縁壱 強すぎ。 【鬼滅の刃考察】黒死牟が最強にヤバすぎたw【能力技・月の呼吸】【戦闘力・正体まとめ】【継国厳勝】【こくしぼう】

継国縁壱 (つぎくによりいち)とは【ピクシブ百科事典】

「じゃあ俺が一緒にうちへ帰ろう」 こうして幼い二人は身を寄せ合うようにして暮らし始めた。 継国縁壱の名言一覧まとめ 最後は「継国縁壱の名言集・名シーン」の考察で終わりたいと思います。 手首の柔軟性が重要な剣術に於いて常時力んでいる事はあり得ないので要所要所で握りを強くして一度の戦闘で何度も発動を繰り返していたと思われる。 縁壱の強さは全盛期の頃と変わらず兄 黒死牟 を追い詰めます。 もっと言えばストーリー序盤からずっと登場してる「謎の剣士」は全部継国縁壱のこと。 これまでの月の呼吸と違って、上空から斬撃を矢や隕石のように大量に降らせる技。

Next

【鬼滅の刃】縁壱(よりいち)の悲し過ぎる生涯!最後は報われた?継国縁壱が残した功績とは?

そういう事なのではないでしょうか。 の先祖だけでなく煉獄父もその無惨と対峙した際の縁壱の話を読み聞いたその後あまりの才能の差に自信を喪失(の話に出てきた、痣が発現せず思い悩んでいた一人が煉獄家の先祖だと思われる)• 誰かに話しを聞いてもらいたかった縁壱は、思い浮かんだのが炭治郎の祖先だったのです。 の開祖となった はじまりの呼吸の剣士たちの一員であり、兄の巌勝は後のの 上弦の壱を任される最強の剣鬼となるの使い手。 煉獄? 煉獄に似た剣士。 鬼特有の無敵に近い耐久力と再生力に、人間の洗練された技の極地が加わる。 (鬼滅の刃175話 吾峠呼世晴/集英社) 他にも「 私たちは長い長い人の歴史のほんの一欠片。

Next

【鬼滅の刃 考察】縁壱という男を考察していたら、色々な事に気付いた話【きめつのやいば ネタバレ】

悩みや苦しみを共有できる者は少なく、平凡な兄との距離が深まっただけ。 その頃から既に縁壱は『透き通る世界』が見えていた。 「愈史郎には治癒能力があるので助ければ炭治郎も手当てしてくれる」 という話の流れで、崩壊した城の瓦礫に下敷きとなった愈史郎を先に助けに行きます。 縁壱 始まりの呼吸の剣士である縁壱 よりいち。 縁壱はその後、駆けつけた仲間から兄が鬼になった事を聞かされます。

Next

【鬼滅の刃 174話感想】縁壱爺さんがくっそカッコイイ!!やっぱ強いジジイは良いよな!

707571365 あの最終決戦で無傷でいられる方が難しいだろうしな... 縁壱くん、強すぎ。 縁壱は兄に対して 「いただいたこの笛を兄上だと思い、どれだけ離れていても挫けず日々精進いたします。 鬼となった巌勝は不老のため若い姿のままだったが、縁壱は齢80を過ぎていた。 。 そもそも現在の隊士が使用している「呼吸法」とは彼の技術の模倣および応用• この初めての出会いから10年後に二人は夫婦となり、うたのお腹の中には子供がいた。

Next

冷静に考えると縁壱ってちょっと強すぎでは

この時に完成した十三の型が、日の呼吸の十二の型を連続して繰り出すことでした。 すやこに乞われ、竈門一家に日の呼吸の型を披露する。 そこで兄・厳勝は鬼に成り下がってでもいいから、弟・継国縁壱に勝とうとした。 母の病死後、すぐに家を出て美しい空の下を走った• 両者が結ばれて間もなく、うたは子どもを授かった。 上弦の2や上弦の3とは圧倒的な実力差があり、同じ上弦の鬼であっても黒死牟の気配や動きすらまともに捉えられない。 縁壱に他人と自分 縁壱 の世界の視え方が違う事を教えた存在。 いわば、 現在の鬼殺隊の礎の全てを築き上げた中興の祖である。

Next

継国兄弟 (つぎくにきょうだい)とは【ピクシブ百科事典】

。 鬼狩りの剣士となっていた縁壱 それから時が経ち、縁壱は鬼狩りの剣士となっていた。 骨の向きや筋肉の収縮、血の流れをよく見ればいい。 」と言ったが、 縁壱は 返答をしなかったため 炭吉は遠ざかる縁壱に対して 「縁壱さん!後に繋ぎます!貴方に守られた命で…俺たちが! 貴方は価値のない人なんかじゃない!何も為せなかったなんて思わないでください!そんなこと絶対誰にも言わせない! 俺がこの耳飾りも、日の呼吸も、後世に伝える!約束します!」 それを聞いた 縁壱は 「ありがとう。 そこに鬼狩りの剣士が現れ、鬼を倒す組織の存在を教えられ縁壱も鬼狩りの道を進むことに決めた。

Next