平塚 八兵衛。 刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史

ギャラクシー賞受賞の名作、渡辺謙『刑事一代』が甦る!緊迫の取調室シーン

この男こそ、数々の難事件を解決し、 捜査の神様とまでうたわれた昭和の名刑事・ 平塚八兵衛(渡辺謙)その人だった。 父親が元警官で、八兵衛のような刑事になりたいと願っていた。 逮捕した被疑者は極刑に処せられた者も多かったが、結局、帝銀事件の死刑囚であるより先に鬼籍に入った。 佐藤圭作(三億円事件捜査員):• 1976年1号 1976年1月1日号 第6話 三億円事件発生の6 時効前夜 2号 1月5日号 話数 タイトル サブタイトル 掲載号 月日 第1話 マコトちゃん事件の1 誘拐 1976年3号 1976年1月12日号 第2話 マコトちゃん事件の2 現金 ゲンナマ は用意したか!? 八兵衛の回顧録を作るため、吉崎と共に八兵衛宅を訪れる。 吉展ちゃん誘拐殺人事件にて小原保の捜査に途中から合流し、八兵衛の下についた若手である。 八兵衛以下の名刺班をバックアップする。

Next

平塚 八兵衛(ヒラツカ ハチベエ)とは

逮捕の決め手は、脅迫電話の録音テープのその声でした。 その中でも特に平塚の名を高めたものとしては、犯人にを奪取された後に犯人の声をメディアに大々的に報道されて国民的関心事となる中で迷宮入り寸前になり戦後最大の誘拐事件と言われたにおいて、犯人ののアリバイを崩して自供に至らせた粘り強い取り調べがある。 しかし「下山事件」では、徹頭徹尾自殺説を取り、これに関しては取りつく島がありません。 山下刑事(警備員殺人事件捜査員):• 「カクタホテル殺人事件」でも、八兵衛は先ず、死体の状態を彼なりに疑い、 鑑識のその後の捜査で、指紋が無く異常な状況であると認識したのが本当らしい。 郷里での警察署に勤めていた給仕との諍いから、刑事に袋叩きにあった経験がきっかけで警官になり、を皮切りに、刑事として数々の事件捜査に関わる。

Next

刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史

小原に自分を重ねることができたのかもしれない。 一方、 「カクタホテル殺人事件」では、初動で自殺説が有力だったところ、 指紋が検出されなかったことを不審に思った八兵衛は他殺を主張、 そして、見事に犯人逮捕を果たしている。 吉崎真由: 産政新聞カメラマン。 その年にとに捜査事件のレビューが掲載された。 また、三億円事件に関しても、一般で語られること以外が述べられており、改めて興味を抱いた。 潔いのであります。

Next

平塚八兵衛とは

「片岡仁左衛門一家殺人事件」でも、 心神耗弱で無期懲役になっている。 また渡辺は、今回の放送にあたり、 「とても好きな作品を再編集で放送していただけること、とても嬉しく思っています」とコメントしている。 著者は大正2年9月29日に生まれた。 吉崎真由 ・・・・ 相武紗季• 「吉展ちゃん事件」で明らかなやうに、この人の取り調べは、被疑者の過去を徹底的に洗ひ、「悪事を暴く」のではなく「どんな良いことをしてきたのか」を調べ上げ、「この人は俺の味方だ」と被疑者に思はせるところに特徴があるやうです。 いつまでも嘘をついて逃げようなんて思うな。

Next

「平塚八兵衛」に関するQ&A

平塚は子供の頃から気性は荒いが、頭が良い子供で「ガキ大将」のような子供だった。 2019年7月28日閲覧。 平塚八兵衛が小原保の郷里の福島に行った際、その母親に会っています。 証人の名前は本名のまま掲載してある。 今回は「吉展ちゃん事件」を中心に、平塚八兵衛の熱のこもった生き様を堪能できる特別版でお届けします。 また、テレビ時代劇「」(1977年、NET)には北町奉行役で出演した。 「福島誠一」というペンネームで、死刑執行後に出版された歌集『昭和万葉集』に370首もの短歌を投稿していました。

Next

刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史

母親は「息子は人を殺すような悪人ではありません。 だが、参考人や被疑者の段階で、人権を無視した捜査は、 殊、物証に拠らない逮捕、自白強要は冤罪の温床でしかない。 一度も昇進試験を受けずして、退職時には警視まで上り詰めた叩き上げの刑事である。 blog. さすがの八兵衛も 「何故、指紋で調べないのか」と云う問いを発したらしいが……。 小原の郷里・福島県に向かった石崎と八兵衛。

Next

平塚八兵衛

tv-asahi. 米沢信雄(警備員殺人事件の鑑識):• それは発見された新聞の小さなかけらにより、直前時期の塗装だったことが分かった。 夜回りの応接間では、奥さんが運んでくれるお茶とせんべいや菓子をつまみながら、捜査一筋の刑事一代を聞かせてくれました。 視聴率は第一夜19. 66歳でした。 佐藤吉蔵(カツヨの親戚):• fc2. 別の窃盗事件で逮捕され、前橋刑務所へ収監中であった。 佐藤ギン(吉蔵の妻):• 警視庁は当時、荒川区で時計修理工をしていた小原保(おはら・たもつ)を容疑者として2度取り調べましたが、落とすことができませんでした。 また、映画『天国と地獄』を観て、子供を誘拐し身代金を得ようと考えたそうです。

Next

刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史

吉展ちゃん誘拐殺人事件編 [ ] 事件関係者(容疑者側) [ ] 小原保: の容疑者。 昭和の風情を探してあちこちロケにうかがいました」と振り返り、「萩原聖人くんとの取り調べ室は、出来るだけ集中力を高めるため、数日スタジオの近くに宿を取り臨みました」と明かしている。 三億円事件・40年目の謎を追え! その水鉄砲はアメリカ製で60センチほどある大きなものでしたが、水を入れる部分が壊れていて一生懸命なんとか水を入れようと悪戦苦闘していたのでした。 その後、退官後も三億円事件の継続捜査に苦慮する八兵衛を陣中見舞いに訪れたりするなどしていた。 「三億円事件」に関しては・・・ま・・・さわりをチラっとやったんだけど、多分、あの事件ではあまり活躍も出来なかったし、時代の移り変わりを知ることになってしまった。 自分の持論を徹頭徹尾曲げない信条から、度々周囲の刑事と衝突するが、上役の加山や尾藤らにもその腕を認められる。

Next