カローラ トレック 日本。 トヨタ カローラワゴン 新型にクロスオーバー、「トレック」…欧州発売

日本でも発売して!トヨタが「カローラ・トレック」を北米で発表。さっそく自転車の「トレック」ともコラボを行う

車両規定は N2クラスに準じており、TRDのコンプリートカー「GT」をベースに専用のエアロパーツや足回りを装備。 2018年10月のパリモーターショーでは、欧州地域で販売されていたオーリスツーリングワゴンの後継車種であるステーションワゴンタイプの「カローラツーリングスポーツ」が 、同年11月の広州国際モーターショーではセダンタイプの「カローラ」がワールドプレミア。 8リットルのハイブリッドは、1. 衝突警報機能、標識認識機能、車線維持支援などの、運転支援も標準装備される。 2ドアセダンとバン、ワゴンには先代から引き続きが採用される。 8リットルエンジンは、摩擦低減対策、より大容量のEGR(排気ガス再循環)システム、熱管理の最適化などの改良を実施した。 最新トヨタセーフティセンス 先進運転支援システム(ADAS)として、「トヨタセーフティセンス」の最新バージョンを標準装備する。

Next

カローラスポーツにGR SPORTが登場!さらにカローラTREKというクロスオーバーも!

【2Lガソリン】 JC08モード値:18. エンジンは1. カローラアルティス(東南アジア市場専用車)• CMキャラクターは・(両者共に後期型のみ) 車体設計にフルラップ衝突対応の「CIAS(サイアス)」を採用。 この代から日本国内向けと海外輸出向けで大幅に異なる外装デザインが採用されるなど、市場に合わせた作り分けが始まる。 このグレードに限りフロントエンブレムが「NCV」をモチーフとしたエンブレムではなく、トヨタのCIが用いられたエンブレムが装着され、さらにラジエターグリルとサイドドアアウターハンドルがそれぞれ未塗装(無地ブラック)となる。 1971年8月 - 最初のマイナーチェンジ。 なお、中国仕様の前後のデザインは2012年モデルまで東南アジア仕様にほぼ準拠していた。 9代目以降より日本市場向けのみカローラフィールダー名義となる。 5G」・「HYBRID G」をベースに、外観はアッパー部分にスモーク塗装とメッキ加飾、ロア部はメッキ加飾のドットパターンとした専用フロントグリル、Bi-Beam LEDとLEDクリアランスランプ(ブラックエクステンション)を組み合わせたヘッドランプを採用し、サイド部分にはカラードサイドマットガード(サイドスカート)、アルミホイール を特別装備。

Next

欧州トヨタがカローラに新モデル「GRスポーツ」&「トレック」を追加

また、2016年現在ではほぼ一般常識となっているメーカーオリジナルの特別仕様車の設定に関してもこの代からとなる(日本国内仕様のみ)。 ボディタイプはセダンのみで同年1月に同国で開催された『』に出品されたコンセプトカー「 カローラフーリア」のデザインコンセプトがほぼ反映されている。 および諸国では米国仕様車のそれに準拠し、「アルティス」のサブネームが与えられている。 新型カローラクロス タイ仕様のスペック ガソリン仕様 ハイブリッド仕様 全長 4,460mm 全幅 1,825mm 全高 1,620mm ホイールベース 2,640mm 車両重量 1,325kg 1,385kg 最小回転半径 5. 8 LUXEL プレミアムエディション」および、DVDボイスナビが装着された「1. 6kgm) システム出力 90kW(122ps) トランスミッション 無段階変速機 車両重量 1,385kg 最小回転半径 5. エンジンは「XRS」を除く一般グレード用に1. 1974年に車名別世界生産台数1位、1997年には累計販売台数でを抜いてを樹立。 8L ディーゼルエンジン・1C-II型を1C-III(1C-L)型に変更、1. 広州では兄弟車のも登場し、従来同様カローラがプレミアム 公式呼称:プレステージ モデル、レビンがスポーツティモデルという棲み分けがされることになった。 Xの装備に加えて、タコメーター付アナログメーター、オートエアコン、4スピーカー(オーディオレス)、スライド機能付コンソール・ボックス、バニティミラー付サンバイザー、リアセンターアームレスト等を装備した中堅グレードである。

Next

価格.com

この一部改良に伴い、1. フォグランプ、およびアルミホイール、競技車用スプリングはノンオリジナル• 5Lとも装備は同一であり、メーカーオプションで「ナノイー」付オートエアコンを装着する事が可能ある。 ただし、このグレードをベースとした特別仕様車、およびコンプリートカーのGTは例外的にタコメーターが追加装備される。 3mmとなる(両者共に4穴)。 TOYOTA公式サイト トヨタ新型カローラ セダン・ワゴン• バッテリー(二次電池)は、リチウムイオンとし、燃費のさらなる向上を目指す。 HYBRID EX ハイブリッド車。

Next

新型カローラにGR SPORT追加!?カローラ・ツーリング・スポーツの追加モデル情報をまとめてみた

新型トーションビームサスペンションを採用し、直進時の柔軟性とコーナーの鋭さを両立• DX以上は衝撃吸収シャフトが、HI-DX以上はフロントディスクブレーキが標準採用。 スポーツモデルには従来通り1. - 一部改良。 国内向けワゴンは9代目に続き「カローラ フィールダー」の名称を継続する。 欧州仕様の3ドアハッチバックをベースにした、規定のが世界ラリー選手権で活動した。 ビスカスカップリング・センターディファレンシャル式のフルタイム4WD搭載。 9月2日 - 特別仕様車「1. 3mmとなる(両者共に4穴)。 6L 4A-GE型は1気筒あたり5バルブのDOHC20バルブ となる。

Next

日本でも発売して!トヨタが「カローラ・トレック」を北米で発表。さっそく自転車の「トレック」ともコラボを行う

歴代カローラで初めて (FF)化され、四輪独立懸架が採用された。 2010年代半ばから始まったSUVタイプの流行は、そのボディタイプが増えただけではなくコンパクトカーや軽自動車をSUVルックに仕上げた特別仕様車も販売されるなど、かなり盛り上がっています。 また2000年・2001年のも連覇している。 これに伴いクーペに1200SRを追加。 クロスオーバースタイルで全幅1,855mmを超えるサイズのRAV4が日本で大ヒットしている事を考えると、海外サイズのカローラトレック導入の可能性は十分あり得ると思います。 カローラミレニアム(10代目・モロッコ市場専売車)• 5 X リミテッド」および「1. 』(前期型)、『 続・ニッポンの自動車の新しい物語。

Next