ポラプレジンク od 錠 75mg サワイ。 ポラプレジンクOD錠75mg「サワイ」[沢井製薬]の飲み合わせ(禁忌)や効果・副作用情報 [カラダノート] みんなのお薬口コミ

ポラプレジンクOD錠75mg「サワイ」[沢井製薬]の飲み合わせ(禁忌)や効果・副作用情報 [カラダノート] みんなのお薬口コミ

ただし、胃酸によって胃が傷害されるのは不都合です。 2.その他の副作用(頻度不明) 1).過敏症:発疹、そう痒感、蕁麻疹、多形紅斑[発現した場合には、投与を中止する]。 安定性(その他)• (慎重投与) 1.肝機能障害のある患者[健常人に比し、最高血漿中濃度が約2倍、血漿中濃度曲線下面積が約4倍に増加したとの報告がある]。 引用元 医薬品の適応外使用に係る保険診療上の取扱いについて 保医発0928第1号 口内炎にも使われる? 亜鉛には潰瘍を修復させる作用があるため、口内炎が長引くケースなどで使用されることがあります。 指示どおりにお飲みください。 2.その他の副作用:次の副作用が認められた場合には、症状に応じて適切な処置を行う。

Next

ナフトピジルOD錠75mg「サワイ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

(重要な基本的注意) 1.起立性低血圧が現れることがあるので、体位変換による血圧変化に注意する。 亜鉛欠乏症(味覚障害、臭覚障害、その他)• 67 水あり 標準製剤 錠剤、75mg 2. 重篤な脳血管障害• このような考えの元で使用されている薬がポラプレジンク(商品名:プロマック)です。 8 15. 低亜鉛血症をともなう肝硬変• 27%、好酸球増多0. 本来の適応症ではありませんが、亜鉛を含有することから、亜鉛欠乏性味覚障害をはじめとする亜鉛欠乏症に応用されることがあります。 副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 4.本剤による治療は原因療法ではなく、対症療法であることに留意し、本剤投与により期待する効果が得られない場合には手術療法等、他の適切な処置を考慮する。

Next

ポラプレジンクOD錠75mg「サワイ」[沢井製薬]の飲み合わせ(禁忌)や効果・副作用情報 [カラダノート] みんなのお薬口コミ

併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示をあおいでください。 44%、LDH上昇0. これにより、胃酸が胃の中に存在していたとしても、炎症が起こらないようになっています。 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 銅欠乏により貧血や白血球減少をきたしたとの報告もあります。 31 水あり ポラプレジンクOD錠75mg「サワイ」 2. これにより、味覚障害を治療します。

Next

ポラプレジンク:プロマック

お客様はこのことを承諾した上、自己責任において当サイトを利用し、必要に応じて、正しい情報の検索、医療機関の受診など、自身の判断で行ってください。 (小児等への投与) 小児等に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。 ポラプレジンク(商品名:プロマック)には構造の中に亜鉛が含まれています。 プロマックD錠の飲み方 プロマックD錠は口の中で溶ける薬のため、そのまま口の中で唾液で溶かしても水で飲んでもどちらでも大丈夫です。 4 15. 得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について統計解析を行った結果、両剤の生物学的同等性が確認された。

Next

ポラプレジンクOD錠75mg「サワイ」の効果・用法・副作用

2.重篤な心疾患のある患者(使用経験がない)。 22%、嘔気0. 亜鉛は生体に必須となる微量元素の1つであり、傷の治癒を促進させたり炎症を抑えて潰瘍を抑制したりなど、多くの作用が知られています。 17%がメーカーの実験で報告されています。 7 7. ただし、寝たままの状態では、水なしで使用しないでください。 ポラプレジンクOD錠75mg「サワイ」と標準製剤を健康成人男子にそれぞれ1錠(ポラプレジンクとして75mg)空腹時単回経口投与(クロスオーバー法)し、血漿中亜鉛濃度を測定した。 7 7. 3.本剤投与開始時に降圧剤投与の有無について問診を行い、降圧剤が投与されている場合には血圧変化に注意し、血圧低下がみられたときには、減量又は中止するなど適切な処置を行う。

Next

ポラプレジンクOD錠75mg「サワイ」の添付文書

2).精神神経系:眩暈・ふらつき、頭痛・頭重、倦怠感、眠気、耳鳴、しびれ感、振戦、味覚異常、頭がボーッとする。 人により副作用の発生傾向は異なります。 」 そのような思いで日々サイトを磨いてまいります。 2).失神、意識喪失:血圧低下に伴う一過性意識喪失等が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 21 2. 3.重篤な脳血管障害のある患者(使用経験がない)。

Next