小豆 の 炊き 方。 小幡寿康のあんこの炊き方レシピまとめ!【プロフェッショナル】

小豆の炊き方|樋口直哉(TravelingFoodLab.)|note

お粥の上に煮た小豆を載せれば小豆粥です。 大納言の名前の由来は? この豆は腹割れしない特性があることから、殿中で抜刀しても切腹を免れた公家の大納言に例えられるようになりました。 今回は、北海道産の大納言小豆を自分で煮て、ぜんざいを作ってみました。 小豆のはじめの煮方と渋抜き はじめに、小豆は鍋に入れるなどして 変色したり割れたり小豆があれば取り除きます。 小幡寿康さんいわく、あんこ炊きには底がない、一度として同じものができないといわれているように日々炊き方に工夫が必要のようです。 てんさい糖などもいいと思います。

Next

小豆入り玄米ご飯の炊き方 ・ その1

鍋に1、たっぷりの水を入れます。 すぐに煮始めましょう。 王道のやり方は、水洗いしたらすぐに煮始め、最初の煮汁はアクが出るから捨てて、新しい水で煮始める(渋きり)が小豆を炊く際の王道。 まだ硬いようなら、湯を少し足してもう一度炊飯。 1として紹介できそうです。

Next

小豆入り玄米ご飯の炊き方 ・ その1

1回の渋切りなら、小豆の素朴な風味、野性味が味わえます。 こちらも 冷凍保存ができるので大量に作った場合は冷凍しておくと便利ですね。 蒸らしは、3分程度でOK。 使いたい時には、板チョコのように手でポキポキ簡単に折り目から折れるので便利です。 先ほど茹で汁を切った小豆を鍋に戻し、今度は豆の量の4-5倍程度の水を入れます。 私の玄米ご飯の炊き方は、玄米を圧力鍋に入れて火にかける前に、8時間ぬるま湯に浸水させます。 この作業をさらに3回繰り返し、合計で5回行います。

Next

砂糖を入れるタイミングが重要! 日本人なら知っておきたい、おいしい「あんこ」の作り方

そして、自分のあんこの炊き方を惜しげもなくすべて公開しているところも人間の大きさを感じることができました。 北海道の中でも気候風土が違うため小豆の育ち具合いも違います。 。 小豆の ホクホク感は手作りならではのおいしさですよー 意外と簡単に炊けるので、お時間のある時にでも ぜひ作ってみてくださいね^^ スポンサーリンク. 小豆が煮えたら冷まして汁ごとミキサーに入れる。 小豆は渋みが強いので、渋りの作業が必要です。 少しずつ水を足しながら混ぜ、使いたい固さよりも少し緩いくらいで火を止めます。

Next

甘いあずきの煮方 作り方・レシピ

大胆に砂糖なしで小豆を塩ゆでしても意外と美味しく食べられます。 お汁粉(おしるこ)、ぜんざい用は、煮上がった豆と煮汁にお好みの量の砂糖を3回位に分けて入れて煮ます。 もう一つ、あんで作るあんソースもご紹介。 最初に砂糖を入れ過ぎると、薄めることはできませんから、最初は小豆と同量から始めて徐々に増やすのがポイントです。 芯まで柔らかくなっていれば、 火から外して、蓋をしたまま30分蒸らします(この蒸らしで煮えムラをなくします)。 砂糖の割合は小豆と同じ分量ですが、もし甘いのが苦手で甘くないほうがいいなら少しお砂糖の量は調整してみてくださいね。 煮えムラを避けるためにも産地限定の小豆を購入したほうがいいですね。

Next

あずき(小豆)のゆで方、煮方、下ごしらえ

100g の小豆を鍋に入れ 900ml の水を鍋に入れる 強火で沸騰するまで火にかける。 浮いているあずきは取り除き、中火で加熱します。 びっくり水とは? 小豆を急激に加熱すると、表面だけが煮えて芯が煮えにくくなります。 小豆の中まで熱が通ればOK。 砂糖の濃度が少しずつ上がっていくので急激な脱水がおこらず、甘味が浸透しやすくなります。

Next

砂糖を入れるタイミングが重要! 日本人なら知っておきたい、おいしい「あんこ」の作り方

砂糖:240g(小豆の1. 5Lの湯を沸かし、小豆を入れる。 まあ、この程度でしょうか。 長期保存するならまだしも、あんこを作ってすぐ食べるなら、何にもそんな事はする必要はありません。 およそ0. お好みの甘さに仕上がったら、ぜんざいの汁の出来上がりです。 木べらなどで小豆を潰しながら仕上げれば、練り餡になります。 小豆の煮上がりの確認は、食べてみることも大事ですし、 指で小豆をつぶしてみて、芯まで柔らかいかを手でさわって確認することも重要です。 ぜひシンプルなおいしさを味わっていただきたい!だから自家製あんこをオススメしています。

Next

あんこの作り方(粒あんレシピ)

小豆と砂糖の割合は? 普通は小豆と 同量の重量の砂糖で煮ますが、砂糖を少なくして甘さ控えめに煮たい場合は、8割くらいにしてみて下さい。 豆を指ではさんで、楽につぶれるようになったらOKです。 30分後に蓋を取り、 小豆をざる上げして、煮汁は捨てます。 それを鍋の中に戻し、全体に混ぜる。 鍋を中火にかけて、沸いたらアクをすくい取ります(アクがさほど出なければ取らなくてOKです)。 品種が異なります。

Next