バーバラ ミント。 楽天ブックス: 考える技術・書く技術ワークブック(上)

考える技術・書く技術 ワークブック〈上〉

自分自身の頭の中が整理される• 要約 構造上の類似点によるグループ化は、理解を促す表現を導く。 『論理的に書ける「説明文型取り作文」の授業』 土屋喜久子, 明治図書出版, 1995年• 第1部 書く技術 第2部 考える技術 第3部 問題解決の技術 第4部 表現の技術 単なる作文の技術ではなく、「演繹法」と「帰納法」に関する分析など、思考法を含む論理学のイロハまで含まれています。 各 グループ内のメッセージは常に論理的に順序づけられていること の3つのルールのことです。 『ロジカル・シンキング』 照屋華子・岡田恵子, 東洋経済新報社, 2001年• タイトルから読み解くと、「文章の書き方を説明している本」という印象ですが、どちらかというと 論理的な思考方法 に関する内容が充実しています。 ピラミッドストラクチャーの構造は、 小さなピラミッドの集まりです。 上記の例では、• もうひとつは、演繹法と帰納法を三角形の辺のたどり方で表現するものである。

Next

考える技術・書く技術 ワークブック〈上〉

なお、論理学で扱う論理は、以下の引用における「狭い意味」の範囲である。 色んな人が指摘している通り、非常に分かり辛いです。 与えられた時間が1分でも、15分でも30分でも、臨機応変に話を筋道立てて展開することができるようになります。 そして、3段階に構造化するメリットは、人前で発表する時に威力を発揮します。 不要なものや重要ではないものを取り除くことで、本当に伝えたいことが簡潔にすっきりと伝わるようになります。

Next

バーバラ・ミント「考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則」の中古本を安く買う

私は、思考の整理が苦手でした。 あるのだ、それは。 この帰納法のピラミッドでは、先ほどの演繹法のピラミッドのように 「大前提」や「一般論」を考える必要はありません。 すでに似たようなトレーニングをした方には真新しいところはないと思いますが、このような本を読んだことがない方には効果があると思います。 各グループ内のメッセージは論理的な順序で配置される必要がある• つまり、疑問を引くトリガーと考えるとわかりやすくなります。

Next

バーバラ・ミント「考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則」の中古本を安く買う

国際交流が広がった20世紀後半には、日本でもこのような文章構成のあり方が重視されるようになり、英文作成を主題にしつつも日本文にも適用できる『論理的な書き方』を解説する書籍が出版されている。 類似のもので分類する。 結局、問題は上記2点です。 まず「伝えたいこと」として、会議が開催されることを伝え、それを支えるピラミッドの土台として、開催日時、開催場所、参加者、議題など、より細かい情報でピラミッドを構成します。 状況を明確にする 5. 中略 論理力とは思考力のような新しいものを生み出す力ではなく、考えをきちんと伝える力であり、伝えられたものをきちんと受け取る力にほかならない。

Next

バーバラ・ミント『考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則』を読んだ

この グループ(ピラミッドを構成するそれぞれの三角形)に対して、三原則がひとつずつ当てはまるか確認しましょう。 しかしながら、この本自身の構成においてそのような配慮が十分にされているとは思えない。 読み手を思い浮かべ、主題に対する疑問を書く 3. (汗 第1部 書く技術 ポイントは次の 2点です。 ある事柄についてあなたの書いたものを読み、あなたが伝えようとしていることを理解しようとする。 最初に普遍的なことについて述べ、2番目の考えで先に述べたことの主部か述部について具体的に述べ、そして3番目にこれらの2つの記述から何が導き出されるかについて述べる。

Next

2/2 ピラミッド原則!図にすると、上手く話せる [起業・会社設立のノウハウ] All About

個々に見て 「ダブリ」がなく(Mutually Exclusive)• 出来事(小前提) の2つになります。 「 仮説(結論)」は「伝えたいこと」であり、伝える側の主張であるためです。 国内工場を中心 に• この流れで初等教育の段階から、文章がどのような段落構成で行われるべきであり、各段落ではどんな文が記述され、文の繋がりはどのように示すべきかが、作文 コンポジション の授業として教授されている。 本書は96年版の邦訳です。 ・各考えがすべて同じアクションを必要とする。

Next

2/2 ピラミッド原則!図にすると、上手く話せる [起業・会社設立のノウハウ] All About

経営コンサルタントってのになればできるのだろうか、、、 私にとっては、人生を方向性付けた思い出深い一冊です。 目次 第1部 書く技術(なぜピラミッド構造なのか?;ピラミッドの内部構造はどうなっているのか?;ピラミッド構造はどうやって作るのか?;導入部はどう構成すればよいか;演繹法と帰納法はどう違うのか?) 第2部 考える技術(ロジックの順序に従う;グループ内の考えを要約する) 第3部 問題解決の技術(問題を定義する;問題分析を構造化する) 第4部 表現の技術(文書構成にピラミッドを反映させる;文章表現にピラミッドを反映させる) 追補A 構造なき状況下での問題解決 追補B 本書で述べた重要ポイントの一覧 出版社内容情報 ビジネスマンのバイブルとして定評ある前著を、全面改訂。 こうした原点の思考過程を,筆者はピラミッド型と表現している。 ) このようにピラミッドの縦の関係が、• 例えば、会議の日程を伝える場合などはトップダウン型になります。 ここからは、演繹法と帰納法のピラミッドについて、もう少し詳しく説明します。 しかし一読する価値がある良書である。 行動の為には気持ちを動かすことが大切です。

Next