レーダー 照射。 【レーダー照射】韓国の呆れた対応にアメリカや海外の反応は?

レーダー照射問題~日本に謝罪できない韓国の事情

さらに。 救助活動中の艦艇に対して威嚇的な低空飛行をした理由を説明するべき•。 宮家)それは両方から説明を受けていると思います。 以下はN氏の陳述である まず原告およびその場に居合わせた方々、そして差別的な言動によって人権を侵害してしまった不特定多数の在日コリアンの方々に、心からお詫びします。 ここで、電波の速度が非常に速い、と言うのがミソです。

Next

レーダー照射:中国のGPSを搭載していた可能性 秘密の詰まった工作船が日本に拿捕されるのを恐れ韓国に救援依頼(1/5)

2019年1月23日閲覧。 韓国国防省報道官は3日、日本側の主張に反論するための映像の作成が最終段階にあり、準備が出来次第ホームページに掲載する予定だと述べた。 なぜ日本の内で日本からの緊急無線に反応しなかったのか• もし憶測が事実であれば、この問題は日韓レベルの問題ではなくなる。 2019年1月22日閲覧。 米国の同盟国からロックオンされたのだから。

Next

韓国軍によるレーダー照射問題!海外の反応まとめ!韓国政府の反応も

0MHz 、 121. 事件の経緯 [ ]• 2019年2月13日閲覧。 日本は挑発に乗らず、国際社会に対しては 「日本は対話による解決を目指して行動しているが、中国軍が一方的に挑発をかけてくる」ということをアピールすればよいのです。 しかし、氏によれば、STIRと他のレーダーとは周波数が異なるため識別は容易であり、は明言こそしていないがSTIRの使用を確信しているようだ。 これまた商売大繁盛です。 潮)仮に日本側にあったとしても、それを実現するための装備をつけていないことは見ればわかりますので、逆に撃てば当たるような状態にしていた韓国側の行為そのものが脅威であって、全く主張が逆転しているのではないかと思います。

Next

韓国レーダー照射の場所や真相!海外の反応・韓国の反応・日本の反応も総まとめ

- YouTubeの韓国国防部公式チャンネルにて、8カ国語(韓国語・英語・ロシア語・日本語・スペイン語・フランス語・中国語・アラビア語)で動画が公開された。 。 飯田)報道官によると、この映像には哨戒機そのものは映っていないということです。 などしてくださる(、/)。 韓国はまたを使っているようだ。 不測の事態を招きかねず極めて危険」と述べ、韓国に強く抗議したことを明らかにした。 朝日新聞. 産経新聞. 都合が悪くなれば、今の公式見解も、どうせまた変えるんだから。

Next

【海外の反応】日本海のレーダー照射問題について韓国人が突っ込んで解説する動画

脚注 [ ] 注釈 [ ]• 1,300件のビュー• がからの救助信号を受けていない(なぜ韓国は救助信号なしに漁船の位置を特定できたのか)• この問題について、韓国側は、現場の通信環境が悪く、同機からの呼びかけをほとんど聞き取れず、「KOREA COAST」と聞こえたために反応しなかったと説明しています。 それをどうやって説明するかといったことが十分に練られていなくて、日本側が切り札の映像を出したことによってまた困ってしまったので対応しようとしている。 また、海自P-1哨戒機は、韓国駆逐艦に呼びかけた同じ通信機器(この通信機器は飛行前、飛行中及び飛行後に正常に作動していたことを確認済み)を用いて、埼玉県の陸上局と通信を行っていたほか、現場から約240km離れた位置を飛行していた航空自衛隊の練習機が、この韓国駆逐艦に対する同機の呼びかけを聞き取っていたことも確認しています。 なぜ救助された漁船の情報が出てこないのか のような疑問に対する回答が韓国側から提示されていないことが大きいようだ。 1秒で地球を7周半回ります。 同日夜、先日から公開していた反論動画に関し、新たに6ヵ国語を追加した計8ヵ国語分の映像を公開した。 日本側の主張は能登半島沖の日本側EEZ(排他的経済水域 内となっています。

Next

レーダー照射問題、日韓双方の発表をとことん突き詰めてわかる8つの「ファクト」と「フェイク」

レーダー照射を受けたあと 156. 日本海において、韓国の駆逐艦と警備救難艦、そして漁船を発見しました。 同時に、2013年1月19日午後5時頃にも東シナ海において中国海軍所属の「温州」(526) が、海上自衛隊第6護衛隊隊所属の「」搭載の哨戒ヘリコプター「」に向けて火器管制レーダーを照射した疑いがあることも発表された。 日韓の主張 2018年12月21日には 哨戒機が火器管制レーダーの照射を受けたことを発表した。 韓国の人たちは、もう北朝鮮と戦争はないと思っているのですよね。 日本は6回通信を試みているが、最初の2回はkorean naval shipと呼びかけているので、公開された音声は3回目以降のものということになる。 つまり、今から攻撃しますよという合図なんです! 日本政府がレーダー照射があったと言っている一方、韓国政府はレーダー照射を否定。 その上で、日韓・日米韓の防衛協力は、北朝鮮の核・ミサイル問題を始め、東アジア地域における安定的な安全保障環境を維持するために極めて重要であり、不可欠であるとの認識に変わりはありません。

Next