ボー ヒュース ニット。 世界はほしいモノにあふれてる 観ました

林ことみのNordic Knitting Laboratory

アヌー・コトリ(Anu Kotli) この小さな動物ニットは、エストニアのテキスタイル作家アヌー・ラウドからのアイデアです。 三國さん、今度は羊毛家のパニッレさんを訪ねます。 Ravelryにも にアップしてます。 とってもお上手でした! 実はこの番組を見た後、 最近毎晩楽しみにしている配信と一緒に 寝る直前まで私もあみあみしてました。 でも、復刻版を作ってる人もいる! なんかこの流れ、我が国の伝統工芸品にもあるよなあ。 見学や茶道の体験など、日本文化にふれる内容の3泊4日のツアーでした。

Next

世界はほしいモノにあふれてる 観ました

さて、先週Seattle Knitter's Guildの集まりに行ってきました。 そのため、午後6時半でも薄明るくなっています。 ロピーとは撚りのかかっていない羊毛のこと。 しかもグラデーションとか編み込み模様とかがものすごく凝ってる。 スザンナさん、いくつかの彼女のコレクションであるボーヒュースのセーターを持ってきてくれたのですが、一見見たらまさに既製品としか思えないほどで、普通はみんな機械編み?と思うらしいです。 去年の今頃は髪振り乱しての開催準備中でしたっけ。

Next

ボーヒュースニット(Bohus knit)NHKせかほし紹介の「幻のニット」 Bohus Stickning のキットや本はどこで買える?リバイバル(復元)の動きは?世界はほしいモノであふれてる「冬のほっこり」

ところで、この集まりに行った際、最近編みあがったアラン模様のベストを着ていったのですがお褒めの言葉をいくつかいただき、帰りはかなりご機嫌でした。 ナレーション(天の声)は 神尾晋一郎(かみおしんいちろう)さん。 ボーヒュース博物館のショップでは本やキットの販売も! 博物館ショップでは、ボーヒュースニットに関する本やキットの販売などをしています。 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、当社スタッフ、そのご家族ならびに関係者の健康と、今後の安定したサービス提供を目的に、 現在本社全従業員を対象に在宅勤務を実施しております。 講座では、持ち方、作り目、増目減目の仕方、あるいは二色の糸を持っての仕上げ方などを紹介し、その練習とアドバイスなどを話します。

Next

ボーヒュースニット(Bohus knit)NHKせかほし紹介の「幻のニット」 Bohus Stickning のキットや本はどこで買える?リバイバル(復元)の動きは?世界はほしいモノであふれてる「冬のほっこり」

1971年、新潟生まれ。 10—15.。 2016年3月7日閲覧。 シンポジウム終了後、海外参加者のうち50人は京都ツアーに。 スザンナ・ハンソン(Susanna Hansson) ボーヒュースニッティング この講座では、ボーヒュースニッティングの歴史、文化的背景、ストーリーなどを織り交ぜたスライドショーもします。

Next

ボーヒュース・ステックニング

今年はニットを楽しみたい、そしてスカーフを楽しみたいと語るお二人。 でもボーヒュースは裏目もあわせているので、独特のテクスチャーがでてきます。 バイヤーは ニットデザイナー 三國万里子(みくにまりこ)さんでした。 どんな抱き心地なんでしょう?? パニッレさんは、ボーヒュースニットのリバイバルに取り組んでいます。 お茶を飲むたびに ほっこりさせてもらえそうです。

Next

キット・ニット完成品

スウェーデン語. エンマ・ヤコブソンという女性がボーヒュースニットは不況におちいった石切り職人の妻たちの編み物に目をつけて、斬新な手編みニットを生み出す会社を作りました。 ロピーセーターは丸ヨーク、胴体、袖をすべてわに編むのが特徴です。 去年のシンポジウムがこのような形で認められたことは大変嬉しく、 真理子さんと共に労をねぎらい合いました。 ボーヒュースニットはとても高額だったそう。 ここ数年は復元させる動きがあるということで、いろいろ調べてみました。 去年の秋から少し暇になって、 今まで買いためた洋書のニット本と首っ引きで 珍しい(私にとってですが)編地サンプルを作っています。

Next

世界の伝統柄を編む ミニチュアニットコレクション

Loveland, CO: Interweave Press. 機械編みレベルの細い糸で複雑に編んでいきます。 ボーヒュースニット誕生の80周年にあたる2019年12月19日にはボーヒュース博物館でシンポジウムも開かれ、復元された5つのうち3つのデザインが発表されたそうです。 に たいし より• 2019年4月からは放送時間が50分に拡大されてパワーアップ。 私は応募して頂く事は知らなかったのですが シンポジウムを共に運営した真理子さんが締め切り直前に気づき、 慌てて応募した次第です。 光り輝く毛は、ストレスがないウサギならではのもの。

Next