ジュナイパーデッキ。 【ポケモンカード】強化拡張パックサン&ムーンで注目のカードとGXポケモンまとめ【ポケカ】

【くそデッキ】三神ジュナイパー public.ukcrn.org.ukg SpecialDeack

しかし、このジュナイパーにもしっかり弱点はあります。 前の番にポケモンが倒されていれば、無色2つで120ダメージ。 ふしぎなアメとジュナイパーを手札に揃えなければならない都合上、 博士の研究やマリィやシロナは非常に相性が悪いので、 純粋な縦引きでより多く枚数を引けるカードがあると便利です。 ムゲンダイナVMAXはわずか2エネで270もの火力が出せるので、2体育てることは容易です。 ・小ズガを握る 上記、同様炎デッキですが小ズガ(《ズガドーン》)も弱点をつけるため少ないエネルギーコストで突破できます。 まずはネストボールやウツギ博士のレクチャーといったカードで、モクローとゾロアをベンチに並べて、場を完成させることを意識しよう。 毎ターンポケモンが倒されるなら毎ターン使いたいので、 最大枚数採用しました。

Next

ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【ジュナイパー】

本当は採用したいです。 プレイヤーの技量が大きく試されるデッキになっているだろう。 ほとんど確定サーチから取ってきてる気がします。 一見難易度が高いように見えますが、 メイを使うことで簡単に全て揃えることができます。 ベンチ攻撃も予め対策をしておくと被害は抑えられます。

Next

【企業対抗戦準優勝】ゾロアークジュナイパー

今回のデッキでは「ジュナイパーGX」までこのワザで進化させるのが目的。 練習ではほとんど何もできずに負けていました。 採用カード紹介 ジュナイパーGX• ジュナイパーGX軍団でダメージの雨!「晴れのち矢の雨」 こんにちは! 3度のメシよりコンボ好き、筆者のインゲンです。 このスタジアムは、場に出ているかぎり、おたがいのプレイヤーが手札からグッズまたはサポートを出して使ったとき、その効果を受けない。 その為にも、フェザーアローの対象を選び先が重要になってくる。 デッキリストだけでは説明しきれないところもあるので、各種カードの解説をしていこうと思います。

Next

フェローチェ&マッシブーン+ジュナイパーGXデッキ【トレーナーズリーグ優勝・UB

ジュナイパー おたがいのプレイヤーは、自分の番ごとに1回、自分の草ポケモン1匹のHPを「60」回復し、特殊状態もすべて回復してよい。 内訳はジュナイパーがメインのデッキが2デッキ、ボーマンダVMAXがメインのデッキが2デッキ、クワガノンV、三神ザシアン、ヨクバリスデッキがそれぞれ1デッキ優勝しています。 130ダメージを出せるポケモンは多くいるので、一例を載せておきます。 ハッサムを動かす回数分だけあればいいので、 ふつうのつりざおでハッサムラインを山札に戻すことも考えると2枚でも問題ないのですが、 ハッサムは全てサイドに落ちてもデッキの最大出力を押し付ければ最悪ジュナイパーでもなんとかなるのに対し、 鋼エネルギーは全てサイドに落ちるとハッサムが何枚いようが全く機能しなくなってしまうので、 2枚落ちるところまで考慮して3枚採用としました。 気を付けて下さいね(とくに過去の自分……)。 おめでとうございます!!! — MINT三宮店 2F カードゲーム MintSannomiya2F 独自評価・分析 6月23日大会が開催された優勝7デッキを紹介しました。 特に《ジュナイパー》が1エネでワザを撃てる点がいいですね。

Next

【2020年6月30日】ポケカ大会優勝デッキレシピまとめ&独自分析考察【全5デッキ紹介】

おまけ 仮組みのデッキですが、向き不向きがはっきりしているので、環境が定まってくると使いやすくなるかもしれません。 「グズマ」を採用して、事故を回避しつつ時間稼ぎを兼ねるのもけっこう強いかも! 編集後談「ファッションセンス」 ここまでありがとうございます! 筆者のインゲンです。 最初の1枚のジュナイパーを取ってこれれば仕事としては充分なので、 とりあえず貼り得です。 合わせるポケモンは下記の通りです。 カウンターゲインをつけるとげんきのハチマキをつけられない 3. フクスローは、 グッズロックを受けたときやふしぎなアメがサイドに2枚落ちたときにあると便利なので採用しました。

Next

【ポケカ】「スターターセット草 ジュナイパーGX」開封結果

デッキの使い方 序盤は進化元になるポケモンを並べよう このデッキは進化ポケモンをメインに戦うデッキ。 今回は2枚しか採用していないためどのタイミングで使うかが勝負のカギを握ることになるでしょう。 の技「スピリットアロー」のベンチへのダメカン巻きと相性がいい といった点が挙げられます。 サイドを取り合う試合はジュナイパーが倒される試合なので、 取られるサイドプランとしては、 モクロー1枚 ジュナイパー1枚 ハッサム3枚 ジュナイパー1枚 のようになります。 逃げるためのエネルギーがゼロのカプ・コケコがバトル場にいることで、ゾロアークGXがワザを撃つための準備が出来次第すぐに入れ替えることができます。 ・《ブルーの探索》から簡単に 《カスタムキャッチャー》2枚を持ってこれる。 さらに、ワザに必要なエネルギーも、悪エネルギー2枚なので、前のターンに【パワーアクセル】によりエネ加速できていれば、悪エネルギー1枚貼るだけでワザを撃つことができます。

Next

【ポケカメモ杯準優勝】ジュカインジュナイパー

その為にも、フェザーアローの対象を選び先が重要になってくる。 そのため、ゾロアークGXの特性「とりひき」を使って進化に必要なカードを山札から手札に加え、どんどんジュナイパーに進化させていこう。 ベンチのポケモンを手札に戻す必要は無く、 ベンチに出す出さないはプレイングでカバーできるので、 1枚だけ採用しました。 「デスカウントGX」で倒す予定のポケモンには、ダメカンを乗せすぎないように注意しよう。 SM環境のフーパのような特性なのでエネ管理さえできればどのデッキでも重宝しますね。 下記のポケモンと合わせやすいです。 ゲルニカだって、なんじゃこれ、で済まされないパワーがあります。

Next

【ポケモンカード】ジュナイパーGXのデッキレシピと使い方【ポケカ】

ポケモンカードゲームトレーナーズウェブサイトより 今優勝デッキまとめ記事を参照していただけたらわかると思いますが優勝しているデッキのほとんどがGXポケモン、Vポケモン、VMAXポケモンを主軸としているデッキとなってます。 ギーマ抜きなよ、はスルーします、、、。 自分の場の2進化ポケモンは基本的にいつでも3体以上いますから、これをジュナイパーGXやメガニウムにつけて、ダメージの底上げを狙います! なお、プリズムスターなのでデッキに1枚しか入れられませんが、今回のリストでは 「レッドの挑戦」からアクセスできるようになっています。 特性【みつりんめいさい】によって、V VMAX ・GXからワザのダメージを受けないため、 多くのプレイヤーが使っているデッキに対して有利が取れます。 ちょくげきひこうでどこにでも10ダメージを飛ばせるので、 先攻2ターン目に倒されないことが確約されているならバトル場にエネルギーを貼り、 げんきのハチマキ1枚分のHPの調整を行います。 早い段階で、相手の体力の低いポケモンを1エネで狩れるフーパ、ドローソースとして無理なく採用できるを採用しました。

Next