ロボトミー コーポレーション アブ ノーマ リティ。 Lobotomy Corporation(ロボトミーコーポレーション)のアブノーマリティまとめ (5/12)

画像付き一覧

浴槽には手が3本以上表示されませんが、死亡職員は4人以降もカウントされ、生産量に加算されます。 5段階の中で中間の危険度に位置する階級。 50日目: この日が最後の変化となる。 Enc. その日、私は最後のボトルを開けました。 エージェントは 傷の治癒とプレイヤーの指示を待つために、基本的にメインルームで待機します。 彼女が肉切り包丁を貸して欲しいと尋ねた時、その理由を聞かなかったことを後悔しています。

Next

Lobotomy Corporation(ロボトミーコーポレーション)のアブノーマリティまとめ

設計チームはと同様に、他部門の倍の数のアブノーマリティを収容できる。 狂研究者のノート を装備して作業を行うと40秒以内に作業が完了できる確率が上がるが、狂研究者のノートにより爆死する危険を伴う。 というか、ZAYINのくせに滅茶苦茶なやつや、逆にHEくらいなのに凄く使いやすいパターンもある HE• 「十二使徒」、「罪を赦す」、「祝福」、白夜による「教え」、そして使徒の1人に裏切られて打ち負かされる(キリストは使徒の1人である「ユダ」に裏切られ、磔刑に処された)ことなど、幾つもの共通点がそれを証明している。 編集方法はから案内がありますので確認をお願いします。 私ずっと思ってたの…… 職員[削除済1]: うん? 休憩室で話そうか、とても疲れてるんだ。 クリフォトカウンターは以下の条件で0に減少します。

Next

Architecture Team

代表的な例として、体の感覚が麻痺するというものがあった。 あなたの「発見する楽しみ」を台無しにする可能性があります。 "<Name>は作業を中断させ、赤い靴を見直す。 この状態ではいかなる条件でも血の風呂は職員を飲み込む。 本能には作業レベル5で 高い反応を示し、それ以外では普通の反応を示します。 作業結果が普通:中確立で減少• アブノーマリティを管理し、エネルギーを生産していく作業パートでノルマを達成するとその日を終え、ストーリーパートに繋がります。 エンサイクロペディアとは、そのアブノーマリティの名前や危険度、対処方法や管理方法などが記録された図鑑のこと。

Next

カテゴリ:Abnormalities

" 魅了職員 収容違反:• A 画像 赤の便利屋 黎明~夕暮 R W 画像 白の便利屋 黎明~夕暮 W W 画像 黒の便利屋 黎明~夕暮 B W 画像 青の便利屋 夕暮 P W 画像 爪 深夜? 部屋の中心には、の脳や神経が格納された容器が置かれています。 作業結果が普通な場合、中確率で赤い靴のクリフォトカウンターが減少した。 特にパニック中の職員を楽に鎮圧できるwhite属性武器が中盤では嬉しい。 赤い靴の着用職員は、すぐに武器を赤い斧に持ち替えて収容室から退室した後、施設内を徘徊します。 靴の音が私のすぐ目の前で止みました。 幸いにも死傷者はなく「エミリー」も安全だった。

Next

Lobotomy Corporation攻略 Wiki

プレイヤーはモンスターを収容しているロボトミー社の管理人となり、様々な種類のモンスターを管理していきます。 各ステータスは着用職員に依存し、体力は職員HPの5. アートブックメモ• 赤い靴の特殊能力「墓へのダンス」は、まさにこの物語から名付けられたのだろう。 力強くはないが、絶望に打ちひしがれた職員は抵抗しない。 Port Name 日本語名 分類番号 0 教育用 ウサギロボ 0-00-00 RED 1 - 2 2 マッチガール F-01-02 RED 2 - 4 3 たった一つの罪と何百もの善 O-03-03 WHITE 1 - 2 4 憎しみの女王 O-01-04 BLACK 3 - 4 6 幸せなテディ T-04-06 WHITE 2 - 4 8 赤い靴 O-04-08 RED 4 - 6 9 テレジア T-09-09 X 12 オールドレディ O-01-12 WHITE 1 - 3 15 無名の胎児 O-01-15 RED 4 - 6 18 壁に向かう女 F-01-18 WHITE 2 - 3 20 「何もない」 O-06-20 RED 6 - 9 27 1. 収容選択時のフレーバーテキストは「どこか遠くで、カモメの声が聞こえる」 バックストーリーでは、ウェルチアースという飲料を飲んだ職員が飲料に仕込まれていた睡眠薬によって眠らされ、目が覚めたときには遠洋漁業船の上であったということが語られる。 設計チームにオフィサーは存在しません。 作業終了後の待機時間は約10秒で、クリフォトカウンターの初期値は1です。

Next

カテゴリ:Abnormalities

こういったことから死にゲーに部類されるゲームで、何度もゲームオーバーになって何回もニューゲームを繰り返し、少しずつゲームを進めることが前提のシステムである。 誰がコレを研いだのかを知っている。 "赤い靴は生きてはいないだろうが、独特の雰囲気はかつてあった惨劇を思い起こさせる。 彼女は自分の行動を完全に把握していた。 しかし、予想した時間を過ぎても彼女は戻ってこなかった。

Next