エーデルガルト 支援会話。 私とエーデルガルトの間に割り込むヒューベルトとかいう従者について【FE風花雪月プレイ日記その1】

エーデルガルト

「帝都アンヴァルに向かうエーデルガルトに同行するか?」という選択です。 と、一連の件を挙げればの …といってもそのキャラも好感度が低いと… な印象を受けがちだが、同級生の素行を 頭から注意するのは序の口として、家臣に 容赦ない沙汰を下したり 相手が奸臣なので自業自得ではあるが 、特定の相手 後述 に対して を抱いたりする 後述の事件のきっかけ 等意外にも激しい面もあり、級友からは「何でも自分を基準に考える」と指摘されている。 守備も魔防も高く魔道や弓で反撃出来ないのも痛い。 ジェラルトがレアを怪しんでいた事は知っていたようですが、それだけでは足りない。 スカウト条件を満たしている際、あえてスカウトを断るとその散策中でのスカウトができなくなる。

Next

【紅花の章】特定ユニットでの「戦闘会話」を集めました【FE風花雪月】

(もちろん、他の人との支援会話や、第二部のストーリーから プレイヤーが察することはできる) 父方がパルミラ人であることは明言されないが 「フォドラの喉元を越えてくる」と言うので、 あの世界の常識からすれば言ったようなものだと思われる。 お茶会中の贈り物• イエリッツァvsメルセデス コンスタンツェvsメルセデス 煤闇配信で追加。 我輩は君の思想に強く共感している。 課題出撃後に選択肢発生 エーデルガルトとの会話で「付き合う」を選択していると、2月課題出撃後の選択肢が増える。 スカウトにはある程度の能力値や技能レベルが要求されるため、第一部終了までにスカウトできる全生徒のスカウトが困難だとみて、「そうか、課題協力で呼んでから撤退させればいいじゃないか」と思ってしまったのが運の尽きだった。 (肩を貸してもらって)これで、かなり近くなった。

Next

私とエーデルガルトの間に割り込むヒューベルトとかいう従者について【FE風花雪月プレイ日記その1】

レア様とペアエンドを迎える為には、第一部の時点で支援段階をAまで上げておく必要があるのだが、DLCクエストでレア様とのお茶会が解禁されたおかげで、条件を満たす事は容易だった。 黒鷲ルートを既にやっていたため、ランドルフの例のシーンではウワーとなり、村人Aもといフレーチェが出てきたときは更にウワーーッとなったりして、なんかもう先を進めるのが怖いレベルにまでなっていた。 シナリオ中、一番語られたことの多かった人物なので、 彼の背負っていたもの、これから背負うもの、決めた道などを織り交ぜていて、 途中までは共通のED部分かと思ったくらい。 その意味がやればやるほど分かるようになる。 また、北欧神話にはという終末の日が存在し、それに際して、秩序は壊れ、神々は死に、世界は炎に包まれた後に海の底に沈み、また海から出てきて世界は再生するのだが、フレースヴェルグという名前は古代ノルド語で「死体を飲み込むもの」を意味し、ラグナロクの時に死者をその嘴で引き裂くとされている鷲は、このフレースヴェルグであるという説がある。 ま、詮なきことでしょう。 そう彼は、決して邪悪な男ではないんですよね。

Next

エーデルガルトはやっぱりヒロインだった【FE風花雪月】

黒鷲とそれ以外の学級で分岐があるとすれば、「聖墓の戦い」だろうなぁとはわかっていました。 後日談は言葉ではなく剣で語り合う二人。 第二部に入ってもまだ判明しなかったマリアンヌの紋章が、外伝ストーリーでようやく明らかになるところなんかが特に印象に残っている。 (加筆)別の選択肢だと…… 「黒鷲の学級ルート」では、• 特に主人公が普通にやっていたらなる剣士系統が最上級職ではエピタフ(魔法剣士)という変わり種しかないの完全に罠である。 実質金鹿ルート2周目だと感じる理由はもう一つある。 シルヴァンだったらアウトだったw 紋章を持たずとも同等の力を使える「魔道具」なるものの発明は、 実は一番すごいことなのでは!? 紋章に依存していたフォドラを解放したと同時に、 一波乱どころではない戦乱を呼びそうでもあるな~…! アロイス:新たなセイロス騎士団長でありながら、 同時に兄…いや、もう一人の父ともいえそうな存在というエンディング。 プロスニラフはどこからきたのだろう? カスパル:指輪を出してしばらく沈黙されたから、 支援値が足りないとかで断られるのかと思ってしまった。

Next

FE風花雪月。支援会話とかSエンドとかペアエンド関係のツイートまとめ : さりゅさん

エピローグでは、彼女自身はアドラステア皇帝として改革に着手するというのは確定事項であるため、ペアエンドの相手がその影響を受けエーデルガルトの治世にどんな形で貢献したのかが書かれることになる。 孤児救済(寝床、食事、学問) シルヴァン:「他の女を見るなって言うならこの目を失ったって構わない」は怖いw (ベレス先生もツッコんでたけど。 彼もレオニー同様エーデルガルトへの不信感があるはずです。 作ってくれてありがとう。 ただちょっと残念なのは、「シャミアvsツィリルの戦闘会話がナシ」という点。

Next

風花雪月 紅花の章におけるスカウトキャラの寝返り動機について

やった人ならわかると思うが、周回すればするほど面白い。 きっと歌劇を見に来てくれたのね。 はっきりとは告げていないが、ゲーム内の情報からするとそういうことだろう。 このことは、復讐に歪むディミトリに対してかけたまるで他人事のようなセリフや、レアを打倒した際の決め台詞が「 人が自ら立ち、支え合うこの世界に、神の居場所はない!」という、未来だけを見て何一つ過去という要素を含まないものであることからも解る。 わかりやすい点では、セイロス教団と敵対してもセイロス教それ自体は否定せず、彼女自身の認識としても皇帝として啓蒙している話としても「教団が神の姿や本来の歴史を歪めている」としている。 その一方で肝心のシナリオ本筋の描写不足や雑さが多数見られるのが非常に勿体ないところ。 なお紅花の章ではスカウトしなかった場合登場しません。

Next

【紅花の章】特定ユニットでの「戦闘会話」を集めました【FE風花雪月】

一方で、歌姫として活動してきた中で人間関係の光と闇を経験しており、男性から迫られたり命の危険に晒されたりしたこともあったためか、冷めた人生観をしている。 普通:1• それが腹立たしいまでに見事に描かれており、スタッフの手腕に唸ったし、やるせない気持ちにもなった。 ケンカップルなのですが、けんかの原因はお互いに思いあっているからこそなのでいらいらしません。 同じゲームでも進め方、人によって全く別の感想を持つ、そんなゲームなのだ風花雪月は。 私は斧が似合うな女の子が大好きなので風花雪月のPVを観た時点でエーデルガルド(以下エガちゃん)ルートである黒鷲の学級を選ぶのは最初から決めていた。 ありがとう。

Next

そらのうきぶくろ — ファイアーエムブレム風花雪月を5周した話

この部屋に入るのは初めてではないかね。 1周目をクリアした時点でも割と思っていた事ではあるが、風花雪月は1周目に選んだルート次第で、各プレイヤーが抱く印象に深い断絶を生む。 ディミトリの豹変は第二部中盤まで続く。 「紋章に絶対の価値を見出す社会を変える」という夢を抱くことで。 いや、いやいや、そんなこと言われても私はエーデルガルトと結婚しますからね! 一目惚れだったんですからね! そのくせベレスとの支援会話では 「消しますよ」と言ってくる。 アネットは数少ない癒し枠と見せかけて、先生との支援では頑張りすぎてしまうという闇を見せつけてくるため、どうして青獅子はそんなに追い詰められている精神の人が多いんだろうとなってしまった。 実験の結果、彼女は主人公と同じ特別な 「」を宿すようになるも、その代償はあまりにも大きなものであった。

Next