スバル フォレスター リコール。 スバルフォレスターの再リコールは、かなりヤバいですよね?

フォレスターのリコール情報!対象車や5万円返金はあるの?

対象台数は フォレスター3546台です、ちょっと多めですね。 さらに、有償でもいいので(部品代なんて工数に比べたら微々たるもの) - エンジンマウント交換 - CVTオイル交換 くらいやれば、エンジンは新品同様になるのではないでしょうか。 原因はバルブスプリングにあり、修理には1週間かかる。 そんな特殊な構造をしたスバル・フォレスターは、他の一般的な国産車とくらべてどれほどの信頼性を持っているのでしょうか。 エアコンの不具合/不調• ですから、これからフォレスターの購入を検討している方は変に心配する必要はないでしょう。 最初に登録作業などはありませんので、まずは探してみることをおすすめします。 スポンサーリンク. 対象車両 型式 車台番号 DBA-SJ5 SJ5-035017 ~ SJ5-115024(平成26年1月17日 ~ 平成29年10月3日) DBA-SJG SJG-020952 ~ SJG-039811(平成26年3月12日 ~ 平成29年10月3日) エアバッグ装置(インフレータ)の不具合(2017年3月30日届) 助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切なため、温度および湿度変化の繰り返しによりガス発生剤が劣化することがある。

Next

株式会社SUBARU リコール

ニュースでも取り上げられるほどの話題となったのが「完成検査問題」で、日産も以前このような問題があったのが記憶に新しいと思います。 ざっと考えても、 - シリンダヘッド分解、清掃、もちろんばね交換、パッキン交換 - プラグ交換 - ベルト交換 等は無条件でやるでしょう。 熱処理も細心の注意を払います(そのはずです)普通よく用いられるのは、ピアノ線、SUS440Cというステンレスなどですが、バルブスプリングの場合、更に改善を図った特殊鋼だろうと推察します。 そのため、腐食が進行し、最悪の場合、コイルスプリングが折損するおそれがある。 ブレーキランプが付かないとなると、後続車に追突される恐れもあるから怖いですね。 フロントデフからのオイル漏れ フロントデフからのオイル漏れはフォレスターでよくある故障事例です。

Next

フォレスターのリコール情報!対象車や5万円返金はあるの?

そのため、中古車であれば修理せず乗り換えを検討するべきでしょう。 2(現行はver. 一括査定サイトを使うことで、テレビでおなじみの、ガリバーなど大手買取業者最大10社が、あなたの車の買取価格を査定してくれます。 樹脂製のパーツは経年劣化しやすいので、年式が古くなるほどラジエーターの水漏れや故障の原因となります。 スバル フォレスターとはどんな車? フォレスターは1997年にスバルから発売されたクロスオーバーSUVです。 そこで、この高温になったエンジンオイルをラジエーター部分に誘導することで十分な放熱を可能としています。 スバル フォレスター各部品の修理費用 ここでは、スバル フォレスター各部品の故障費用について解説します。 自動車使用者等に周知させるための措置 ダイレクトメール、直接訪問又は電話で通知する。

Next

スバル、「インプレッサ」「フォレスター」2車種に制動灯スイッチの不具合。計30万6728台リコール

約60万GET しました。 不具合は374件発生、事故は起きていない。 人手不足だから整備できる人を用意するのも大変だろう。 しかも、 この作業が出来る場所が全国に7か所しかありませんので、それ以外の地域の方は車をディーラーに預けて、その拠点まで送らないと作業が始まりません。 ちなみにフォレスターでのリコール対象となる車は以下の通りとなっています。

Next

フォレスター不具合!?リコール情報と対応状況を徹底調査!

2017年8月では、互換品番が、... リコール届出番号 4361 リ コ ー ル 開 始 日 準備でき次第 不具合の部位(部品名) 原動機(バルブスプリング) 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因 原動機の動弁機構部において、設計が不適切なため、バルブスプリングの設計条件よりも過大な荷重及び一般的な製造ばらつきによる当該スプリング材料中の微小異物によって、当該スプリングが折損することがある。 どうせ費用はやけくそなので。 ただし、場合によっては原因が分かる可能性もあるため、スバルのディーラーに相談することをおすすめします。 ネットで探すことで、わざわざ時間を使って業者へ連絡したり、実際に見に行ったりする手間を省くことができます。 過去にどんな不具合を起こしているのか確認しておきましょう。 このリコールは、発表後に対象車両が拡大したり、新たな燃費不正問題が浮上するなど、それまでにスバルが培ったブランドイメージを一気に崩壊させるものとなった一方、日本の検査制度のあり方が問われる、ある種社会現象的なものとなりました。

Next

スバル フォレスター、6万7000台をリコール リアサススプリング破損のおそれ

そんなスバル フォレスターは故障しやすいのでしょうか?ここでは、フォレスターの故障事例やリコール情報と併せてフォレスターオーナーの評判について解説していきます。 それとも公表すれば不都合な事でも有るのでしょうか?皆さんどう思いますか?。 私がスバルの立場だったら、ユーザに心配や迷惑をかけたので(私は全然心配してませんけど)せめて最大限サービスしたいと思いますね。 古い社内基準や慣例のまま現在に至ってしまったこと、そこまで管理の目が行き届かなかったことなど、反省すべき点は多々あります。 - ばね折れ障害は、マニュアル車に多い。

Next

スバル フォレスターは故障しやすい?故障事例やリコール情報をオーナーの評判と併せて解説!

それ以外の部分は放熱性に優れたアルミ製となっています。 まずは、緊急措置として見積りを取ることを最優先に考えましょう。 今後、この様な話題を聞かないことを願いましょう!! おススメの記事はこちら• 警告灯の点灯 アイドリングストップの不具合は故障とまではいきませんが、報告の多い事例です。 では何故車検や法定点検を受ける必要があるのかと言いますと、実はリコールでの点検項目は車検や法定点検の内容と被っているようで、車検や法定点検をパスできた車はリコールでの影響は無いと考えられます。 この場合、高い金額で修理をしても、さらに他のパーツが原因で故障が発生する可能性もあります。

Next