バイデン サンダース。 トランプと対峙する民主党有力候補4人に注目

バイデン氏、国民皆保険巡りサンダース氏ら批判-米民主党の亀裂露呈

トランプ大統領の再選が難しいと言われていることを考慮すると、やはりサンダース氏よりバイデン氏の方に軍配が上がる気がします。 5人に1人がサンダース氏と同じことを言った。 貿易政策を巡っては、現職のトランプ大統領への非難一色となった。 バイデンはヒスパニック系以外の幅広い人種からの支持という点で、サンダースより優勢であった。 でも スーザンと正式に再婚する事はなかった 1988年、バーリントン市長時代に教育家で、 ジェーン・オメアラと再婚。

Next

2020年の米国選挙:横行バイデンがサンダースをハットトリックで押しつぶす

事実上、この2人の争いが7月の民主党大会まで続く見通しだ。 「特にサンダース上院議員に触発された若い有権者に言わせてください、私はあなたの話を聞いて、何が問題なのか、私たちは何をすべきかを知っています。 エイミー・クロブシャー(59)上院議員、初の女性• また、アメリカ人はこれまでも危機の時には立ち上がり、いつも以上にがんばることで乗り越えてきたと強調した。 それは、「誰が中国に対して甘いかを訴えるのが選挙広告の中心になっている」というものです。 若者票の獲得に成功していたサンダース氏は、ここ数週間はバイデン氏から遅れを取っていた。 年配の有権者はバイデン氏を支持したと言う傾向がありました。

Next

public.ukcrn.org.uk : サンダース氏が撤退表明、米民主党はバイデン氏の指名確実に 米大統領選

サンダース氏: かつてヒラリー・クリントン氏とも接戦を繰り広げた、若者に人気のある候補者。 サンダースはそこが社会主義者なの」 加えて、ヴェロニカさんはサンダース候補とドナルド・トランプ大統領の共通点を一言で述べました。 政治家を目指すきっかけにもなってるんですね。 それではあらためて、 2020アメリカ大統領選挙の候補者バイデン氏の政策について、同じく候補者のサンダース氏の政策についておつきあいください。 42%のトランプに6ポイントの差をつけている。 皆さんが必要だ」 3月に民主党候補争いから撤退したエリザベス・ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州選出)も、「選挙戦中、粘り強くアメリカの労働者世帯のために戦ってくれた」として、サンダース氏に感謝した。

Next

穏健派バイデン氏が躍進 サンダース氏と一騎打ちの様相 [トランプ氏と戦う民主候補は]:朝日新聞デジタル

バイデン氏がその支持者らの票を得る形となった。 しかしまだ政策が詰められておらず、トランプ大統領を打倒できる見込みは見えていません。 (ワシントン・山崎洋介) 「ヒラリー・クリントン氏よりもジョー・バイデン氏との関係の方が良好だ」 サンダース氏は9日に発表されたニューヨーカー誌とのインタビューで、バイデン氏との密接な関係を強調。 だが今回は、サンダースはトップランナーの1人であり、サンダースの発言に対する吟味も厳しいものになるだろう。 「サンダース氏の支持者に対し、私も同じ誓いを立てる。 だが民主党の指名獲得に向けた争いは成功しないとの結論に至った。 portrait-tablet-and-below• 大歓迎だ。

Next

バイデンかサンダースか、トランプ再選を阻みたい民主党が選ぶのは? WEDGE Infinity(ウェッジ)

何と言ってもアメリカ合衆国の副大統領を10年近く勤め上げた実績のインパクトは絶大です。 共和党全国委員会のロナ・マクダニエル委員長はツイッターで、トランプ氏が「正式に共和党候補となる見通しになった」ことを祝った。 wide-browser-and-larger• 私は皆さんのことを見ている。 「米国では億万長者は尊敬されているのに、サンダースは彼らは必要ないと主張しているの。 また、インディアナ州サウスベント市のブティジェッジ(Pete Buttigieg)前市長は、序盤に予備選が行われる州の世論調査で好位置につけており、この4者のいずれかが、本選挙でトランプ大統領と対峙する公算が大きくなっている(1月現在)。 バイデン氏は、メディケア加入最低年齢を65歳から60歳に引き下げ、公立大学などの教育機関に通う低所得者層を対象に、学生ローンの債務を免除すると表明。 シンプルに言うと、サンダース氏の政策は生活保障を求める人たちからは支持されます。

Next

バイデン氏とサンダース氏って誰?米大統領選の勝者を予想!

既得権層はについては、民主党執行部を「エスタブリッシュメント(既得権益層)」だとして批判し続けていました。 「少なくとも幾らかは支持する」と回答した者は45%だった。 1つの立場は、2016年選挙の際のトランプと同じように、時に過激な主張をしてでも有権者の関心を活性化し、その支持を得ようとするものである。 厳格な批判が自らに跳ね返ってくる可能性があるのである。 「持てる者」となったサンダース 、の原稿で紹介したように、最近の民主党内では民主社会主義者を自称するなど、左派寄りの立場を示す人々(リベラル派)の声が大きくなってきている。 (CNN) 米民主党のバーニー・サンダース上院議員は8日、11月の米大統領選に向けた同党の候補者指名争いから撤退すると表明した。

Next