な兵器を放つ決断を国会、国防総省、あるいは大統領補佐官たち、その誰にも相談する必要がないのです。 ロシアの英雄8:アリョーシャ・ポポーヴィチ 3人のうち最も若い年齢であったアリョーシャについては、ドラゴンのトゥガーリン・ズメエヴィチに勝利を収めた逸話が残ります。 私たちはコンピューターよりも正しい判断ができるはずだ、と。 と考える。

Next

第三次世界大戦を防いだ寡黙なヒーロー

軍から解任 第一次世界大戦を阻止したスタニスラフ・ペトロフは、辞任して軍から辞任することを決めた。 ただ、彼自身は決して自分を「ヒーロー」だとは考えていないと話します。 そこでは状況を分析し、コンピュータ・システムが間違っているとの仮説を検討し始めた。 ダウン「ボーイング747」 権力を握っていたロナルド・レーガン(アメリカ合衆国)とユーリ・アンドロポフ(1982年11月 - 1984年2月)は、カリブ危機以降、両国間の関係を最高の反対勢力にした。 もしも、この警報を信じていた場合、その後には偶発的にしろアメリカとの報復核攻撃による核戦争が起きていた可能性も示唆されており、ペトロフは世界レベルの核戦争を未然に防いだ「世界を救った男」なのです。 当時は冷戦の真っ只中、アメリカとロシアは少しでも相手を出し抜くべく自国内での核兵器の開発に全力を挙げていました。

Next

核戦争を阻止した男

Stanislav Petrovが正しいことをし、英雄主義を示したことを認めることは、その国の最高の心のチーム全体の仕事を消し去ることを意味し、質の悪い仕事には処罰を要求します。 adayasu. その後、米国でペトロフ元中佐についてのドキュメンタリー映画『赤いスイッチと世界を救った人間』の撮影が始まった。 著『アカシヤの大連』(1970年) 脚注 [ ]• 2006年1月20日. 31, 2003. というのも、当時のソビエト軍のルールでは、中佐が現場から上司へと報告することをもって反撃を開始することになっていたからです。 視覚チャンネルの確認はありません、そして役員の分析的な心はコンピュータシステムエラーのバージョンを解決するようになりました。 90年代には、Serpukhov-15指揮所の事件であった反ミサイルおよび対空防衛の元司令官、Yuri Votintsevは機密扱いを解除され、公にされ、故中佐だけでなく海外でも中佐大佐を有名人にした。

Next

第三次世界大戦を防いだ寡黙なヒーロー

フォーラムは1983年の出来事について議論しています、そこで、専門家はアメリカの全潜在的な核の可能性を制御するために広められている一種の広報について意見を述べます。 しかしミサイルの数が少なかったことなどから、警報がシステムの誤作動によるものと判断して上官に報告しなかった。 偶発的な戦争が起こるかもしれない。 1983年、米軍と韓国軍が演習中、飛行していた機がの戦闘機からミサイルで撃ち落とされた。 彼は最終的にこの警報が誤報であると判断し、警報を解除します。

Next

忘れられた英雄・核戦争を防いだ男: Fukuma's Daily Record

そこには「核戦争を防いだ男」と書かれている。 マクドナルド氏によると「副官が『大統領緊急用かばん』を持って常に大統領に随行」するということです。 恐怖とリスクから、警報が出されたが偽情報だと思われると司令官に伝えようと電話に手をかけた。 戦後帰国すると、外務省から辞職を勧告される。 その途中では、ひとりの人間が指令を拒むことのできる無数の機会があり、もしも、その機会を活用したなら、外部の事情や情報から遮断された状況で米軍の最高司令官からの直接指令に逆らったということになります。 この決定を下したとき、わたしはそれほど神経質になっていたのです」と、ペトロフは同じ『RT News』のインタヴューに答えている。 しかし、ペトロフ氏は、「アメリカがソ連に核攻撃を決断して、攻撃してくるのに、たった4発だけというのはどう考えてもおかしい」と判断し、この警報を握りつぶしました。

Next